南森(なんもり)周辺での食べ歩き日記


by ririta8500g
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

<   2014年 07月 ( 9 )   > この月の画像一覧

ニュー上海 oishii

本日の南森ぱとろ~るは、ガッツリだけじゃない、早旨中華の「ニュー上海」です。

ボリューム満点、とウワサの天津やきめしをいただきに突入しました。丁度お昼時なので、行列3名。でも5分も待たずに席につけました。中を見ると席数が結構ありますし、料理の出も早そうなので結構回転が速い印象です。

1)天津やきめし(700円)
f0165303_0125335.jpg
兎に角、卵の表面から除く半熟部分がとても艶めかしく感じますが、実際に頬張ると素晴らしいトロみ具合。う~ん、こりゃ人気が出る筈だ。ぷにゅっとした食感の中位の剥き海老も2個入っているし、おネギや人参もちゃんと主張している。
f0165303_013970.jpg
中の炒飯はパラパラではなくどちらかというとシットリ系に近かったけど、粒はちゃんと独立している。具も青ネギ・豚キレ・玉ねぎがバランスよくはいっていて、ご飯の味付けは少し強めだけど玉子と一緒に食べるととてもしっくり来る味わいになる。

2)日替わりランチ(750円)
f0165303_0132190.jpg
暫くして、また訪問です。日替わりランチは階段横の黒板メニューに書かれています。今回は、肉だんご甘酢、小エビ天、そしてパスタ(サラダ?)です。
f0165303_013387.jpg
肉団子は大っきめなのが4個入っており、しっかりとした食感のもの。甘酸っぱい餡は野菜もちょっと入っており、ご飯につけて食べても美味しい。
f0165303_0134973.jpg
小エビ天はちょっと塩加減が強めだけど、ぷりぷりしててとても美味しい。そして、まぁなんと沢山入っていることか。ご飯も多めに盛られているけど、最後まで十分にご飯の友になりましたよ。

天津やきめし(並)も日替わりランチもボリュームは十分。でも、やっぱり美味しいからこんなに流行るんですね。
また、伺います!

■ニュー上海
■大阪市中央区瓦町1-1-2
■06-6232-3100
■[月~金]11:00~22:00(L.O.21:30)
 [土] 11:00~20:30(L.O.20:00)

■りりたLINK
main page(旅行記他)
wine page(飲んだワインの記録)
nanmori page(本ブログ)
nagonyan page(名古屋在住時)
hiroshima page(広島在住時)


[PR]
by ririta8500g | 2014-07-30 00:14 | ごはんの時間~華
<一週間10ユーロで海外でネットしてみた>シリーズの番外編です。
2014年7月現在の情報です。

f0165303_11261030.jpgイタリア国内のみならず、ヨーロッパやアメリカでも便利に使えるイタリアVodafone。
現地でプリペイドSIMを手に入れてみました。


★料金プラン:イタリア国内用

f0165303_1120816.jpg

・ベースプラン(従量制) "Vodafone 15”…基本料金ゼロ
・オプションプラン(定額制:有効期限1か月)
 "Smart 200"(14.9ユーロ)…200分の通話、200通のSMS,1GBのネット接続
 "Tutti 500"(9.9ユーロ)…500分の通話
 "Giga summer"(9.9ユーロ)…ネット接続2GB(4G LTE)をプラス
 "Extra 1GB"(5ユーロ)…ネット接続1GBをプラス
※ネットと店頭ではキャンペーンなどで価格が違ったりしますが、基本的には同じです。
 これにSIM代 10ユーロ(初期チャージ5ユーロ分含む)が必要です。

