南森(なんもり)周辺での食べ歩き日記


by ririta8500g
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

京の大屋台村@みやこめっせ

今回の南森ぱとろ~るは「ごはんの時間」第八十二弾、「京の大屋台村@みやこめっせ」です。

京都でおなじみの名店「京料理・イタリアン・中華・フレンチ」が集結。
屋台を出して各店自慢の味を特別メニューで出品します。料理は全て一皿500円。一日限りの夢の屋台村を満喫してください。・・・・の謳い文句につられてホイホイやって来ました。

開催時間の30分前に到着、んが!、すでに巨大なエントランスを埋め尽くす人・人・人。入場制限があった為、私たちが入場できたのは約1時間後でした。入ってしまえばそれ程でもなく、約1時間余りの滞在時間で8皿、しっかり堪能してきました。

猪のサルシッチャ トスカーナ風(伊:カーサ・ビアンカ)
f0165303_19124063.jpg
脂身が少なくシッカリとワイルドな味わいのサルシッチャでした。

フォアグラとシャンピニョンのオムレツ トランペット茸のソース(仏:ル・ヴェソン・ヴェール)
f0165303_19125943.jpg
目の前で一つずつ丁寧に焼いてくれます。おいしい~♪ふわふわの卵、濃厚なソース、いずれも絶品です。

海老芋あられ粉揚げ 菊花あんかけ(和:菊乃井)
f0165303_19131643.jpg
揚げたての香ばしい海老芋、具たっぷりのあんかけ、食べ応えのある一品ですが、そこにゆずの香りが効いていてさっぱりといただけます。
海老芋のむちっ、衣のカリっ、あんかけの小海老のぷりっ、といったいろんな食感も楽しめて、これが今日の一番!

牛ホホ肉と野菜のポッリート サルサ・ヴェルデ(伊:ストラーダ)
f0165303_19134463.jpg
列が短かったのでふらっと並んでみたら、これが大当たり。よく煮込まれた肉や野菜も美味しかったですが、酸味の効いたサルサ・ヴェルデが特に良かったです。

奥出雲牛の赤ワイン煮込み 冬瓜添え(仏:ビストロ・スポンタネ)
f0165303_1914230.jpg
奥出雲に以前行った事がある、というだけで並んでみました。定番ですが、やはりおいしい。

鯛の潮汁(和:木乃婦)
f0165303_19141949.jpg
甘めのだしが引いてあったのがちょっと意外でしたが、美味しかったです。でっかい大根がええ感じやわぁ~。

鯛の笹巻き(和:木乃婦)
f0165303_19145259.jpg
軽く昆布〆した(?)鯛のにぎりに笹の香が移って、とてもおいしい。さっさと売り切れてしまうほどの人気でした。

焼き飯パフェ(和:祇園さ々木)
f0165303_1915759.jpg
上半分は、帆立揚、豚揚、薩摩芋揚、お新香、蒸し海老、トマト、胡瓜、レタス、ダシ巻き、下部はひじき入りの焼き飯。
焼き飯にひじきをいれると美味しいですね。

出店は他に、修伯/美山荘/イル・ギオットーネ/タントタント/一之船入/台北城/マダム紅蘭/祇園ブルジョン/ホテル・グランヴィア京都/ホテル日航プリンセス京都/ボルドー/マール・ブランシュ/マルシェ・ジャポン・プロジェクト/酒処 前川田でした。


■日時/2009年10月4日(日)11:00~16:00(売り切れ次第終了) 
■場所/京都市勧業館みやこめっせ 1F 
■料金/入場料無料、各店1メニュー500円(各店2品~5品)


main page(旅行記他)
wine page(飲んだワインの記録)
nanmor page(本ブログ)
[PR]
by ririta8500g | 2009-10-04 19:19 | ごはんの時間~他