南森(なんもり)周辺での食べ歩き日記


by ririta8500g
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

ラペティ・ロアラブッシュ

南森ぱとろ~る「ごはんの時間」第三十七弾!
今回は北浜の、野菜にこだわる素材重視フレンチ「ラペティ・ロアラブッシュ」です。

ランチBコース(5,775円税込み)を頂きました。

お口はじめ:本日のシェフからの小さな一品
雲丹と海老芋のムース。海水風味のジュレとともに。
f0165303_16484787.jpg

見た目はフレンチですが、食べてみるとまるっきり和風。各層の味がよく合っておいしい。

小さな前菜
鰤の炙り 聖護院かぶらのヴルーテ添え
ブリのくさみが抑えられ、上品で繊細な味でした。

前菜
沼津産手長海老の軽いロティ 3色(蕪・ブロッコリー・トマト)のピューレで。
f0165303_16491469.jpg

手長海老の火入れが非常に良かったです。ソースも奇をてらっていませんが、食べていてすごく楽しいものでした。

さつまいものスープ
じゃがいものスープはよく見ますが、さつまいもは初めて。ほんのり甘くて美味でした。いろいろ和の素材(野菜系)を取り入れており、好感が持てます。

お魚料理
金目鯛、白子、はまぐりのブイヤベース
f0165303_16493967.jpg

東洋系のスパイスがかなり効いていたので、好き嫌いが分かれるかもしれません。

お肉料理(和牛/イベリコ豚/シャラン鴨/蝦夷鹿からの選択)
・フランス産 ビュルゴ家のシャラン鴨のロース、柚子の香り(+500円)
f0165303_1650048.jpg

程よい焼きでとても美味でした。柚子の香りとのマッチングが非常によく、シェフのセンスが光った一品。

・蝦夷鹿のロティ、野葡萄のソース
野趣は押さえ気味でしたが、確りした肉質と濃厚なソースが相まって赤ワインとのマリアージュはばっちり!でした。つけあわせはいずれも同じ。人参、ごぼう、ほうれんそう、カリフラワーのソテー、さつまいものマッシュ

デザート
・金柑のコンポート。バニラアイス添え
・フォンダン・ショコラ。バニラアイス添え
金柑はおいしかった。フォンダン・ショコラは失敗。
まわりのスフレはおいしいのですが、中のチョコが・・・。さらにボリュームがあるので食べきれませんでした。

食後のお飲み物
コーヒー・エスプレッソ・紅茶・カモミールティの中から選べます。

シャンパーニュ:シャルル・プジョワーズNV(9800円)
赤ワイン:レ・フォール・ド・ラトゥール2000(持ち込み)


■ラペティ・ロアラブッシュ
■大阪市中央区今橋2-1-10 ダイセンビル1F
■06-6208-1808
■11:30~14:00
 11:30~14:30(土・日・祝)
 17:30~20:30
 何れもラストオーダー
 定休日:月曜日

main page(旅行記他)
wine page(飲んだワインの記録)
nanmori page(本ブログ)
[PR]
by ririta8500g | 2008-12-28 16:54 | ごはんの時間~仏