南森(なんもり)周辺での食べ歩き日記


by ririta8500g
カレンダー

<   2014年 04月 ( 13 )   > この月の画像一覧

本日の南森ぱとろ~るは、お肉が美味しい!けどちょっと高め「三田屋総本家カレーの店 本町店」です。

昼食時、会社を出るのがちょっと遅くなったりりた♂は昼食難民危機に陥りました。やばっ。でもそんな時はココだな!ということで、三田屋総本家カレーの店に到着。本日の割引メニューは黒毛和牛のビーフカレー・レギュラーが1200円→990円でした。

黒毛和牛ビーフカレーレギュラー(50g:990円)
f0165303_17263261.jpg
熱く熱された鉄板の上で、「ぽこっ」「ぽこっ」とカレーに気泡が立っています。カレーが熱々で供されるのは嬉しいですが、ご飯まで焼けて硬くなってしまうので微妙なところです。ルーには、ご飯の上のステーキ肉とは別に良く煮込まれた牛肉、玉ねぎ、人参、マッシュルームなどが入っています。欧風カレーの王道的な造りでわりと美味しいのですが、どこか整いすぎている感じがします。(全然わ)
f0165303_17281551.jpg
ランプ肉のステーキ50g(スペシャルは+510円で100g)。柔らかくも弾力のある肉質で、丁度良い位に、旨みののったサシ部分を含んでいました。このお肉とカレーが食せて千円以内というのは、ありがたい価格です。
f0165303_17285123.jpg
本町辺りはオフィス街。お店の数もそこそこあるのですが、なんせビジネスマンが多すぎますので、安いかちょっとこ洒落たお店はいつも行列です。その点ちょっと高めの価格が原因なのか、行列することなくいただけるこちらはりりた♂にとって貴重なお店のひとつなのです。


■三田屋総本家カレーの店 本町店
■大阪市中央区瓦町3-3-14
■06-6233-2255
■[月~金] 11:00~21:00、[土]11:00~15:00 日祝休日

■りりたLINK
main page(旅行記他)
wine page(飲んだワインの記録)
nanmori page(本ブログ)
nagonyan page(名古屋在住時)
hiroshima page(広島在住時)


[PR]
by ririta8500g | 2014-04-29 17:29 | ごはんの時間~伽

B.O.F.

本日の南森ぱとろ~るは、天神橋の隠れ家ビストロ「B.O.F.」です。

土曜日のランチタイムに訪れました。店内のインテリアは木で統一されていて、こじんまりとしていながら静かで落ち着きます。
f0165303_23515573.jpg


メニューは3種類。いずれも800円です。
A.本日のメイン、サラダ、スープ、パン(or十穀米)
B.キッシュ、サラダ、スープ、パン(or十穀米)
C.田舎風パテ、サラダ、スープ、パン(or十穀米)
全てにドリンクがつきます。
コーヒー、紅茶、デザート、ワイン(+200円)から選べます。

1)鶏もも肉のピカタ、サラダ、スープ、十穀米
キャベツのスープと十穀米

f0165303_23483059.jpg
野菜はピューレ状になってます。しっかり野菜のコクはあって、でもやさしい味でした。十穀米は美味しかったけど、そんなに沢山の種類入ってたっけ?な感じでした。

サラダ
f0165303_2349174.jpg
一見普通っぽいのですが、あなどれません。酸味がほどよく効いていてすっきりとしたおいしさ。魚(鯖?鰆?)のマリネも入っていて、これがなかなかイケてます。

鶏もも肉のピカタ
f0165303_2349193.jpg
しっかりした肉質の地鶏系鶏ではなく、ほわっと柔らかい(ちょっとブロイラー系の)肉質がピカタに向いているのですね。焼きおよび塩加減は文句なし。とても、おいしかったです。


