南森(なんもり)周辺での食べ歩き日記


by ririta8500g
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

ル・ヌー・パピヨン

今回の南森ぱとろ~る「ごはんの時間」第五十六弾、オフィス街にパリが出現!ビストロ「ル・ヌー・パピヨン」です。
今回は休日ランチ(2,100円:平日は1,575円)にチャレンジです。

・ミネストローネスープ
f0165303_0574649.jpg

・豚すね肉のゼリー寄せテリーヌ
f0165303_0581324.jpg

アイユ&ハーブのゼリーがとてもいい感じ。テリーヌは荒みじんに刻んだ豚の食感がGood。ころころ入っている野菜との相性もばっちりです。夏の暑い日などに、きりっと冷えた白ワインと共にいただきたい一品です。

・テリーヌ・ド・カンパーニュ カルバドス風味のチャツネ添え
f0165303_0583455.jpg

荒挽き肉に胡椒をきかせた肉塊テリーヌ。赤ワインのお供にいい感じです。

・鴨モモ肉のコンフィ
f0165303_059740.jpg

コンフィは、ぱりっとした皮とぎゅっと旨みの凝縮された身。つけあわせのレンズ豆は、ほどよく食感を残した絶妙のゆで加減。

・子羊とカブのトマト煮込み クスクス添え
f0165303_0592428.jpg

ほどよくラムの臭みも残しつつ、とてもマイルドかつスパイシーに仕上げてありました。ほろほろ崩れるラムの食感もよい。

・アーモンドのケーキ、黒糖のアイス添え
f0165303_0594710.jpg

アーモンドプードルたっぷりのずっしりケーキ。こういう素朴ケーキは大好きです。

・バケット、食後にエスプレッソ又は紅茶

全ての料理、ポーションがハンパじゃありません。また、塩加減も強め。本場を意識した料理を供しているとのことです。
店内も、まさにパリのビストロを思わせるような造りと小道具でいっぱい。パリにいる気分をも味わってもらおうという意図が感じられて好感がもてました。
特に面白かったのは、お手洗い。廊下の奥にドアが二つあって、それぞれ"femme"、"homme"と書いたメモが貼ってあるだけ。
一瞬、迷いました(^^;おちゃめなお店です。
店員さんも感じが良く、楽しいひと時を過ごすことができました。

■Le Noeud papillon  ~ル・ヌー・パピヨン~
■大阪市中央区安土町1丁目5-7 イーフィットビル1F
■06-6262-0123
■11:30~14:00(LO) 18:00~22:00(LO) 月曜定休

main page(旅行記他)
wine page(飲んだワインの記録)
nanmori page(本ブログ)
[PR]
by ririta8500g | 2009-04-13 01:07 | ごはんの時間~仏