日本では、従量制か定額制を選ぶのが普通ですが、Vodafoneでは従量制のベースプラン+定額制のオプションプランという形をとります。オプションプランが優先で、適用外ケースのみベースプランが適用される仕組みです。
また、”1か月”の開始日は月初ではなく当日からですので、無駄がありません。
インターネット接続だけを使うつもりならベースプラン"Vodafone 15"のみをおすすめします。
ネットは1日単位の定額制で、2ユーロで1日あたり500MB使えます。つまり使いたい日数が5日なら、2ユーロ×5日→10ユーロで毎日500MBのネット接続が可能。SIM代に初期チャージ5ユーロ分が含まれているので、支払総額は、SIM代10ユーロ+追加チャージ5ユーロ=15ユーロです。

通話やSMSもしたいなら、"Smart 200"のオプションが妥当かと思います。この場合、3ユーロのオプション起動料金と、ベースプラン用にいくらかチャージを残しておかないとオプションがつけられないので、支払総額は、SIM代10ユーロ+"Smart 200"代14.9ユーロ+端数0.1ユーロチャージ=25ユーロです。

★料金プラン:イタリア国外用

"Smart 200"には、自動的に"Smart Passport"というオプションがくっついてきます。
f0165303_11215961.jpg
これは”イタリア国外用”定額プランです。チャージが残っている状態でイタリアを出、トランジット先や日本に帰ってきてうっかり電源を入れると、このオプションが適用されて知らぬ間にチャージが減っちゃうという仕組み。
逆に、ヨーロッパ周遊やアメリカに行くならこのプランは便利です。一日3ユーロで毎日500MBのインターネット接続が使えます。このプラン単独でのON/OFFも可能。
なので、私のおすすめプランは、"Vodafone 15"+"Smart Passport"。日数分あらかじめチャージしておけば、ヨーロッパ周遊やアメリカなら国境を気にせず、ただ使うだけ。使わないときは、SIMを通信機器から抜いておけばムダにチャージが減ることはありません。

★イタリアで購入するには

チャージだけなら、そこらへんのタバッキでOKですが、初回は店舗に足を運ばないといけません。ネット情報によると、”観光客に慣れてて英語もバッチリ通じる”"APN設定もしてくれる"との情報があったのですが、そんなことありませんでした。担当者によるのかな?

しかし、SIM購入は、決まりきった会話のみだけですので、大丈夫。
なんならメモに、プラン名・SIMのサイズ・滞在先のホテルの住所を記入して渡すだけで事足りるんじゃないかと。あとはパスポート見せて支払い。「2時間たったら使えるようになるよっ」とsimカードと契約書をポイと渡され、しめて30分足らずで終わりです。

私が購入したのは、フィレンツェ。ドゥオモのすぐ近くの店舗です。
(クリスマスなど以外は年中無休だったような…)
VIA DEI MARTELLI 25-27-29-3 FIRENZE (FI)
Tel. 0552670121
Fax 0552654249

入口を入るとタッチパネルがあり、要件を選択して番号札を発行するようになっています。
プリペイドSIMを購入するには、"Passa a Vodafone"→"Ricaricabili"を選択。
訪れたのは平日昼すぎで、通りは観光客でにぎわっていましたが、店内はガラガラでした。

フィレンツェはドゥオモ近くの店舗以外にも店らしきものは数軒見かけたのですが、どこもシャッターがおりてて「MARTELLI通りの店(=ドゥオモ近くの店舗)ならあいてるよ」という旨の張り紙が貼ってありました。事業縮小か???

★日本国内で手に入れるには

このイタリアVodafone。
イタリア国内では1日2ユーロで、イタリア以外のヨーロッパ・アメリカでは1日3ユーロで、500MB/日のネット接続が可能という便利モノですが、残念ながら、日本国内で手に入れるのは難しいようです。
国際通販の"Europa sim"は、2014年7月18日に営業を終了しました。
同業の"mobi passport"では、入荷見込みが立たず代替案としてイタリアTIMを勧めています。
TIMもいいのですが、Web上でリチャージする際、日本のクレジットカードや日本ペイパルアカウントが使えない点がうっとおしいです(2014年7月現在)。
Vodafoneは最近、日本のペイパルアカウントに対応したようなので、その点は楽かもしれません。
[PR]
by ririta8500g | 2014-07-23 11:38 | ぱとろ~る(ちょい遠)
トスカーナ遠征中!その5です。
フィレンツェのドゥオモからの眺め。
f0165303_1855140.jpg