2)田舎風パテ、サラダ、スープ、パン
f0165303_23494681.jpg
ごろごろした肉の部分となめらかなペースト状の部分、そしてナッツ。定番っちゃあ定番のパテですが、これもおいしい。
味わいはマイルドなので、もっとハーブやスパイス、素材などでパンチを効かせてもいいかもと思いました。(というか、そのほうがワインに合う?)
そうなると好みが分かれてしまうのでしょうか、私の好みとしては、セミドライいちじく入れて欲しいな。
添えてあるのは、マスタードかと思ったら、和からしで、これが絶妙に合う!びっくりです。

ワイン
f0165303_2350690.jpg
+200円で飲み物がワインに変更可能なのは嬉しいシステム。白と赤のワインに変更したのですが写真のグラス、映りよりもかなり大きめ。なみなみと注いでくれましたので、たっぷりと酔えました。なかなか美味しいワインでしたよ。


3)デザート(+400円で追加してもらいました)
いちごのタルト

f0165303_23502567.jpg

ガトーショコラ
f0165303_23504046.jpg
デザートは普通かな。いや、他のコスパが絶大なので、平凡に思えるだけかも。


土曜日の12時ごろという、絶対混みそうな時間に行ったのですが、私たち以外には1・2組いただけ。
お店は、調理とサービスを一人でこなしておられるようでした。
ですので、運ばれてきたお料理をネタに、しばし給仕の方とおしゃべりを楽しむというスタイルは難しいです。逆に、放っておいてほしい人には絶好。千円以下でおいしいフレンチを食べたくなったら、気負わずふらっと行ける、そんないいお店だと思います。(コスパ良いです!)

※あと、ワインの持ち込み料がとてもリーズナブルです。
・一人1,000円(の持ち込み料)
・一人500円(の持ち込み料)+1ドリンク
・二人でワイン1本注文で持ち込み無料
(上記いずれも、一人2,500円以上の料理を注文)
・5,000円のコースで持ち込み無料
・パーティーセット500円で持ち込み無料

(注)3月の訪問でした。価格はすべて内税でしたが、若干の変更はあるかもしれません。


■B.O.F.(ビーオーエフ)
■大阪市北区天神橋3-9-1 昭和ビル 1F
■06-6353-5100
■[月~土・祝]12:00~14:00、18:00~22:30(L.O)
 [日]18:00~22:30(L.O)

■りりたLINK
main page(旅行記他)
wine page(飲んだワインの記録)
nanmori page(本ブログ)
nagonyan page(名古屋在住時)
hiroshima page(広島在住時)


[PR]
by ririta8500g | 2014-04-26 23:55 | ごはんの時間~仏

松葉の鰊そば

本日の南森ぱとろ~るは、京都にしんそばの銘店「松葉」の片鱗を自宅で頂きました!

無性に美味しいお蕎麦が食べたくなり、近くのスーパーで購入!京都で鰊蕎麦といえばこちら「松葉」さんです。
f0165303_0294883.jpg
お店で食べると1杯1,200円となりますが、スーパーで紋所品を購入すると半分以下の価格(笑)で済みます。
因みに松葉の出汁はスーパーでは売っていませんので、お好みで。
f0165303_030581.jpg
これがスーパーでの購入品。鰊がちょっと高いけど、食べに行くことを思えばOKさ!(←口グセ)

※松葉の出汁、売っていました。カツオベースの結構甘めの出汁でした。これを使えば、ほぼ松葉のにしんそばが自宅で再現できます!

■りりたLINK
main page(旅行記他)
wine page(飲んだワインの記録)
nanmori page(本ブログ)
nagonyan page(名古屋在住時)
hiroshima page(広島在住時)


[PR]
by ririta8500g | 2014-04-24 00:30 | ごはんの時間~家

天天有 大井町店

本日の南森ぱとろ~るは、関西人なのだけど東京で初体験「天天有 大井町店」です。

関西だけでもけっこう多店舗あるのに、実はレトルトでしか食べたことのない「天天有」さん。何故か東京で初体験です!
三次会の後、ホテルに転がり込む前、「一杯いっとく?」で訪れました。んで、全員がチャーハン(小)セット。どんなけ食べるねん。

