南森(なんもり)周辺での食べ歩き日記


by ririta8500g
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

だるま本店

本日の南森ぱとろ~るは、羊を食べる理由がわかりました「だるま本店」です。

サッポロでの最後の夜、もちろんジンギスカンに挑戦です。日曜の夜、ちょっと食事時を外してみようということで、21時過ぎ位に訪問、でも甘かった。寒い夜、雪がしんしんと降っているにも関わらず30分待ちとなりました。(でも、そのうち半分はヒーティングベンチの上、助かりました)

1)おしんこ(お通し)

f0165303_00015106.jpg
お通しの白菜の浅漬けです。普通の塩もみではなくキムチの出汁に漬けていたように下味がついています。美味しいです。ジンギスカンメニューは成吉思汗(735円)の1種類しかないので、注文せずとも勝手に出てきます。


2)成吉思汗(735円)

f0165303_00021764.jpg
f0165303_00023408.jpg
部位がいろいろ入っています。あまりお肉の色合いがきれいでなかったため、こんなものだろうなと思い焼き始めました。が、食べてみるとびっくり!お肉の味わいがすごくしっかりしてて、少し硬めの食感もとても味わいとマッチしていました。羊の「クセ」がとても良い方に作用してて、これぞジンギスカン!な味わいでした。

3)野菜(無料)

f0165303_00022537.jpg
肉が供されるよりも先に鍋の天辺に脂、そして野菜がバラバラと並べられます。野菜といっても玉ねぎ、玉ねぎ、玉ねぎ、白ネギ、って感じです。やたらと玉ねぎが辛かったけど、マトンとの相性は悪くないです。因みに野菜のおかわりは210円となります。

4)キムチ(315円と写真ないですけどライス小:155円)

f0165303_00024203.jpg
キムチはスタンダードなもので、きちんとちゃんと漬けているようなキムチです。ご飯にとても合っていました、そしてご飯そのものも大変美味しくて、お口直しのつもりがキムチでぱくぱく食べてしまい、お代わりしてしまいました。大変美味しいので、初めから「普通サイズ」以上を推奨です。

5)お茶漬け

f0165303_00024940.jpg
そして最後を締めるのはお茶漬けです。メニューにはありませんが、ライス椀を差出し「お茶をください」と頼むとしゅんしゅん沸かしてある大きな茶瓶から番茶を淹れてくれます。それに残ったタレをかけると完成です。
タレの旨味と番茶のさっぱりとした感じが口の中の油分をタンニンで流してくれる感じが、お肉の〆にちょうど良いです。
f0165303_00085810.jpg

店内にぎゅうぎゅう詰め、お店の方の動きがせわしすぎ(近いからそう思う?)、そして一番は鍋の火力が強すぎてあっという間にお肉が焼けてしまうため、気持ち急かされているように食べてしまった、というのが印象でそこはちょっと残念でした。でも、多分これがお店の特徴であり、それが嫌なら多少ゆっくり出来るであろう支店に行けばいいだけですもんね。

一人2千円ちょっとのコスパの良さと、何よりも「羊肉を食べる理由」を体が覚える体験ができ、本当に良かったです。※カメラにお肉の匂いが付かないか、本気で心配しました(笑)。


■だるま 本店
■札幌市中央区南五条西4 クリスタルビル 1F
■011-552-6013
■17:00~03:00 (L.O.02:30)無休




■りりたLINK
main page(旅行記他)
wine page(飲んだワインの記録)
nanmori page(本ブログ)
nagonyan page(名古屋在住時)
hiroshima page(広島在住時)


[PR]
by ririta8500g | 2014-04-02 00:11 | ごはんの時間~和