南森(なんもり)周辺での食べ歩き日記


by ririta8500g
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

<   2014年 06月 ( 22 )   > この月の画像一覧

これは、
<プラン比較編>、
<海外プリペイドSIMを日本で購入編>、
<海外プリペイドSIMをアクティベート編>、
<使用機器編>、
<日本でチャージ編>の続編です。

SIMを購入したら、従量制の基本プランが自動的にセットされており、オプションという形で、様々なプランをつけられます。
まずオプションプランが優先的に適用され、適用外の通信は基本プランで課金されます。

イタリアTIMの"TIM in Viaggio Pass"は、オプションプランのひとつです。
10ユーロで、250分の通話・250通のSMS・500MBのネット接続を使えます。期限は1週間。
ヨーロッパとアメリカなら、あちこちの国を周遊しながらでも使えます。
f0165303_1935932.jpg

●オプションプラン適用方法
公式サイトにログインし、"TIM in Viaggio Pass"のページの「ATTIVA」ボタンをクリックするだけ。
もしくは、40916に、"TIMINVIAGGIOPASS ON"とSMSを送ります(無料)。
オプション適用後にチャージ残高が0.5€を下回るようなら、適用できないようです。
ちょっと多めにチャージしておくといいですね。

●有効期間の開始
オプションをつけた時から1週間ではなく、現地で最初に通話やネット接続したときから1週間。
なので、あらかじめ日本でセットしておくこともできると思います。

●使用状況の確認
公式サイトから確認できます。
又は、40916にキーワードをSMSで送れば、すぐに返信されてきます。(送受信全て無料)
有効期限いつまでだっけ?と思ったら、"INFO TIMINVIAGGIOPASS"
データや通話、どれくらい使ったっけ?と思ったら、"SALDO TIMINVIAGGIOPASS"
f0165303_1936948.jpg

●有効期限の途中でデータや通話分がなくなった場合
そのまま使用し続けると、自動的に"TIM in Viaggio Full"というプランが適用されます。(似た名前だけど違います。"~Pass"と"~Full")
このプランは、ヨーロッパとアメリカでは、通話1分16cent、SMS1通16cent、1日あたり3ユーロで25MBのインターネット接続というプラン。
その他の地域では、通話1分1ユーロ、SMS1通50cent、1日あたり5ユーロで5MBのインターネット接続。
このプランは割高なので、適用されたくなかったら、"TIM in Viaggio Pass"を再度つけることも可能です。

●プランの終了
40916に、"TIMINVIAGGIOPASS OFF"とSMSを送ります(無料)。
もしくは、公式サイトにログインし、"TIM in Viaggio Pass"のプラン名の横の「DISATTIVA」をクリック。
"TIM in Viaggio Full"も「DISATTIVA」します。(勝手に起動されているから)
公式サイトからする場合は、ホテルや公共のwifiなどに接続した状態で行いましょう。

●また次回の旅行で使うために
TIMのSIMは、最後にチャージしてから1年間有効です。1回のチャージ最低額は5ユーロ。
チャージ額そのものに有効期限はありません。

【まとめ】
めったに海外に行かないなら、高くてもドコモなどの海外ローミングプランを使った方が楽だと思います。
現地SIMは手に入ったらラッキー程度なら、現地で買うのも楽しみの1つですし。
今回のシリーズのポイントは、以下にばっちりあてはまる人かな。

・1~2年に1度以上、仕事や遊びで海外(ヨーロッパ、アメリカ)へいく
・海外でぜったいデータ通信したいから、SIMを確保できないなんてリスクは避けたい
・現地でSIM確保のための時間と労力を使いたくない
・そこそこの量の通信はしたい
・日本のローミングプランやwifiレンタルは高すぎる

イタリアTIMのSIMを現地で買うなら、10ユーロのようです(5ユーロチャージ含む)。
現地の店舗の場所と営業時間を調べて足を運び手続きをする労力と時間、そしてリスクを考えると、35ドルの通販は悪くない、と思います。その差たった1900円。(1ユーロ140円、1ドル100円換算)

次は、イタリアvodafoneのsimでも買おうかな~♪
[PR]
by ririta8500g | 2014-06-30 19:37 | ぱとろ~る(ちょい遠)
これは、
<プラン比較編>
<海外プリペイドSIMを日本で購入編>
<海外プリペイドSIMをアクティベート編>
<使用機器編>の続編です。

プリペイドSIMにチャージするには、現地のコンビニやスーパーなどでチャージ用のカード(iTunesカードみたいなもの)を買って行うのが一般的ですが、せっかく日本でSIMを購入したんだし、チャージも日本でやりましょう!

