南森(なんもり)周辺での食べ歩き日記


by ririta8500g
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

<   2015年 04月 ( 11 )   > この月の画像一覧

ゆき

本日の南森ぱとろ~るは、そばめしのおいしさはソース味(のみ)にあらず!「ゆき」です。

兵庫の誇るB級グルメの一角、長田のそばメシの名店を訪問しました。暖簾をくぐるなり、「いらっしゃい!」と優しい笑顔で迎えられました。

そばめし(730円)
f0165303_2029157.jpg
座った位置が調理用の鉄板の正面だったので、真正面で作る過程が見えました。娘さんが一生懸命2本のコテでごはんと焼きそばを細かくして刻み焼きをしている横で、後ろを向いたのお母さんが次々と具材や調味料をタイミングよく加えていく様子は「おかあちゃんと娘の阿吽の呼吸」がいい感じで、見ていて楽しくなりました。
f0165303_20292990.jpg
さて肝心のお味ですが、とても満足できました。ソースは掛かっているのですが最小限にとどめられており、見た目そばもご飯も「素」な感じに見えるのです。でも、しっかり、とてもしっかり味は付いており「ソース味」ではなく「うまみ味」なそばめしになっています。
水分をきれいに飛ばしたご飯、キャベツの甘味とねぎの辛み、そしてそれらを取り持つそば(粉もん)の存在感。
f0165303_2031268.jpg
スジは腱の部分なのか、ゼラチン状のものではなく赤身肉の感じに近く、弾力のある噛みごたえと味わいを持っています。

ソースなしでも最後までOKな感じなのですが、卓上のブラザーソースをかけてみると、ちょっと違ったスパイシーさと甘味がうま味に加わるので、味わいに変化を求める方にはお勧めです。
f0165303_20295571.jpg
噂に聞いていた怖い処は全然なくて、明るくて、いい意味で庶民的。常連客は当然でしょうけど、一見のりりたにも声がけや説明もきちっとしてくれて、とても感じ良かったです。開店直後というタイミングなのかな?


■ゆき
■兵庫県神戸市長田区久保町4-2-5
■078-611-4785
■11:30~14:30、17:00~20:00 水曜・第三火曜定休、他にも不定休



■りりたLINK
main page(旅行記他)
wine page(飲んだワインの記録)
nanmori page(本ブログ)
nagonyan page(名古屋在住時)
hiroshima page(広島在住時)


[PR]
by ririta8500g | 2015-04-29 20:31 | ごはんの時間~和

とんかつ八千代

本日の南森ぱとろ~るは、誰もとんかつを食べていない?「とんかつ八千代」さんです。


平日の朝、4時台に起床。5時半ごろの電車に乗って築地市場に着いたのが6時10分前位でしょうか。
人気のお寿司屋さん寿司大さんなぞは既に100人ではきかない大行列です。そんな中、嬉しいことにぽっかりと空いた行列の真ん中に目的の「とんかつや千代」さんがありました。

アジフライを食べようか、ホタテを食べようか電車の中でさんざん悩んだ挙句、火・水・土曜限定の「寺門ジモン肉専門チャンネル推薦」のコレに決定!

1)チャーシューエッグ定食(1,300円)
f0165303_025053.jpg
テレビ程にキレイな丸い形じゃ無かったですね。でも、チャーシュー塊の左にはチャーシュー絡め用の目玉焼き、右には目玉焼きを楽しむための目玉焼きがちゃんとありました。
f0165303_031299.jpg

f0165303_032483.jpg
チャーシューはとても肉厚でほろほろと崩れるというか蕩ける食感、豚の旨味を引き出すしょうゆ味がまたいい感じで、とても美味しい!とろーりとした目玉焼きの黄身を絡めて頂くと美味しさの厚みが倍返しです、たまらん。
f0165303_033453.jpg
ご飯は写真の様にどんぶり?とも思えるような茶碗に山盛り。あわよくばアジフライもと思っていましたがこのご飯を食べたら他にもう無理。性格的に残せないし・・・、ということでフライ物は是非次回に挑戦したいと思います。
f0165303_03496.jpg



■とんかつ八千代
■東京都中央区築地5-2-1 築地市場6号館
■03-3547-6762
■[月~土]5:00~13:00 日祝、不定休



■りりたLINK
main page(旅行記他)
wine page(飲んだワインの記録)
nanmori page(本ブログ)
nagonyan page(名古屋在住時)
hiroshima page(広島在住時)


[PR]
by ririta8500g | 2015-04-23 23:15 | ごはんの時間~和
本日の南森ぱとろ~るは、銀座ミルフィーユクランチを求めて!「ホレンディッシェ・カカオシュトゥーベ 銀座三越店」です。

店舗の特徴が出るミルフィーユ。JR大阪三越伊勢丹店のそれはりりたには少し甘すぎに思えました。
そこで、東京出張の帰りに銀座に立ち寄って購入してみました!