1)鶏白湯(単品690円)
f0165303_22532280.jpg
柔らか薄いチャーシューと九条っぽいネギ、シナチクとモヤシ。シンプルなビジュアルで、ほこっとした仄かな甘い香りが漂います。
f0165303_22534261.jpg
麺は、少しエッジが効いている中細ストレート麺。弾力感は少な目ですが、しっかりとスープを受け止めています。
f0165303_22535845.jpg
スープは流石に鶏の旨味を感じさせられ、カエシの濃度も丁度いい位です。その分甘味は少し控えめな感じがしました。(酔っているから?)
チャーシューはそのまま食べるとイマイチなのですが、横綱みたいに麺やスープ、そしてネギに絡めて食べるととても一体感が出て美味しいです。

2)炒飯(黒)(鶏白湯とセットで950円)
f0165303_22541465.jpg
意外と美味しかったのがこの炒飯(黒)。ちょっと焦がし感のある濃い目の醤油ダレ味。パラパラ感も十分でごはんと具のバランスもちょうど良いです。また、同じ醤油を使っているのか、鶏白湯との相性も文句なし。お勧めです。

3)鶏塩(690円)
f0165303_22543395.jpg
同僚の注文品。スープを一口頂きました。おぉ、よりポタージュっぽい優しい味わい。鶏白湯からカエシを引いて、その分塩(アンデス産ほか3種とのこと)で味を調えた感じです。より「鶏」を感じます。バリエーション増やすために無理やり作ったのかな、と思いましたが、これは十分「アリ」のような気がします。後半変化をつける必要があるかもしれませんが。

いや、初天天有はなかなか美味しかったです。しいて言えばもう少し麺に力が欲しい気もします。

■天天有 大井町支店
■品川区大井1-50-5 阪急大井町ガーデン 1F
■03-5742-6477
■11:00~翌1:00(L.O.翌0:30)無休

■りりたLINK
main page(旅行記他)
wine page(飲んだワインの記録)
nanmori page(本ブログ)
nagonyan page(名古屋在住時)
hiroshima page(広島在住時)


[PR]
by ririta8500g | 2014-04-21 22:55 | ごはんの時間~華

客を待つ、骸骨

本日の南森ぱとろ~るは、久々の写真館!「大阪の風景」です。

先日、ぷらっと難波の方へ行きました。帰りに日本橋から長堀橋まで歩いたのですが、その時の風景です。
f0165303_18531918.jpg
整骨院さんの窓から骸骨が風景を見ています、というかお客さんを待っているように見えます。「誰か来ないかなー」って。下の洋食屋さんにもへんなキャラクターが描かれており、妙に面白かったので、パチリ。

f0165303_18533541.jpg

堺筋から覗いた飲み屋さんの通りです。電線のごちゃごちゃ具合や雑多な印象がミナミっぽいです。

■りりたLINK
main page(旅行記他)
wine page(飲んだワインの記録)
nanmori page(本ブログ)
nagonyan page(名古屋在住時)
hiroshima page(広島在住時)


[PR]
by ririta8500g | 2014-04-20 18:56 | 写真館!
本日の南森ぱとろ~るは、肉食系女子会を「バルバッコア・グリル 心斎橋店」で、です。

基本メニューは、シュラスコの肉食べ放題+サラダバーのサラダ食べ放題の4,400円のみ。
飲み放題は、ソフトドリンク飲み放題(+1,000円)、ハウス・アルコール系やちょっと上のクラス、更にワイン系15種とか、何でもOK(+2,500円)まで豊富なのが嬉しいですね。
ビールをクイッといきたい気分なのだけど、お腹をお肉にフォーカスさせたいので、今回はソフトドリンクのみとしました。

・サラダバー
f0165303_23153867.jpg
ありがちな葉野菜だけでなく、ヤシの芽や、豆、オリーブなどもありました。ピクルスなどは、お口直しに良いですね。
f0165303_23161298.jpg
野菜ジュースは、とても口当たり良く甘めに仕上げてあるので、苦手な人でも大丈夫。ショットグラスでくいっといきましょう。
f0165303_2316295.jpg