高っ042.gif
[PR]
by ririta8500g | 2014-07-16 11:03 | ぱとろ~る(ちょい遠)

2014年トスカーナ:果物

トスカーナ遠征中!その4です。
f0165303_1135529.jpg

スーパーで買った桃と黄色いスモモ。めちゃくちゃ美味しいって訳ではないけど、とにかく安い。これで1.5ユーロ位かな。
[PR]
by ririta8500g | 2014-07-14 10:58
トスカーナ遠征中!その3です。
f0165303_5332167.jpg
ワイナリー、トゥア・リータのステファノさんから是非に、と勧められ海岸沿いのポプロニアへ。
中世の城塞とエトルリア人の遺跡が残っています。
f0165303_5332861.jpg
ヨットハーバー、ビーチも綺麗でした。
[PR]
by ririta8500g | 2014-07-13 05:03
トスカーナ遠征中!その2です。
f0165303_7245095.jpg
到着2日目の夜、レストラン ラ・ピネータのテラスからビーチを臨みます。
辺り一面ブルーな色彩でとても美しかった、です。
[PR]
by ririta8500g | 2014-07-12 07:11 | ぱとろ~る(ちょい遠)
トスカーナ州遠征中!その1です。
f0165303_1403260.jpg

ルネッサンスの巨匠レオナルド・ダ・ヴィンチ、その博物館の向こうにある塔より、パチリ。この後、生家にも行ってきました。
いい天気だにゃ〜
[PR]
by ririta8500g | 2014-07-11 13:49 | ぱとろ~る(ちょい遠)

尾道ラーメン 宝竜

本日の南森ぱとろ~るは、ワイルドな外観と内装、味わいもそうでした「尾道ラーメン 宝竜」です。

明姫幹線沿いで、自然に目がいく位の大きな看板です。駐車場も横に広めなので、車を運転しつつも「おっ、ラーメンや!」と入りやすい店構えです。
メニューはセルフのおでんの他、ラーメン、尾道ラーメン、尾道風ラーメン、味噌、ワンタン、キムチラーメンとラーメンだけでもかなり種類があります。

1)尾道ラーメン(700円)
f0165303_23221454.jpg
メニューで面白いのは、尾道”風”ラーメンがあるということ。スープの濃さが普通のより薄くなっているとのこと。変なの?と思ったけど、食べてみて納得しました。具はチャーシュー、めんま、青ネギとシンプルな出で立ちです。

2)尾道ラーメンのスープ
f0165303_23223651.jpg

コチラが、尾道ラーメンのスープです。小魚の風味はあまり感じられず、醤油と塩が結構強めで「ワイルドだゼィ」って感じです。普通の感覚の人には、かなり塩辛く感じると思いますが、港町”尾道”のインパクトが感じられるのはこちら。

3)尾道風ラーメンのスープ
f0165303_23225465.jpg
色合いで分かると思いますが、ちょっと通常の尾道ラーメンより薄くなっています。正直、こちらでもそれなりに塩辛めなのですが、ラーメンスープとしてのバランスはこちらの方が取れている様に感じます。

4)共通の麺
f0165303_23231358.jpg
麺は平打ちのストレート、つるっとした喉越しでどこかプリッと乾麺を感じさせる食感も持っています。割と好きかも。でも、大盛り+250円は無いわ。

