南森(なんもり)周辺での食べ歩き日記


by ririta8500g
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

ワッシーズ・ダイニング・スープル(再訪)

南森ぱとろ~る「ごはんの時間」第四十八弾!
今回は大阪は夕陽ヶ丘の、ダイニング・ワインバー「スープル」(再訪)です。

チェザネーゼをたっぷり浴びよう会で頂いた食事です。
それぞれワインにあわせた料理が用意され、とても参考になりました。

・魚介と二色のアスパラのマリネ マイヤーレモン風味で
f0165303_23285184.jpg

あっさりとやさしい味わいで、泡ものや白によく合います。

・季節の大根の一皿
大根のスープ、わかさぎのフリット&大根のコンフィ、大根のベーコン巻き
f0165303_23291189.jpg

泡ものが”干し椎茸”の風味を感じさせるものだったので、お店のかたは「椎茸を使ったものだとよかった」とおっしゃてましたが、十分よくあうと思います。
大根は水っぽいためワインとあわせにくい先入観があったのですが、こうしてこってりした素材や油を使った調理方法でこくを出すとワインにも合わせやすいですね。

・パンチェッタとジェノベーゼの自家製釜焼きピザ
f0165303_23292987.jpg

白でも赤でもなんでも合いそうな一品。
バジルの風味がいい感じに出ています。

・茶美豚のど肉のラグーと北あかりのニョッキ
f0165303_23294839.jpg

これはもう赤にあわせて!の王道ですね。
のど肉がふわぷりっ、ニョッキがもちっ、そぼろ状のラグーがしっかり、といういろんな食感が楽しめました。
いちおう”パスタ”の位置づけではありますが、十分メインとしていける一皿だと思います。

・高知産はちきん地鶏もも肉の赤ワイン煮込み 丹波人参のピューレ添え
f0165303_2330760.jpg

骨付きのもも肉ですが、肉離れが良くて食べやすいので、ぶきっちょでも大丈夫。
添えてある焼きトマトはお口直しにさっぱりといい感じです。
お店のかた曰く「甘い人参のピューレは、甘い香りのする赤ワインにぴったりですよ」とのこと。
このメニューいいなぁ。ちょっと家で真似してつくってみたいな。

・チェザネーレ・ダフィーレのためのチーズ達
f0165303_23305572.jpg

チェザネーレ・ダフィーレというぶどう品種が今回の会のテーマだったのですが、
なんとそのワインの澱を利用しての、自家製ウォッシュチーズが出されました。さすが!

・バニラアイスクリーム

それにしても、ひとり7種類のワインにグラスが11脚(ウオーターグラス含む)。8人で88脚。グラスの数も壮観でした。


■ワッシーズ・ダイニング・スープル
■大阪市天王寺区六万体町5-13Wビル3F
■06-6774-9000
■Dinner|17:30~23:00 (lo.22:30)
 BAR |23:00~26:00 (lo.25:00)
 定休日|毎週火曜日


main page(旅行記他)
wine page(飲んだワインの記録)
nanmori page(本ブログ)
[PR]
by ririta8500g | 2009-03-09 23:32 | ごはんの時間~他