ここで注意しなければいけないのは、クレジットカードの発行国およびPaypalアカウントの国籍です。
これらを使ってWebで現地SIMへチャージしようとする場合、現地の国で発行されたものでないとダメ、という場合がちょくちょくあるようです。
最近、イタリアVodafoneでは日本のカードも使えるようになったようですが、イタリアTIMでは、いまだに日本のカードもPaypalアカウントも使えません。

で、困っておられる記事をよく見かけるのですが、ちゃんと方法はあります。

RECHARGE MYSIM(http://www.rechargemysim.de/)では、1回3.9ユーロ(2014年6月現在)の手数料で、日本のクレジットカードを使って現地SIMにチャージができます。
ただ、手数料がもったいないので、現地の国のpaypalアカウントを作成し、日本のクレジットカードを登録する方法をご紹介しましょう。
以下は、イタリアpaypalの例です。

<paypalアカウント登録>
1)イタリアpaypalにアクセスし、「registari」をクリック
https://www.paypal.com/it
f0165303_22360100.jpg

2)国はイタリア、言語は英語を選択
f0165303_22365489.jpg

3)必要項目を埋めて登録
f0165303_22374680.jpg

あとはアカウント情報に日本のクレジット情報を登録すれば完了。

<チャージする>
以下は、イタリアTIMの例です。
1)通信事業者(キャリア)の公式サイト(http://www.tim.it/)へ
・「AREA CLIENTI 119」→「REGISTRATI」をクリック
f0165303_2243557.jpg

・Numero di telefono: SIMの電話番号を入力
・Codice di sicurezza: 下に表示されている画像の文字を入力
f0165303_22441283.jpg


2)
・INSERISCI IL CODICE SMS: <使用機器編>で述べた、最初にSMSで送られてくるパスコードを入力("ABCD EFGH"の形式で入力する)→「VAI」クリック
f0165303_22445546.jpg

次の画面で、本パスコード(数字のみ)、メールアドレスなどを登録したら、サイトに入れます。
次回からは、電話番号と、本パスコードでログインできます。

3)
サイトのあらゆるところに、「RICARICA(リチャージ)」又は「RICARICA SUBITO(今すぐチャージする)」ボタンがあるので、それをクリック。
f0165303_22534125.jpg

チャージしたい金額を指定し、SIMの電話番号を入力し、Paypalを選択し支払う。
f0165303_22561625.jpg


4)数分後、アカウントに反映される。

これで終了です。

無事チャージされたか確認するには、Webのアカウント情報を見る他にも方法があります。
日本にいるときは、スマホのローミングをONにし、*123#に電話すると、残高が表示されます。
又は、40916に「CREDITO」と入力してSMSを送信(通信料は無料)すると、残高をSMSで受信できます。

次回は、一週間10ユーロで海外でネットするための、<プラン詳細編>です。
[PR]
by ririta8500g | 2014-06-29 23:00 | ぱとろ~る(ちょい遠)
これは、
<プラン比較編>
<海外プリペイドSIMを日本で購入編>
<海外プリペイドSIMをアクティベート編>の続編です。

私のはコレ。
f0165303_12525244.jpg

スマホ:docomo レグザフォンT-02D Android 4.1 simロック解除済
タブレット:ipad mini retina wifiモデル
モバイルwifiルーター:NECアクセステクニカ製 mr03ln

●モバイルwifiルーター(MR03LN)
海外プリペイドSIMの行き先は、複数台使いたいのでこのルーター。
これは、公式にはsimフリー端末ではないので不安でしたが、ごくふつーに使えました(^^v
少なくとも、イタリアTIMに関してはOK。
マニュアルには、「3G回線契約のみのUIM カード(microSIM)はご利用になれません。」とありますが、これも大丈夫でした。
LTE契約つけてなかったのですけどね。
SIMフリーじゃないiphoneやipadも、海外SIMなら使えるようですし、なにかとルール適応外なのかもしれません。

wifiでの接続で、通信なし状態5分経過後にウエイティングに移行するよう設定しておき、海外で使ってみました。
朝、満充電にしておき、日中はipad又はスマホから時々アクセスする程度。12時間後バッテリーは50%ほどでした。優秀ですね。
田舎にいくと、電波を探そうと必死になるのか、本体が熱くなってました。そのときはバッテリーの減りも早かったような。。。

