南森(なんもり)周辺での食べ歩き日記


by ririta8500g
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

双龍居(再訪)

本日の南森ぱとろ~るは、「ごはんの時間」第百四十六弾!予約必須の天満の中国食府「双龍居」です。

前回訪問時の
>「麻婆豆腐」「牛肉の四川風煮込み」、
>この二品ループから脱却するには、大人数で訪れるしかないのか・・・
>I 'LL BE BACK SOON !
のリベンジ編となります。今回は8名で訪れ、念願の「それ以外」メニューをたっぷり食してきました。

1)ピータン
f0165303_23522084.jpg

2)玉子焼き
f0165303_23525328.jpg
ほかほか、旨みしっかりです。以上、定番でした。

3)豆苗の大蒜炒め
f0165303_23532767.jpg
すごい大蒜感。明日、大丈夫かね~とか言いながらぱくぱく、旨んまい。

4)水餃子
f0165303_23534897.jpg
ぷりぷりだけど、しいて言えば普通。水餃子はやっぱりココがイチバン。

5)豚ミンチ餃子
6)エビ餃子

f0165303_23541754.jpg

肉むっちり、ニラたっぷりボリューミー餃子。

7)四川風牛肉煮(ノーマルバージョン)
f0165303_23553878.jpg

8)四川風牛肉煮(激辛バージョン)
f0165303_235661.jpg
色からして違う激辛バージョン。でもしっかり「旨味」があるので激辛でもダイジョーブ!大絶賛でした!
f0165303_2358381.jpg
玉子麺入りです。

9)麻婆豆腐(ノーマルバージョン)
f0165303_23592944.jpg

10)麻婆豆腐(激辛バージョン)
f0165303_23592944.jpg

やっぱり色が違うかな。写真ではノーマルの方が辛そうかな。
激辛バージョンは辛いというよりスパイシーさが倍増って感じですこしキツい。こちらはノーマルバージョンがオススメ。
11)烏賊とセロリの広東風炒め
f0165303_03137.jpg
烏賊ぷりぷりなのは当然、セロリの食感よし。

12)揚げパン
f0165303_034251.jpg
一旦蒸して揚げるので時間が掛かります。外パリ、中ふわの絶品。大絶賛!、その二でした。練乳で戴きます。

13)ココナッツ団子
f0165303_041315.jpg
食べること、叶わなかった。甘党スペシャリストにも絶賛の出来。

14)せせりと白葱の強火炒め
f0165303_044262.jpg
四川産の赤鶏のせせり。しっかりとした食感のせせり(首周り)で、絶妙の味加減。

15)ズワイ蟹レタス炒飯
f0165303_051646.jpg
双龍居のスペシャリテの一つ。ご飯粒パラパラで自分の中では、陳(健一)さんの赤坂飯店に次ぐ極上チャーハンです。

いやいや、大満足。コレだけ食べてお腹一杯、散々飲んで一人3,000円。素晴らしいコスパ。やっぱり、I 'LL BE BACK SOON !です。

■中国食府 双龍居
■大阪市北区池田町10-11辰巳ビル1F
■06-6358-8808
■休日:第一・第三月曜日(昼休みあり)

main page(旅行記他)
wine page(飲んだワインの記録)
nanmori page(本ブログ)
[PR]
by ririta8500g | 2010-12-29 23:11 | ごはんの時間~華