南森(なんもり)周辺での食べ歩き日記


by ririta8500g
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

<   2015年 05月 ( 12 )   > この月の画像一覧

辛・カレー屋SUN

本日の南森ぱとろ~るは、真辛キーマがオススメ「辛・カレー屋SUN」です。

ビルの中、奥まったところにお店があり、若いお兄さんが一人で切り盛りされています。
まずは主力メニューということで、辛旨ビーフカレーを注文。
f0165303_12365094.jpg
最初にピクルスが出てきました。この日は、人参ともやし。酸っぱ甘な味わいで胃を活性化、カレー臨戦態勢に持って行ってくれます。

辛旨ビーフカレー
f0165303_12355615.jpg
一口目はフルーティな甘さがどーん、その後にじわじわと辛さが増してきます。流行りの「甘い、辛い」なのですが、りりた的にあまり好みではありません。しかし、他の要素、お肉のうまみとかコクがしっかりあり、ビーフそのものもいい感じで煮込まれているので、あまり気にならなかったです。お肉がとても美味しいので、肉増量のWビーフにすれば良かったかな。


真辛キーマ
f0165303_12361784.jpg
数量限定のキーマカレー。こちらはフルーティさは控えめで、甘味は野菜のほんのりとしたものになっており、お肉の旨味とコク、そして唐辛子系の辛みが前面に出ています。ひき肉はしっかりとした食感でルーにちょっとワイルドな肉の旨味を付加しており、とても美味しい。好みです。

f0165303_1236331.jpg
またキーマカレーを食べたいので訪問のタイミングを狙っていたのですが、表の看板に5月末で閉店のお知らせ。
発展的閉店なら良いのですが・・・。


■辛・カレー屋SUN
■大阪市北区紅梅町2-6 昭和ビル 102
■06-6926-4113
■11:30~15:30 17:00~21:00 日曜定休



■りりたLINK
main page(旅行記他)
wine page(飲んだワインの記録)
nanmori page(本ブログ)
nagonyan page(名古屋在住時)
hiroshima page(広島在住時)


[PR]
by ririta8500g | 2015-05-30 12:37 | ごはんの時間~伽
本日の南森ぱとろ~るは、落ち着いてからが本領発揮、かな?「ゴントラン シェリエ JR名古屋髙島屋店」です。

朝からど~っと並んでいたので、帰りに列が少なかったら並んでみようかな、と思ってました。
金曜日の17時丁度、列は相変わらず長かったけど・・・食べたい誘惑に負けました。購入できたのは丁度30分後でした。

1)クロワッサン(180円)
f0165303_23481312.jpg
f0165303_23482182.jpg
見ての通り、層がとても沢山重なっててビジュアル的にとても美しい一品。
ただ、外側はきれいな層になってましたが中はそうでもありませんでした。成形してから焼くまでが長くて生地がダレた?
バター仕様の形(三日月ではない)ですが、香りも味も代用バターかマーガリンのような印象を受けました。見た目が美しいだけに、ちょっと残念でした。

2)パン・オ・ショコラ(240円)
f0165303_23483654.jpg
クロワッサン生地は1)と同様。見た目は美しいですが、中は。。。
でも、チョコレートそのものとデニッシュとのバランスは良かったですし、価格なりというところでしょうか。

3)クイニーアマン(240円)
f0165303_23485020.jpg
パン生地はしっかり中が詰まった系のクイニーアマンです。キャラメリゼ部分、りりた的にはカリッとしたのが好きですが、ここのはハケで塗ったタイプですね。

4)フルーツ・カンパーニュ(490円)
f0165303_2349479.jpg

f0165303_23491337.jpg
イチジク、クランベリー、サルタナ・レーズン、レーズン、クルミが沢山、沢山入っていました。それだけならよくあるフルーツカンパーニュですが、このお店のは酸味が強め。それがとても良い感じで効いています。お勧め且つ、今回のイチバン!