●スマートフォン(T-02D)
simロック解除済のスマホにもさしてみました。
これまたふつーに、使えます。
docomoスマホは、simロック解除しても、docomoSIM以外はテザリングできないのですね。けちぃ~

wifiルーター(MR03LN)はSMS非対応なので、SMSを送受信したいときは、スマホにさすしかありません。
海外SIMは接続プランの設定やチャージなどを全てSMSで行うのが普通ですが、通信業者の公式サイト上でも同じことはできるので問題ないやと思っていたところ、落とし穴が。
サイトへのログインパスワードをSMSで受け取る必要があるのですね!!
まあ、初回だけなので、simフリーのスマホを持ってなかったら、そのときだけ人のを借りるのも手かもしれません。

ここで注意点です。
海外SIMを購入したら(通販であろうと店頭であろうと)、少なくとも最初の1回はSMS対応端末にさした方が良いと思います。
というのも、最初にSIMをさした時点で、公式サイトのログインIDとパスワードを記載したSMSが送られてくるようなのですが、SMS非対応端末だと、それを受け損なってしまうのです。
しっかりミスった私は、スマホにSIMをさして、自宅のPCからTIMのサイトにアクセスしてパスワード再発行の依頼をかけ、無事、SMSを受け取ることができました。ほっ。

●設定メモ
APN: tim.it
データ通信を有効にする: ON
データローミング: イタリア国内にいるならOFF、イタリア国外ならON
ネットワークモード: LTE/3G/GSM(自動)
通信事業者: 自動選択

次回は、<日本でチャージ編>です。
[PR]
by ririta8500g | 2014-06-27 12:57 | ぱとろ~る(ちょい遠)
これは、<プラン比較編><海外プリペイドSIMを日本で購入編>の続編です。

イギリスのSIMなどは現地の自販機でも売っており、誰でも購入したらすぐ使えるようですね。
しかし、イタリアのSIMは、身分証と納税者番号をSIMに紐つけして初めて使用できるようになります。これがSIMのアクティベートというもので、SIM購入後1回だけこの作業が必要になります。
通常は、イタリアの通信事業者の店舗(docomoショップみたいなとこ)に出向き、SIM購入と同時にやってもらえます。

「現地でそんな時間とれないよ!」という人のために、MOBI PASSPORTやeuropasimのサイトで購入した場合に限り、これらの手続きを彼らが代行してくれます。(代金はSIM代に含まれています)

<海外プリペイドSIMを日本で購入編>で購入したSIMが手元に到着したら、アクティベート申請依頼をかけます。
以下は、MOBI PASSPORTでの、TIMのアクティベート申請例です。

1)パスポートのスキャン
顔写真のあるページをスキャナーで撮り、JPEG形式で保存します。
カメラなどで撮影したものは不可のようです。

2)納税者番号(コーディチェ・フィスカーレ)を発行
必要事項を入力。
http://www.comuni.it/servizi/codfisc/
COGNOMEは名字、NOMEは名前、LUOGO DI NASCITAは出生国(日本人はGIAPPONEと書きます。JAPANとかJAPANESEとか書いてもエラーになります)、DATA DI NASCITAは生年月日で、日/月/年の順です。
月は、ドロップダウンリストの上から順にGennaio~Dicenbreが1月~12月に相当します。
f0165303_1716236.jpg

CALCOLAをクリックしたら、16文字の納税者番号が表示されます。
メールなどで控えが送られてくるわけではないので、画面のハードコピーをとっておきましょう。

3)MOBI PASSPORTのアクティベート申請サイトへアクセス
SIM Activation and Registration
http://support.mobipassport.com/italy/#activation

Italy SIM Registration Request Formに必要事項を記入します。
Scanned copy of your passportに、スキャンした画像をアップロード。
submitをクリックすれば、完了。
f0165303_17175850.jpg

すぐに、MOBI PASSPORTより、受付完了のメールが届きます。
サイトによると、4営業日内にアクティベート作業が完了するとのことですが、実際には営業日関係なく2日で実施されました。
作業完了したらメールが来るものと思い込んでいたのですが、送られてこなかったので問い合わせてみたら、「すでに完了してるよ」とのこと。ちなみに問合わせの回答は早かったです。

