南森(なんもり)周辺での食べ歩き日記


by ririta8500g
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

クッカーニャ

本日の南森ぱとろ~るは、激戦区・靭公園あたりに移転後、初めて訪問しました新生「クッカーニャ」です。

ナニワ筋をずっと南下、靭公園の手前に移転した「ラ・クッカーニャ」改め「クッカーニャ」です。
まずは、白ワインのデキャンタで舌を潤わせます。

1)盛り合わせ
f0165303_06462.jpg
旧ラ・クッカーニャの時の様に小皿で出てくるのではなく、盛りになったのかな。カリフラワーのパン粉焼きはほこほこで美味しい、チーマ・ディ・ラーパはガーリックしっかり、パプリカのカポナータはツナ入りで単純ながらも野菜の旨味があります。

2)ホタルイカのソットオーリオ
f0165303_071730.jpg
ホタルイカの味、そのものが濃厚です。甘~いトマトと、下には仄かな酸味のドレッシングが効いたフィノッキオのサラダ。シャキシャキ感がよかった。

3)焼きリコッタチーズ
f0165303_07572.jpg
厚揚げくらい、しっかりと固まったリコッタチーズ、その分濃厚な味わいです。オレンジ?を煮詰めたソースがいい感じです。好みから言うと、若干焼き色強いかな。ビジュアルも三脚巴!(笑)。

4)タラの芽白エビのフリット
f0165303_081981.jpg
ちょっと大き目の白エビ。揚げた海老って何でこんなに香ばし旨いのか。甲殻類万歳!タラの芽の食感もよし。サクサク、サクサクあっという間に食べてしまいました。

5)カベルネ・ソーヴィニョン2008:タスカ・ダルメリータ
f0165303_083599.jpg
ここから肉料理ということで、赤ワインにチェンジ。タスカ・ダルメリータの最近のスタイルな樽ぶんぶん濃縮系です。すでに円やかで十分に飲める状況になっています。

6)ネギの豚肉巻き
f0165303_085470.jpg
豚の旨味とネギの甘味が醍醐味。ん、シチリア料理?でも、美味しいからいいです。

7)鰯のフジッリ
f0165303_091786.jpg
こちらは鰯のフジッリということで思いっ切りシチリア~ンです。美味しくて文句はないんだけど、ある意味整いすぎというか洗練されすぎでもうちょっと鰯の臭み(言い方悪いけど)を出してもシチリアっぽくて良かった気がします。

8)豚のアクアパッツァ風(と勝手に命名)
f0165303_0942100.jpg
豚肉にしっかり焼き目をつけてちょっとアクアパッツァ風に煮込んだもの。脂の多い部位とも思えないのに、とてもジューシーで旨味がありました。ソースも肉の旨味が良く出ていてGOOD!

9)トンノ(鮪)の野菜スープ系なタリアテッレ
f0165303_010445.jpg
トマト風味で纏められた香味野菜にシチリアといえばこのお魚、「鮪」のちょっとミネストローネ風なパスタとなっています。

10)ピスタッチオのケーキ
f0165303_0102621.jpg
りりた♀は締めはこっち。ピスタッチオ風味もまたシチリア風。エスプレッソとの相性もとても良いです。

11)ベン・リエのグラッパ
f0165303_0104877.jpg
りりた♂の締めはこっち。グラッパなのに思いっ切りベン・リエの風味。甘くて柔らかくてフルーティで・・・。こちらにあること教えたくないくらい、美味しいグラッパです。(お代わりしてしまった!)
f0165303_0111515.jpg


お店が広くなった影響か、はたまたスタッフを一新した影響か。若干オペレーション部分に向上の余地は残されていますが、ラ・クッカーニャ時代にはフライパンを振るうことが少なくなっていた今木シェフが、ぶんぶんフライパンを振り回す、そんな「クッカーニャ」となって生まれ変わりました。
メニューをみて注文するのもいいですが、その日の気分を告げてお任せすると、リーズナブルでシチリア~ンな満足メニューを組んでくれると思います。


■クッカーニャ
■大阪市西区京町堀2-3-4 サンヤマトビル 2F
■06-6448-3336
■17:00~24:00 月曜休日

■りりたLINK
main page(旅行記他)
wine page(飲んだワインの記録)
nanmori page(本ブログ)
nagonyan page(名古屋在住時)
hiroshima page(広島在住時)


[PR]
by ririta8500g | 2014-04-14 00:12 | ごはんの時間~伊