5)バケット・トラディショナル(300円)
f0165303_23494813.jpg

f0165303_23495853.jpg
クラムはガリッとしててクラストはしっとり、と食感はまずまず。バケットの標準レシピより砂糖が多分に使用されているような見た目と味に思えました。そのせいか、フランスパンらしい風味が少し欠けているような・・・そういう意味では価格なり。

「手間ヒマかけて妥協の無いもの造る」というよりも、なるべく価格を抑えて気軽に提供していきたいという印象を受けました。
ただ、30分並んで買う現状はどうかな、と思いした。


■ゴントラン シェリエ JR名古屋髙島屋店
■名古屋市中村区名駅1-1-4 ジェイアール名古屋タカシマヤ1F 北ブロック・デリシャスコート
■052-566-3980
■午前7時30分~午後9時 定休日無し



■りりたLINK
main page(旅行記他)
wine page(飲んだワインの記録)
nanmori page(本ブログ)
nagonyan page(名古屋在住時)
hiroshima page(広島在住時)


[PR]
by ririta8500g | 2015-05-26 23:50 | ごはんの時間~他

まつもとの來來憲

本日の南森ぱとろ~るは、大変心地よい噛みごたえ、大トンテキの「まつもとの來來憲」です。

平日の19時、待ち時間はゼロでしたがほぼ満席です。
f0165303_1037211.jpg
普通の中華屋さんっぽく麺類から餃子まで色々なメニューがありますが、狙いはひとつ四日市名物「トンテキ」です。

大トンテキ定食(1,725円)
f0165303_10365878.jpg

まずは、ご飯、トン汁、漬物の定食3点セットが到着です。これらは、キャベツと共にお代わり自由です。
トン汁は、熱々の状態で供されかなりオイリーで味わいは強めです。毎日はキツいけど、たまにはこういうのもいいですね。
f0165303_10373711.jpg
ということで、メインプレート登場!お皿にのっているお肉のボリュームは、想像していたよりは小さく感じました。でもお肉の端をつまんでリフトしてみると、厚み・太さ十分のしっかりと根元で繋がった重みのあるグローブがどーんと持ち上がり、結構な迫力がありました。
f0165303_10375359.jpg
肉は、火はしっかり通っているのだけど柔らかくかつ弾力のある食感で、大変心地よい噛みごたえとなっています。
お皿にたっぷり敷かれているソースに漬けなくても、味わいは十分に染みていますが、赤身で分厚いため見た目よりもあっさりした味わいです。
(あくまで、見た目よりは・・・です)
因みに、こちらのトンテキは250gの「大トンテキ」しかありません(^^;が、400g位はいけそうな気がします。
f0165303_1038778.jpg
キャベツはたっぷり添えられており、体に悪そうな(笑)黒々としたラード?たっぷりソースに浸して、ご飯と共に頂くと大変美味しいです。キャベツお代わり、というとバケツの様に大きな入れ物から「ぐわしっ」と追加してくれます。

基本B級グルメということで定食1,725円は随分高めに感じますが、肉質とボリューム、肉以外のお代わり自由を考えるとまずまず納得できる価格だと思います。


■まつもとの來來憲
■三重県四日市市松本2-7-24
■0593-53-0748
■11:00~14:00(L.O.13:50)、17:00~20:00(L.O.19:50)月火定休



■りりたLINK
main page(旅行記他)
wine page(飲んだワインの記録)
nanmori page(本ブログ)
nagonyan page(名古屋在住時)
hiroshima page(広島在住時)


[PR]
by ririta8500g | 2015-05-24 20:36 | ごはんの時間~和

パッパトリア

本日の南森ぱとろ~るは、オフィス街で気軽に日曜イタリアン!「パッパトリア」です。

日曜日のランチメニューはパスタランチ2種類(880円)とメインランチ(980円)が1種類ありました。
共通の前菜盛合わせに、パスタかメイン、そしてプチ・パンナコッタが付いています。
f0165303_21331590.jpg


日祝限定・前菜盛合せ
f0165303_2132964.jpg
ランチメニューに共通の前菜盛合せはサラダに生ハム、烏賊の煮ものにミネストローネ。野菜たっぷりでサラダの中にはブロッコリーのフリットも美味しかったです。

鶏もも肉の炭火焼
f0165303_21322521.jpg
メインランチの一品。鶏もも肉はぷりぷりでボリュームも十分。ただ・・・それなりに炭化してて、もう少し手前で止めて欲しかったですね。玉ねぎはジューシーで甘くて美味しかったです。
f0165303_2132416.jpg
同僚が頼んだのは、パスタランチのうちの一つ「魚介のプッタネスカ」(もう一つは自家製ベーコンときのこのクリームソース)。プッタネスカは塩気と辛みを効かせたナポリパスタで、日本訳では「娼婦風」。プリプリそうな魚介がいっぱい入っています。深みのあるお皿なのでボリュームも結構あるため、男性でも満足出来そうです。
f0165303_21325943.jpg
+100円でドリンクが頼めるのもありがたいですね。
本町はオフィス街だけに日曜日も開けているお店は少ないので、手軽で使い勝手は良さそうです。