・肉・肉・肉
f0165303_2316491.jpg
大きな串に刺した肉を持って、店員さんがくるくるとテーブルを回ってきてくれます。牛のいろんな部位、豚、鶏、焼いた玉ねぎ、じゃがいも、パイナップルなど、種類もさまざまです。
f0165303_23171361.jpg
ちょっとずついろいろ味わってみたい、と少しずつ取り分けてもらったつもりでも、トータルではけっこうな量になってしまうので10種類以上ある肉メニュー、計画的に食べないと制覇できません。
それと・・・ウェストゆるめの服が必須です(^^;
f0165303_23173115.jpg
また、テーブル上のコインによる「もっと肉ちょうだい」「もう、ええわ」はとても素晴らしいのですが、もっと食べたいけど、お話もしたい!っていうパターンは、調整が難しいですね~。緑コインの時「肉どうですか~?」と来てくださるのはありがたいのですが、そのたびに会話が中断されてしまいます。
自分のペースで食べたりお話したりするには、コインの使い方にちょっと熟練が必要なのかも。

公式HPのフォームから予約しようとしたら、希望の時間帯が満席でしたが、念のため電話で聞いてみたら、即答でOKでした。実際、ガラガラだったし。
帰りに、「次、またお店開発しておいてよ」と、満腹の元祖肉食女子に言い渡されました。
さて次はどこ行こうかな~。

■バルバッコア・グリル 心斎橋店
■大阪市中央区心斎橋筋1-1-10 ラ・ポルト心斎橋8F
■06-6120-7020
■営業時間[月~金]
 11:30~15:00(L.O.14:00)
 17:30~23:00(L.O.22:00)
 [土・日・祝]
 11:30~16:00(L.O.15:00)
 17:30~23:00(L.O.22:00)
[PR]
by ririta8500g | 2014-04-19 23:18 | ごはんの時間~他

MA~なべや 大阪店

本日の南森ぱとろ~るは、蒸ししゃぶだからヘルシーなハズがお腹いっぱいで逆効果か「MA~なべや 大阪店」です。

宴会利用です。牛ロース食べ放題が120分で食べ放題2,480円(税別)!という内容に惹かれてわくわくしながら突入です!
(飲み放題は+1600円(税別)、種類もたくさんありました)

1)やさいたっぷり
f0165303_215353.jpg
最初から蒸籠には野菜が一杯敷き詰められています。白菜・水菜・もやし・人参・しめじ・えのき・白ネギ・玉ねぎ・さつまいも・南瓜・春菊・芽キャベツ・ごぼう・ヤングコーン・ブロッコリー・アスパラガスなど、ビックリのボリュームと種類です。

2)ロース肉
f0165303_21532433.jpg
直径40cm位のこのお皿が二段ずつ積まれて用意されます。こちらでビックリしたのはお代わりのレスポンスの速さ、最初の4皿枚は頼みもしていないのに補充されていました。素晴らしい!お肉そのものは普通に美味しいです。

3)蒸籠
f0165303_21534059.jpg
蒸しているところです。金属製の蒸し器の下部分には出汁がはってあり、定期的にお湯を継ぎ足してくれます。

4)蒸籠をあけると
f0165303_21535967.jpg
こんな感じです。宴会なので飲み放題をつけていましたが、ビールを飲んでお腹を膨らすのが勿体ないです。

5)やさいお代わり
f0165303_21542955.jpg
120分内なら野菜もお代わり自由です。見ての通り、種類も非常に多いです。

6)ラーメン投入
f0165303_21544529.jpg
もう食べれねぇ~位たべ切ったあとは、ラーメンで〆です。木製な蒸籠の上部分をとると、お肉と野菜の旨味が滴り落ちているスープが待っています。

7)ラーメン
f0165303_2155257.jpg

二分待ってから、いただきます!普通のラーメンとはちょっと違いマロニーっぽい麺です。スープには肉の旨味がしっかり溶け込んでいてとても美味しい!