SIMには、あらかじめ5ユーロチャージされ、基本プランが設定されています。
これでSIMの準備はできました。
ああ、めんどくさい!けど、初回だけだから、我慢にゃ~

次は、<使用機器編>です。
[PR]
by ririta8500g | 2014-06-25 17:21 | ぱとろ~る(ちょい遠)
これは、前回の<プラン比較編>の続編です。

海外のプリペイドsimは、コンビニや自販機で買える国もあれば、イタリアのように店頭でパスポートを提示して購入手続きをする必要がある国もあり、さまざま。
現地に到着したらすぐに使いたいものですが、果たして購入する時間がとれるか、店は開いているのか、在庫はあるのか、など不安材料はたくさんあります。
そこで、日本であらかじめ購入する方法がないか調べてみました。

ヨドバシカメラなどで海外用プリペイドSIMカードが販売されていますが、アメリカ・香港・台湾・中国の4種類のみ。しかも¥12,000もします。高いよ!
国内の通販では、モベルのSIM。どこでも使えて一律50円/MB。安そうに見えますが、結果的に高くつきます。海外ローミングと変わりません。

で、海外通販のSIM。有名どころではこのあたりのようです。

・MOBI PASSPORT
http://www.mobipassport.com/

・europasim.com
http://www.europasim.com/
(※2014/7/23追記:EUROPA SIMは、7/18をもってサービスを終了しました)

europasimのほうが、価格設定はずいぶん高いです。TIMのSIMだと、MOBI PASSPORTは35ドルに対し、europasimは43.99ユーロ(2014年6月現在の価格)。ほぼ倍です。
サービスの内容は、両社とも変わらないようなので、安いMOBI PASSPORTにしました。
前回の<プラン比較編>で述べていたTIMのSIMの購入例です。他のSIMも手順は同じです。

購入手順
1)Mobi passportのサイトにアクセス
http://www.mobipassport.com/
・Italy sim をクリック
f0165303_10183911.jpg

2)カートに入れる
項目を選択し、Add to Cart をクリック
f0165303_1020263.jpg

3)送付情報入力
住所等必要事項を入力し、Place Orderをクリック
f0165303_10222725.jpg
f0165303_10223648.jpg

※クレジット払いをしたい場合、Paypalを選択すれば、次画面で選択できます。
4)支払情報を入力
PayPalかクレジットカードを選んで画面に従い、支払を完了させます。
f0165303_10312328.jpg

完了したら、Mobi Passportから注文確認メールが届きます。
私の場合は、丁度一週間で到着しました。
到着したら、simが使えるよう、アクティベートする必要があります。
続きは、<海外プリペイドSIMをアクティベート編>です。
[PR]
by ririta8500g | 2014-06-24 10:34 | ぱとろ~る(ちょい遠)
海外でも気軽にネットを使いたいなぁと思い、調べてみました。(2014年6月現在の情報です)
海外ローミングや海外用wifiルーターレンタルなどでは、9日ほどの旅行で1万円以上かかってしまいます。安さでいえば、海外の現地simを手に入れるのが一番ですが、これもまた問題あり。
店頭に行く時間がとれない、言葉の壁、別の国では使えない、など。

ところが、シニア旅人さんのブログを拝見すると、イタリアのプリペイドsimなら、伊国内のみならずヨーロッパ全域とアメリカでもお得に使えるプランがあるとのことで、私も早速調べてみました!

通信事業者:Vodafone Italy
プラン名:Smart Passport
使用可能国:ヨーロッパやアメリカ・カナダ
プランに含まれるもの:50分の通話、50通のSMS、500MBのインターネット接続(500MBを超えても通信できるが32Kbpsに落ちる)、全て一日あたり。
料金:一日3ユーロ
(2014年6月22日現在の公式サイトの情報より)
f0165303_210761.jpg

3ユーロで500MB/日 使えるなんてすばらしい!
しかし、3ユーロ×現地7日=21ユーロ。。
データ量はもう少し少なくていいから、もう少し安いものを探してみました。
で、見つけたのが、やはりイタリアのもの。