■パッパトリア(Pappa Toria)
■大阪市中央区南本町2-4-16 デビスビル1F
■050-5872-5735(予約)
■ランチ:11時~17時、カフェ:15時~17時 ※カフェタイムは喫煙OK
 ディナー:17時~23時 無休




■りりたLINK
main page(旅行記他)
wine page(飲んだワインの記録)
nanmori page(本ブログ)
nagonyan page(名古屋在住時)
hiroshima page(広島在住時)


[PR]
by ririta8500g | 2015-05-22 21:29 | ごはんの時間~伊
本日の南森ぱとろ~るは、手軽に生麩スイーツを楽しめる「不室屋カフェ 百番街店」です。

富山行きの際、サンダーバードから北陸新幹線「つるぎ」に乗り換えの際、途中下車してみました。
駅の改札からすぐのところに、お土産屋さんや食事処が立ち並ぶ百番街があります。
f0165303_22305736.jpg
お店自体は10時から開店しているのですが、ランチメニューは11時30分から。よって、加賀麩をたっぷり味わうランチは断念せざるをえませんでした。

甘味三種とお茶(1,296円)
f0165303_22311769.jpg

わらび餅、麩入りあんみつ、生麩まんじゅう、加賀棒茶がセットになっています。わらび餅とあんみつは黒蜜をかけて頂きました。
f0165303_22313118.jpg
わらび餅も美味でしたが、やはりもちっとしたなんとも良い食感の生麩(あんみつもまんじゅうも!)が美味しかったです。棒茶はほっこりとした強すぎない焙煎香が心地よかったです。コスパの良いセットでした。
f0165303_22314828.jpg
今回は時間が合いませんでしたがいつか、色々な麩料理、金沢名物の治部煮、こちら名物「ふやき五色汁」(←百貨店に売ってるけど)がセットになったお弁当を、趣のあるカウンターで食べてみたいです。
f0165303_2232370.jpg


■不室屋カフェ 百番街店
■金沢市木ノ新保町1-1 金沢百番街くつろぎ館1F
■076-235-2322
■10:00-20:30(LO 20:00)、内ランチは11:30-14:00 無休



■りりたLINK
main page(旅行記他)
wine page(飲んだワインの記録)
nanmori page(本ブログ)
nagonyan page(名古屋在住時)
hiroshima page(広島在住時)


[PR]
by ririta8500g | 2015-05-19 22:32 | おやつの時間
本日の南森ぱとろ~るは、トマトすきやきはトマトの入ったすきやきでした「大坂バサラ」です。

「トマトすきやき」なるものが食べてみたくて行ってきました。
f0165303_23232239.jpg
まず八寸。
いろいろちまちまと盛ってあります。見たまんま期待したまんまのおいしさです。
f0165303_23233696.jpg
次にすき焼き。
「トマトで味が薄まるから」とのことで、味は濃い目にしてあるそうです。
f0165303_2325225.jpg
卵つけて食べるとさらに濃いので、私はそのまま頂きました。濃かったですが、美味しかったです。
「トマトすきやき」というより「すきやき&すきやき味のトマト」という感じ。
f0165303_23235430.jpg
もうちょっと従来のすきやきの概念を変えてくれるようなものを期待してたので、そういう点ではちょっと期待しすぎでした。
でも、〆のパスタが意外に良かった!
f0165303_23242087.jpg
トマトの味とすきやきのたれがしっかりパスタに絡んで美味しかったです。
コスパ面では微妙ですが、話のネタに、ちょっと変わったものを食べたいときにいいと思います。
f0165303_23271882.jpg
食べログのクーポンがけっこうお得なので、ちょろっと見ておくといいかも。
ドリンクは、食べログ用の別メニューの中から選ぶことになりますので、あらかじめ店員さんに持ってきてもらいましょう。


■日本料理 大坂ばさら グランフロント大阪店
■大阪市北区大深町4-20 グランフロント大阪8F
■06-6485-7786
■[昼]11:00~15:00(L.O.14:30)[夜]17:00~23:00(L.O.21:30)



■りりたLINK
main page(旅行記他)
wine page(飲んだワインの記録)
nanmori page(本ブログ)
nagonyan page(名古屋在住時)
hiroshima page(広島在住時)