5)チャーシュー
f0165303_23233069.jpg
特筆すべきものはなし。

6)背油ぷかぷか
f0165303_23234625.jpg
尾道ラーメンらしいビジュアル。このスープ、白ご飯と一緒の方が活きるのじゃないかな、と思いました。


ラーメンそのものは美味しい部類ですが、若干コスパが悪いのと店主の接客(していない)がイマイチ。これで愛想がよかったらいいのだけど、「尾道ラーメンを食べたいっ」と思ったら、やはりココかな。
暑い日だったですが、店内には大型の冷房施設が複数あって、しっかり冷やしていただいているのがちょっと嬉しかったです。

■尾道ラーメン 宝竜
■高砂市竜山1-300-3
■0794-47-8866
■[火~金] 11:00~14:00 17:00~21:00
 [土・日・祝] 11:00~14:30 17:00~21:00 休日:月・第三火曜


■りりたLINK
main page(旅行記他)
wine page(飲んだワインの記録)
nanmori page(本ブログ)
nagonyan page(名古屋在住時)
hiroshima page(広島在住時)


[PR]
by ririta8500g | 2014-07-04 23:24 | ごはんの時間~華

ゴールド

本日の南森ぱとろ~るは、優しい雰囲気とインパクトのある味わい、シチューのお店「ゴールド」です。

北浜において長年美味しいシチューを提供している、知る人ぞ知る名店「ゴールド」です。

1)クリームシチュー+バターライス(1,000円)
f0165303_0503630.jpg
メニューはこの通称:白とボルシチ+バターライスの通称:赤の二種類のみです。平日のみ、不定休有り。開店すぐ(11:30)だとそんなに並ばずに食せますが、正午前にはしっかり行列。遅めの昼だと売り切れる、というハードルの高いお店です。

2)クリームシチュー(通称:白)
f0165303_0505517.jpg
見た目よりもパンチのある味付け。胡椒とハッキリわかりませんが香辛料系の香りも感じました。ビジュアルで目立つのがスープから突き出たジャガイモですが、お肉の旨味や生クリームのコクも丁度いい位でとても美味しいです。具は、ベーコン、玉ねぎ、人参がたくさん入っており、ボリューム感もたっぷりです。

3)バターライス
f0165303_0511529.jpg
具はベーコン、ピーマン、人参、玉ねぎ、そしてパプリカの粉末。豊富に入っていて嬉しくなります。塩梅はしっかりめ、スープもそうですが優しい物腰と対応のおかあさんとは対照的にしっかりとした味わいとなっています。こちらも美味しいのですが、使っているバターが特殊?なのかあまりバター感が無く、むしろマーガリンに近い味わいのような気がします。それだけヘルシーなのかもしれませんが。

4)ボルシチ(通称:赤)
f0165303_0521033.jpg
通称:赤はトマトシチュー。ビーツではなくてトマトの色合いをしているので、ボルシチというよりはトマト・ビーフシチューの様な感じがします。おっきな塊は牛肉(バラ?)とジャガイモ。他には玉ねぎ、人参が入っています。トマトピューレの味わい強いですが、生クリームを混ぜていくと丁度いい感じにバランスが取れてきますね。
f0165303_0541914.jpg
ボルシチのバターライスは、クリームシチューのそれと同じです。シチュー皿とライスのお皿はセットの柄で供されます。好みの問題であると思いますが、バターライスの付け合わせはしば漬けよりかはピクルスなんかの方が嬉しかったか・・・な。


とても大阪のおばちゃんとは思えない、静かで優しげな雰囲気のあるおかあさんのシチュー。思いの他パワフルな味付けでしたが、体も心も温まる素敵な料理でした。


■ゴールド
■大阪市中央区淡路町3-4-1 第2加地ビル1F
■06-6231-6642
■11:30~14:00 (売切れ次第終了)割と早め、平日のみ

■りりたLINK
main page(旅行記他)
wine page(飲んだワインの記録)
nanmori page(本ブログ)
nagonyan page(名古屋在住時)
hiroshima page(広島在住時)


[PR]
by ririta8500g | 2014-07-02 00:54 | ごはんの時間~他