銀座ミルフィーユクランチ(1,080円)
f0165303_2321569.jpg
全面を覆っているチョコレートは大阪のミルクチョコレートと違い、ちょっとビターなブラックチョコレート。やはり、りりたはコチラの方が好みです。
f0165303_2323482.jpg
その内側の上下にパイ生地があって、更にその中にはコーンフレーク、ヘーゼルナッツ、パフがヌガーで固められていました。
ヌガー由来?の独特な香り(ココナッツのような?)は好みが分かれると思いますが、サク・ヌガ感のバランスがいい感じです。でも、ヌガーにあまり粘着力がなくてすぐ崩れていくので、少し食べ辛く感じました。
折角なので、他にも大阪で売っていないものがあれば買おうと思ったのですが「このミルフィーユだけ」とのことでした。
f0165303_2324581.jpg
外は雨が降っていましたので、袋をポリエチレンでカバーしてくれた心遣いが嬉しかったです。

■ホレンディッシェ・カカオシュトゥーベ銀座三越店
■中央区銀座4-6-16 銀座三越B2F
■03-3566-0951
■10:30~20:00 不定休(銀座三越に準ずる)



■りりたLINK
main page(旅行記他)
wine page(飲んだワインの記録)
nanmori page(本ブログ)
nagonyan page(名古屋在住時)
hiroshima page(広島在住時)


[PR]
by ririta8500g | 2015-04-20 23:03 | おやつの時間
本日の南森ぱとろ~るは、何を頂いてもリッチだわ「エシレ・マルシェ オ ブール」です。

今度は、焼き菓子を何点か。。。

ガレット・エシレ(195円)
f0165303_16164994.jpg
ガレットということでまんまるの焼き菓子なのですが、そば粉は入っていないかな?サクやわっホロッな食感で、中々に美味しかったです。

サブレ・エシレ(216円)
f0165303_1617333.jpg
パリッと焼かれてて、サブレというよりもビスケットに近い感じのサクパリッっとした食感。リッチ感は十分。

ブリオッシュ・エシレ(411円)
f0165303_16171735.jpg

f0165303_16173218.jpg
エシレバターを総重量の約50%使用しているとのこと。レンジで30秒弱加熱すると、Eの刻印に流し込まれたバターが柔らかく溶け出して、なんとも芳醇な香りとボリューム感。でも、恐ろしいカロリーだろうなぁ。


残りは、メイン?のバターとクロワッサン、そしてガトー・エシレ ナチュールか。
ハードル高そうだなぁ。


■エシレ・マルシェ オ ブール(ECHIRE MARCHE AU BEURRE)
■大阪市北区角田町8-7 阪急うめだ本店 B2F
■06-6361-1381
■[日~火]10:00~20:00[水~土]10:00~21:00 定休日は阪急うめだに準ずる



■りりたLINK
main page(旅行記他)
wine page(飲んだワインの記録)
nanmori page(本ブログ)
nagonyan page(名古屋在住時)
hiroshima page(広島在住時)


[PR]
by ririta8500g | 2015-04-19 16:17 | おやつの時間

ボン・ナペティ

本日の南森ぱとろ~るは、サラリーマン向けのHOT寄りの欧風カレー「ボン・ナペティ」です。

田町駅を挟んで欧風カレーを謳っている両雄、芝浦口のボンディと三田口のボン・ナペティ。本日はボン・ナペティに突入です。

ビーフカレー(1,000円)
f0165303_22501748.jpg
先ずは付き出し?のジャガイモが2個供されます。(ボンディと違って)ジャガイモは小さ目でバターも付いていませんでしたが、テーブル上の岩塩(ピンクソルト)をかけると、その円やかなミネラルはジャガイモそのものの美味しさをとても良く引き出していました。
f0165303_2251746.jpg