[PR]
by ririta8500g | 2015-05-13 23:26 | ごはんの時間~和

キッチン カトウ

本日の南森ぱとろ~るは、ひと味違う洋食屋さん「キッチン カトウ」です。

本日のサービスランチは3種類。ミニステーキのAランチ、白身魚ピカタのBランチ、そして自家製ハンバーグランチです。価格はすべて1,100円統一ということで、ちょっとだけ贅沢なランチです。


1)Aランチ(ミニステーキ+海老フライ2匹:1,100円)
f0165303_23271851.jpg
ミニステーキ、お肉は薄いのだけど、それを逆手にとっていい感じのレア気味に仕上げています。柔らかい一口サイズなのだけど、赤身肉の味わいはしっかりあります。お肉の表面の焼きの薄さを見ると、ちょっと違う手段で調理しているのかな?コレだけではちょっとボリュームが無いので、それを海老フライ2匹でサポート。これまた衣は薄めでサクサクの食感、中身はぷりっとしていてとても美味しく感じます。
f0165303_23275557.jpg
サービスランチは、サラダ、スープ、珈琲が付いていますが、サラダ(普通)はともかくスープがかなり甘目。
f0165303_2328144.jpg
間違えたのかな?とも思う程なのですが、付け合わせの人参もかなり甘い味付け。という事は、意識しての味付けだと思うのですが、これにはすこし疑問を感じました。
それに優るメイン料理と海老フライのおいしさがあるのですけどね。


2)自家製ハンバーグランチ(自家製ハンバーグ+海老フライ2匹:1,100円)
f0165303_23284144.jpg
ボリュームたっぷりのハンバーグ。しっかりツナギを使っているタイプですが、肉のおいしさは出てました。また、ナツメグ?の香りが良く効いていてインパクトのある味わい、ドミグラソースとのバランスも良かったです。
f0165303_23285897.jpg
食後の珈琲はまぁ普通ですが、この価格のランチメニューとしては十分満足のいく内容でした。夜のメニューも面白そうなので、次はディナーに訪れたいですね。


■キッチン カトウ
■兵庫県高砂市中島3-43-1
■079-443-6387
■11:00~14:30(L.O14:00)、17:00~21:00(L.O20:30)月曜定休



■りりたLINK
main page(旅行記他)
wine page(飲んだワインの記録)
nanmori page(本ブログ)
nagonyan page(名古屋在住時)
hiroshima page(広島在住時)


[PR]
by ririta8500g | 2015-05-12 02:10 | ごはんの時間~他

黄檗山 萬福寺

ひさしぶりに萬福寺にいってみました。
萬福寺といえば普茶料理じゃないか~♪ということで、前日、電話を入れたのですが、予約は5日前までとのことで断念。
普茶弁当に限り、当日朝9時から数量限定で電話受付できますよ、という事で当日電話をかけ直し、予約できました。
f0165303_065321.jpg
普茶料理とは、精進料理の一種ということで卵、肉、お魚抜きの料理となります。
コースはともかく、お弁当に関しては、鰻に似せた、とか、肉に似せた、という料理は出てこず、シンプルに野菜料理。写真みたまんまで、濃すぎず薄すぎずちょうど良い味加減でした。
f0165303_0782.jpg
天ぷら(モチロン、つなぎに卵も使ってません)が多いせいか、お腹いっぱいになります!
また、ご飯がもちもちしててとても美味しかったですが、萬福寺は布袋さんのお寺なので、ご飯もひょうたんの形しています。
野菜もひょうたん型のものがちゃっかりありました。ここは遊び心だと思います。
f0165303_073115.jpg
こちらは萬福寺境内にあるため、別途、拝観料として500円(大人の場合)が必要となります。
f0165303_07465.jpg
萬福寺の敷地内はかなり広々として、素朴な造りとはいえ建物や庭木はとてもきれいにお手入れされています。観光客も少ないので、食前食後にゆったりお散歩もいいと思います。
f0165303_075925.jpg
昔は、普茶料理の美味しいお店が他にもあったのですが、潰れてしまいました。
Webで検索すると萬福寺前にある白雲庵が上位にヒットするようですが、地元民の評判はビミョーです…
ということで、選択肢の一つとしてまずまずお勧めです。

■萬福寺
■宇治市五ケ圧三番割34 萬福寺
■0774-32-3900
■11:30~14:30(L.O.13:00)(予約制) 不定休


■りりたLINK
main page(旅行記他)
wine page(飲んだワインの記録)
nanmori page(本ブログ)
nagonyan page(名古屋在住時)
hiroshima page(広島在住時)