通信事業者:TIM
プラン名:TIM IN VIAGGIO PASS
使用可能国:ヨーロッパやアメリカ
プランに含まれるもの:250分の通話、250通のSMS、500MBのインターネット接続、全て1週間あたり。
料金:一週間で10ユーロ
(2014年6月22日現在の公式サイトの情報より)
f0165303_2103694.jpg

おー、これはちょうどいいかも。
というわけで、次回は<海外プリペイドSIMを日本で購入編>です。
[PR]
by ririta8500g | 2014-06-23 21:03 | ぱとろ~る(ちょい遠)

煌楽(きらく)

本日の南森ぱとろ~るは、あごの筋肉を鍛えておいて下さい、テンカラ定食の「煌楽(きらく)」です。

本町ガッツリさんの御用達、テンカラで有名な煌楽さんに、久々の突入です!

テンカラ定食(850円)
f0165303_083655.jpg
テンカラの意味はから揚げ10個。サラリーマンにガッツリ食べてもらいたい、という思いから始めたこのテンカラ定食。10個どころではないぞこのから揚げ、ということで数えてみたら18個。小ぶりのもの(1~2口サイズ)が多いとはいえ、かなりの個数になります。
f0165303_085388.jpg
定食なのでご飯がついていますが、正直ご飯は口直しです。ただ、ひたすらにから揚げを食べ続けていると、「これは炭水化物だ!」と分かっていても食べずにはいられなく、口蓋の油分をぬぐらせてしまうのです。
f0165303_091391.jpg

勿論、ボリュームだけのお店ではありません。行列店でそこそこ席数があるため、厨房は揚げ物一本フル回転!よって、常に揚げたてサクサクの物をいただけるのです。勿論、ジューシー且つ、しっかりした味わいがとても美味しいです。

実は、テンカラ定食の上に+100円のテンカラJANBO定食ってのがあるのですが、さすがにそれを注文する勇気はございません。お店にはHELP禁止の張り紙があり、やっぱり出されたものは美味しく、全部頂きたいですから。

テンカラ定食以外には、同じく超絶ボリュームのミックスフライ定食やチキン南蛮フライ定食
、味噌カツ定食などがあります。+60円でご飯大盛り(又はお替り)も可能ですのでガッツリに自信のある方は、一度お試しあれ。


■煌楽(きらく)
■大阪市中央区南本町3-2-19 竹本ビル 1F
■06-6253-0494
■11:30~15:00、18:00~23:00(L.O.22:00) 日祝定休

■りりたLINK
main page(旅行記他)
wine page(飲んだワインの記録)
nanmori page(本ブログ)
nagonyan page(名古屋在住時)
hiroshima page(広島在住時)


[PR]
by ririta8500g | 2014-06-21 00:10 | ごはんの時間~和

一芳亭 船場店

本日の南森ぱとろ~るは、難波が誇るしゅうまいの名店「一芳亭 船場店」です。

難波の職場に勤めていたころ、お昼休みに速攻で会社を出て食べに行ってた「一芳亭」。そういえば支店が近くにあったよね、ということで船場センタービル地下へ。行列は4人、昼休みも早めに到着すると待ち時間が少ないです。

1)しゅうまい
f0165303_0414282.jpg
全ての定食についているのが、これこそ難波が誇る一芳亭のしゅうまいです。薄焼き玉子に包まれた優しいお肉と玉ねぎと海老(の風味)。食感は非常に優しくて、軽い食感。歯にお肉がプリッと抵抗するシュウマイもいいけれど、このむにゅっと口の中で潰れていく(僅かな弾力をもつ)柔らかさがとても好きです。勿論、テーブルにおいてある醤油と和辛子をつけて食べると最高に美味しいです。

2)酢豚
f0165303_042331.jpg
結構なボリュームです。野菜は人参、玉ねぎ、きくらげ、ピーマン、たけのこで、大き目の物がゴロゴロと入っており、それぞれ歯ごたえをしっかり残したとてもよい食感です。豚もサクッ感を残しており、タレとのマッチングはとても良く結構ガッツリ入っているのも嬉しいです。そのタレも深みのある醤油の味わいと円やかなお酢のバランスが素晴らしいです。ワインを飲む割には、酢の物が苦手なりりた♂ですが、こちらの酢豚は大変美味しくいただけました。

3)酢豚定食(1,000円)全景
f0165303_0422681.jpg
ご飯はまずまず、美味しくいただけました。おかわりも可能。スープも豚と竹の子がはいっており、酢豚の口直しには丁度良かったです。