暫くしてライス、そしてカレーポットが供されます。フラットなお皿に薄く敷かれたライスとその上にチーズ。ポットには真ん中ちょっと位にカレーが入っています。
f0165303_22512195.jpg
ポットの表面からはお肉が見えませんでしたが、ちゃんとポットの中には5個、いい感じに一口サイズになっていました。ホロッと柔らかかったのですが、若干お肉そのものの旨味に欠けたのが残念かな、これは元々の肉質かもしれません。
カレーは最初にちょっと甘さを感じ、そしてスパイス感がじわじわと効いていくる感じです。欧風カレーと謳っており、またビジュアルもそうなのですが、同じ田町のボンディと比べると深み・コクよりもスパイシーさが目立っている感じがします。
f0165303_22513558.jpg
りりたは欧風カレー(ビーフカレー)が基本的に好きなのですが、コストを多少かけて王道風に作っているのがボンディ(1,480円)、サラリーマンの昼食許容範囲に合わせて最大限に理想を求めているのがボン・ナペティ(1,000円)という気がします。


■ボンナペティ(BonAppetit)
■港区芝4-6-16
■03-3452-8062
■11:00~15:00、17:30~21:30 日曜・祝日定休



■りりたLINK
main page(旅行記他)
wine page(飲んだワインの記録)
nanmori page(本ブログ)
nagonyan page(名古屋在住時)
hiroshima page(広島在住時)


[PR]
by ririta8500g | 2015-04-18 22:51 | ごはんの時間~伽

まんねんカレー

本日の南森ぱとろ~るは、ちょっとPOPなカレー屋さん「まんねんカレー」です。


カレー激戦区の谷町4丁目、バビルの塔のすぐ近くにあります。
土曜日の昼前で2人待ちでしたがそんなに長くはかからず入店。出皿の待ち時間もあまり長く感じませんでした。

まんねんとんこつカレー(とろ肉入り):850円
f0165303_0305173.jpg
ルーのトロミは少な目でりりた好み。お肉の旨味成分はしっかり感じられ、美味しい!と思うのですが少し上品な感じで、コクというか味わいの深み&余韻みたいなものが少し弱い気がします。
f0165303_0312471.jpg
そんなルーに対し、こちらのウリの「とろ肉」はとても良い感じです。ホロホロとした肉部に少しトロミのある脂身がミックスされて何ともよい食感で、まさにラーメン屋さんが作ったお肉ですね。また、その香ばしさ(+フライドオニオンからも)によりカレールーとの親和性は非常に高いですね。

f0165303_0313869.jpg
なんとなく昔流行った「バザールでござーる」っぽい字体のメニューやお店の色使いが面白いと思いますが、同時に少し軽めの印象を受けました。そんな印象がカレーの感想にも反映されてしまっているのかも知れません。


■まんねんカレー
■大阪市中央区徳井町2-4-3 双葉グランドプラザ101
■06-6948-5651
■11:30~15:00 17:30~23:00 日祝休日


■りりたLINK
main page(旅行記他)
wine page(飲んだワインの記録)
nanmori page(本ブログ)
nagonyan page(名古屋在住時)
hiroshima page(広島在住時)


[PR]
by ririta8500g | 2015-04-17 00:32 | ごはんの時間~伽
本日の南森ぱとろ~るは、安旨グルメの対極「ラ・メゾン・デュ・ショコラ」です。

正直、いままでケーキの価格帯にびっくりして素通りしていたのですが。。。。。。。

エクレール・カフェ(625円外税)
f0165303_22193153.jpg
チョコとキャラメルにも惹かれましたが、今回はカフェ。ミルクコーヒーのチョコレートがグラサージュされています。
f0165303_2220950.jpg
しっかりと焼き上げられたエクレアの中にコーヒーの香ばしさ、ほろ苦さを甘~く包み込んだクリームが入っています。

ムース・オ・ショコラ(500円外税)
f0165303_22202121.jpg
選び抜かれた配合のチョコレートと生クリームのコンビネーションの素晴らしさよ。濃厚さを感じさせるムースは甘いけど甘すぎず、とても、とても滑らかで、なめらかで、ホント滑らかに口の中でで蕩けていきます。
f0165303_2221097.jpg
容器がプラスティック&薄~なのがちょっと面白いです。