[PR]
by ririta8500g | 2015-05-08 00:12 | ごはんの時間~和

ホンマチ豚テキ

本日の南森ぱとろ~るは、大盛りOK!ガッツリさんにも対応可能!「ホンマチ豚テキ」です。

以前より気にはなってましたが、会社からはそれなりに離れているので平日のランチはちょっと難しいです。でも、休出の時位はゆっくりランチでもいいよね?ということで突入しました。

ガーリックバターSPシングル(200g:1,080円)
f0165303_1532676.jpg
美味しそうなニンニクの香りと共に、どーんと登場。あれ?グローブじゃなくて切れ切れだぞ・・・食べ易いように最初から切ってくれているのかな。
f0165303_1534348.jpg
お肉はしっかりとした食感で、上質とは言えないまでもお肉らしい味わいに加え、ボリューム的にも満足感は高いです。タレはウスター&フルーティな甘み系、でも酸味とスパイシーさもきちんと存在しておりバランスが良い印象です。また添えられている「からし」も辛みが強すぎず、お肉そのものの味わいを出すためにしっかりとフォローしていました。
f0165303_1541777.jpg
200gがシングル、400gがダブル等、+400円で厚切200gずつ追加可能なのでガッツリさんにとっては嬉しい注文システムだと思います。
f0165303_154388.jpg
ガーリックライスはパラパラとつぶ感が出ており、加えてガーリック&タレの香り・味わい共に強すぎず満足しました。大盛りも無料とのことなので、平日の14時過ぎ又は土曜日に行かれた方は是非お試しください。

またタイムサービスなのかな、食後にアイスコーヒーとチョコレートを頂きました。嬉しかったです。


■ホンマチ 豚テキ
■大阪市中央区本町4-8-6 大阪屋横堀ビル1F
■050-5570-2889(予約)
■[月~金]11:30-16:00(L.O.16:00)、17:30-21:00(L.O.21:00)
 [土]ランチ11:30-15:00(L.O.15:00) 日曜定休



■りりたLINK
main page(旅行記他)
wine page(飲んだワインの記録)
nanmori page(本ブログ)
nagonyan page(名古屋在住時)
hiroshima page(広島在住時)


[PR]
by ririta8500g | 2015-05-07 01:00 | ごはんの時間~他
本日の南森ぱとろ~るは、熟成肉は300gがおすすめです「ゴッチーズビーフ堺筋本町店」です。

熟成肉の専門店、ディスプレイにお肉の塊が見えるので前から気になっていました。その日はちょっと会社を遅く出て、ランチ難民になりかけてたので、サラリーマンランチとしてはちょっと豪華やなと思いつつ、自分へのご褒美(何の?)ということで突入しました。


熟成肉のサービスステーキランチ(150g:1,000円)
f0165303_2055910.jpg

f0165303_2043238.jpg
ジュージュー良い音と湯気を立てつつ、熱々の鉄板で供されます。殆どが赤身肉な感じで、肉汁が少し浮いている状態です。
厚さは1cm丁度位でしょうか、食感は赤身肉の繊維が感じられるものではなく、少し固めで外国産ハラミの様なすこしゴムっぽい食感もありました。また、赤身肉の味わいは確かに感じられましたが、旨味はそれほど感じられなかったです。

ライス・スープ・サラダセット(300円)
f0165303_2074798.jpg

f0165303_208257.jpg
ご飯、スープ、そしてサラダもスタンダードなものです。単品がそれぞれ150円なので3品300円はちょっとお得な気分でした。付け合わせがポテト数切れとケチャップスパが少しだけなので、流石にコレを追加しないと夕方お腹が空くと思います。
f0165303_2065894.jpg
正直、ステーキは広くて薄いよりも、小さくとも厚みがそこそこある方が好みです。
どうせお肉を頂くなら、頑張って300g(1,600円)にしておけば、また印象も変わったのかな、と思いました。


■ゴッチーズビーフ堺筋本町
■大阪市中央区瓦町1-5-11 ループビル1F
■06-6208-0072
■11:30~14:00、17:00~23:00 無休



■りりたLINK
main page(旅行記他)
wine page(飲んだワインの記録)
nanmori page(本ブログ)
nagonyan page(名古屋在住時)
hiroshima page(広島在住時)


[PR]
by ririta8500g | 2015-05-04 20:08 | ごはんの時間~他