しゅうまい、春巻き、えび天、八宝菜、豚天、きも照り、酢豚と、7つの定食からの選択となりますが、提供スピードが非常に早く、注文すると、3分位(体感)であっという間に出てきて、しかも作り置き感全くありませんでした!
席数もまずまず多く、サラリーマンのランチ事情には嬉しい限りです。(行列が無かったら更にいいのだけど、このような事情で回転は速いです。)

■一芳亭 船場店 (イッポウテイ)
■大阪市中央区船場中央1-4 船場センタービル2号館 B2F
■06-6263-1146
■[月~金]11:00~20:50、[土]11:00~15:00 日祝定休


■りりたLINK
main page(旅行記他)
wine page(飲んだワインの記録)
nanmori page(本ブログ)
nagonyan page(名古屋在住時)
hiroshima page(広島在住時)


[PR]
by ririta8500g | 2014-06-20 00:42 | ごはんの時間~華

北欧遠征中〜その3

コペンハーゲン名物、オープンサンドイッチ。
f0165303_22211853.jpg

…???もっとしゃれたものを想像してたんですが046.gif
お皿もさりげにCHINATOWNとか書いてあるし!(店名ではない)
…見なかったことにしよう
[PR]
by ririta8500g | 2014-06-19 22:07

麺家きょうすけ 本町店

本日の南森ぱとろ~るは、ランチ時は行列覚悟の人気店「麺家きょうすけ 本町店」です。

今日はラーメン口(くち)だった(3日に一度はラーメン口、残りはいろいろ)ので、お昼のチャイムが鳴ったのちいそいそと麺家きょうすけへ突入です。お昼時は行列覚悟の人気店です。行列三大ラーメンは、堺筋本町のラーメン屋なら、桂邸とあとちょっと足を延ばして玉五郎六代目、かな。(余談)

1)鶏白湯魚介醤油・大盛(680円+100円)
f0165303_23275768.jpg
炙った叉焼二枚、メンマ、煮卵、海苔、青ネギの白と青な外観。スープは流行りのインパクトのある風味、まず魚介節系がガツンときた後、鶏と醤油の旨味が追従する感じです。
f0165303_23282447.jpg
麺は中太の超緩やかなほぼストレート麺。食感はツルしこっ(でも表面に細やかなざらつき感)、な感じで特徴的です。もう少し粉っぽい麺が好きなりりたですが、コチラの麺はとても出汁に合っていると思いました。
f0165303_23284851.jpg
チャーシューは炙ってあります。脂身が多めの物と、赤身中心のものの二種類でどちらも良く煮込まれ手入れホロッとしています。どちらも美味しかったけど、赤身の方が味わい深いものがありました。

2)鶏白湯魚介つけ麺・小(680円)
f0165303_23292673.jpg

f0165303_23294943.jpg

この日はカレーチューリップを頼むつもりだったので、「小」を注文。ビジュアルは普通っぽいけど、底上げしています。何故か、ラーメンよりも魚介ガツンは抑えめで、バランスの良い漬け汁となっています。
f0165303_2330716.jpg
麺もラーメンの物よりモッチリ感が増している感じがして、出汁とのバランスは良いです。

3)カレーチューリップ(+200円)
f0165303_23303285.jpg
つけ麺と共に注文。チューリップのから揚げ5本にカレー粉(+塩胡椒?)が振りかけられています。思っていたよりかなり小さめで、全部食べてもそこまでのボリュームはありません。ビールのおつまみ的な使い方がベストなのかな。つけ麺、普通盛りにしておけば良かった。

ウリの「シビ節」がりりたの経験値が足りず、そこまで認識できませんでしたが、かなり優等生的なラーメンで、流行っているのが良く分かります。お昼、もうちょっと行列がすくないと、足繁く通うのにな。


■麺屋 きょうすけ 本町店
■大阪市中央区安土町1-4-5
■06-6226-7263
■11:00~16:00、17:00~22:00 日祝休日


■りりたLINK
main page(旅行記他)
wine page(飲んだワインの記録)
nanmori page(本ブログ)
nagonyan page(名古屋在住時)
hiroshima page(広島在住時)


[PR]
by ririta8500g | 2014-06-18 23:31 | ごはんの時間~華