マロングラッセ(525円外税)
f0165303_22211260.jpg

f0165303_22212689.jpg
イタリアはトリノの栗を使っているとのこと、でっかいです。薄く包まれたシロップのコーティング、これは中までしっかりしみ込んでいました。栗の香りの中に当然お酒の香り、そしてすこし東洋的なハーブを感じました。


タマナコ~チョコレートの起源に迫る旅(6,300円)
f0165303_22221813.jpg


f0165303_22214531.jpg

ベネズエラ産カカオ68%のダークガナッシュ
68%ものダークっぽさは感じない円やかさとスパイシーさが同居。酸味が特徴的でフレッシュフルーツの甘酸っぱさと爽やかさを持っています。

マダガスカル産カカオ64%のダークガナッシュ
64%なのにベネズエラよりもダークっぽい。赤や白胡椒などのスパイスや焙煎香、タバコのニュアンスも持っています。

ブラジル産カカオ62%のダークガナッシュ
62%なのに一番チョコレートらしいチョコレート。最初にスモーキーなイメージ。力強さはこの中でイチバン。解説のレーズンぽさはもっているけれど、アプリコット的なものは感じないなぁ。

ドミニカ共和国産64%のダークガナッシュ
酸味が豊かでフルーツっぽい要素が強いです。フルーツっぽいベネズエラに加えブラジル的な要素も混ざっています。但し、こちらのフルーツはフレッシュではなくドライフルーツ。解説にあるナッツっぽさは僅かにヘーゼルナッツを感じなくもない、というレベルかな。


と、いうことで至福のチョコレート菓子でした。
チョコレートの名前を冠する、専門店ならではの味わいの数々ではないかと思います。安旨グルメの対極ではありますが、チョコ好きを名乗るなら、追いかけずにはいられない魅力があります!

次は、何いっとこか。

■ラ・メゾン・デュ・ショコラ 梅田阪急店
■大阪市北区角田町8-7 阪急うめだ本店 B1F
■06-6313-1598
■10:00-21:00 不定休(阪急うめだ本店に準ずる)



■りりたLINK
main page(旅行記他)
wine page(飲んだワインの記録)
nanmori page(本ブログ)
nagonyan page(名古屋在住時)
hiroshima page(広島在住時)


[PR]
by ririta8500g | 2015-04-13 22:16 | おやつの時間

炉暖 天満橋店

本日の南森ぱとろ~るは、バラエティに富んだメニュー「炉暖 天満橋店」です。

大阪造幣局の花見の後に寄りました。ほぼ満席と、盛況ですね。
f0165303_22103282.jpg
備長炭で焼かれる焼き鳥串が中心のメニューですが、その串にしても、アラカルトにしても一品づつがわりとボリュームがあります。
f0165303_22101881.jpg
料理そのものは居酒屋さんとして並レベルだと思います。
f0165303_2211275.jpg

f0165303_2211131.jpg
良かったのが、蒸し鶏の湯葉巻き、サクサクのメンチカツかな。それから、野菜のカクテル(緑)は小松菜とほうれん草らしいけど、あまり分からず(笑)、でも美味しかった。
f0165303_221339.jpg
逆にイマイチだったのは、野菜のお造り。素材はいいのでしょうけれど、あまりにカットが薄すぎるため食感が弱く、野菜の旨味もとんでしまっています。むしゃむしゃ噛み砕くと出てくる甘さが野菜の醍醐味だと思うので、それが感じられないのはこの手の料理としては残念に思いました。あと、つきだしの豆腐。胡麻油が強すぎて豆腐の味しません。

f0165303_2213295.jpg
サービスの女性は明るくてノリがよく、日本酒のなみなみ具合はとてもGOOD!料理担当は二人?のため、花見客の多い今日みたいな日は少し料理が遅れがちになるけど、今日はしょうがない。
f0165303_2214398.jpg
京野菜や富山県は氷見からの魚(氷見うどんも!)、各種お酒に代わり種カクテルと、大人数でいろいろ頼んてみると面白いお店だと思いました。


■炉暖 天満橋店(ロダン)
■大阪市中央区谷町1-2-9
■06-4790-8133
■17:00~24:00(L.O.23:30)無休



■りりたLINK
main page(旅行記他)
wine page(飲んだワインの記録)
nanmori page(本ブログ)
nagonyan page(名古屋在住時)
hiroshima page(広島在住時)


[PR]
by ririta8500g | 2015-04-12 22:14 | ごはんの時間~和

パネ・ポルチーニ

本日の南森ぱとろ~るは、福島の行列の絶えないパン屋さん「パネ・ポルチーニ」です。

あまり広くない店内にびっしりパンが並べられています。→店舗の収容人員が少なく→店外の行列になります、かな?


1)メロンパン(152円)
f0165303_23565886.jpg
結構珍しい?平たいメロンパンです。普通のに比べクッキー生地が多くサクサク甘好きには嬉しいパンとなっています。

2)ほうれん草パン(162円)
f0165303_23571528.jpg

f0165303_23572549.jpg
ほうれん草の色合いがきれいに出てて購入しました。ビジュアルの美しさに対して味わいはいまひとつ特徴が出ていなかった感じです。

3)きなこ抹茶キューブ(正確に覚えていない:195円)
f0165303_23574279.jpg

f0165303_23575847.jpg
この形を見て「Resistance is futile」を思い出したアナタ、私と同類です。冗談はさておいて、柔らかながらもキューブの食感を残した生地にほこほこ小豆が美味しいです。抹茶の深みはありませんが。

4)塩フォカッチャ(206円)
f0165303_2358934.jpg
フォカッチャは普通塩がかかっているだろ!というツッコミはなしで。クラム・クラスト共に、食感は全然フォカッチャではなく、湯だねパンの様なもっちりとしたクラムの食感が印象的なパンです。でも、味わいは見事にフォカッチャで、先ほどのもっちりとした食感と合わさってとても美味しく感じました。さすが、看板メニューですね。

5)ライ麦全粒粉パン(389円)
f0165303_23583177.jpg

f0165303_23584568.jpg

ライ麦っぽい酸味はあまり感じられず、さりとて小麦ALLパンとは風味が違う、そこを狙ったのだろうけど結果はちょっと中途半端なイメージです。安くて美味しいパンを目指しているお店なのだと思うのですが、ハード系のような直球パンはごまかしが効かないのでもう少し良い小麦やイーストを使ってもいいのでは、と思いました。

行列は出来ていますが、待ち時間は意外と少ないですよ!

■パネ・ポルチーニ(PANE PORCINI)
■大阪市福島区福島5-10-22
■06-6451-8001
■11:00~22:00頃 (売り切れ次第終了)第1、3月曜・日曜・祝日・GW・お盆・年末年始定休



■りりたLINK
main page(旅行記他)
wine page(飲んだワインの記録)
nanmori page(本ブログ)
nagonyan page(名古屋在住時)
hiroshima page(広島在住時)


[PR]
by ririta8500g | 2015-04-07 01:05 | ごはんの時間~他

府中焼き「としのや」

本日の南森ぱとろ~るは、ワカコ酒で有名になった・・・かな?府中焼き「としのや」です。

テレビ版のワカコ酒で登場していた府中焼きの「としのや」が阪急百貨店の「四国・瀬戸内元気物産展」に登場!ということで早速買ってきました。

府中焼き(黒)
f0165303_2341156.jpg
水分の多いモヤシを使わず、また豚バラ肉の代わりに(油分の多い)ミンチを使うことで、そばのパリパリ感と旨味を出しているのが特徴、とのことです。家でチンをしたとはいえ、細めのそばのパリパリ感は十分に残っており芳ばしかったです。
f0165303_23421728.jpg
広島焼きに比べてボリューム感とキャベツの旨味は劣りますが、ミンチ肉からなのか(姿は見えませんが)肉の旨味は感じられますし、焼そばを作るときにパリパリに焼くのが好きなりりたにとっては、これも一つのお好み焼きの選択肢かな、と思いました。
加えてあげ玉からくるのか、甲殻っぽい香りが仄かに漂っていたのも好印象ですね。
f0165303_23422917.jpg
いつか広島に行って、ワカコさん注文したねぎたっぷりマヨネーズを上からバーナーで炙る、「あぶりねぎマヨ」食べてみたいです。

■としのや
■広島市佐伯区五日市中央5-1-10
■082-923-7900
■18:00~翌26:00 月曜定休


■りりたLINK
main page(旅行記他)
wine page(飲んだワインの記録)
nanmori page(本ブログ)
nagonyan page(名古屋在住時)
hiroshima page(広島在住時)


[PR]
by ririta8500g | 2015-04-05 23:43 | ごはんの時間~他