コチラのお店は、とにかく店員のレスポンスが良かったのが印象に残っています。
折角の食べ放題でも、注文してから供されるのに時間がかかるとげんなりするのですが、お肉、野菜、飲み物、さらにラーメンまで素晴らしいレスポンスで供されました。

その印象もあってか、とてもお得感のある宴会となりました。
[PR]
by ririta8500g | 2014-04-17 21:55 | ごはんの時間~和
本日の南森ぱとろ~るは、おおさかワインフェス2014in羽曳野です。

当日まで名前も知らなかった駒ヶ谷駅で降りてビックリ。駅近くの公園会場は超混みこみで前売り券を持っていない方は入るのに相当時間がかかりそうな感じでした。
f0165303_23325615.jpg
このイベントは、昨年に続いて二回目(野外は初)とのことで、大阪のワイナリー6社(カタシモワインフード、飛鳥ワイン、仲村わいん工房、河内ワイン、ひめひこワイン、フジマル醸造所)が合同で行う大試飲イベントです。
f0165303_23331065.jpg
参加費は500円。500円分のチケットとご覧のプラスティックグラスがついています。追加も、100円単位からチケットが販売されているのでチケットが無駄にはなりまん。ちなみにワイン料金は300~900円でした。
f0165303_23332725.jpg
食事も、ワインを愛する23の飲食店が集合し、500円位が中心でちょこちょこっとつまみやすい感じでした。
コチラは、狭山市のイタリアン、ジューダ・バレリーノさんの「炭火焼ホットドッグ」。
f0165303_23334596.jpg
サルシッチャは手作り感ばっちり、(良い意味で)万人受けするハーブ香をもっていました。かつ、ジューシーでボリュームもたっぷり。カレー風味のキャベツも良かった。
f0165303_2334843.jpg
こちらは柏原市のフレンチ、アントワーヌさんの「骨付きモモ肉のロースト 粒マスタードソース フランス産レンズ豆の煮込みとフロマージュブラン」です。
f0165303_23342362.jpg
主菜のお肉よし、副菜のレンズ豆よし、ソースよし。フロマージュブランを絡ませると更によし!で文句なしです。
f0165303_23344267.jpg
生演奏で、「イーゼル芸術工房」さんもいい感じに演奏され、あと、辰巳琢郎さんも来場されいろいろ飲まれてました(笑)。
f0165303_23345428.jpg
まだ、慣れていないせいか会場整理などに問題はあったものの、大変楽しくいい気分で過ごせました。
あと、全国的には「大阪のワイン」ってあまり知られていないのだと思っていたのですが、一時は入場制限もかかるのか、と思えるほどの盛況ぶりはとても嬉しかったです。


■おおさかワインフェス2014in羽曳野
■2014 年4 月13 日(日) 11:00~16:00 雨天決行
■羽曳野市駒ヶ谷駅西側公園 大阪府羽曳野市駒ケ谷133-1

■りりたLINK
main page(旅行記他)
wine page(飲んだワインの記録)
nanmori page(本ブログ)
nagonyan page(名古屋在住時)
hiroshima page(広島在住時)


[PR]
by ririta8500g | 2014-04-15 23:35 | ぱとろ~る(ちょい遠)

クッカーニャ

本日の南森ぱとろ~るは、激戦区・靭公園あたりに移転後、初めて訪問しました新生「クッカーニャ」です。

ナニワ筋をずっと南下、靭公園の手前に移転した「ラ・クッカーニャ」改め「クッカーニャ」です。
まずは、白ワインのデキャンタで舌を潤わせます。

1)盛り合わせ
f0165303_06462.jpg
旧ラ・クッカーニャの時の様に小皿で出てくるのではなく、盛りになったのかな。カリフラワーのパン粉焼きはほこほこで美味しい、チーマ・ディ・ラーパはガーリックしっかり、パプリカのカポナータはツナ入りで単純ながらも野菜の旨味があります。

2)ホタルイカのソットオーリオ
f0165303_071730.jpg
ホタルイカの味、そのものが濃厚です。甘~いトマトと、下には仄かな酸味のドレッシングが効いたフィノッキオのサラダ。シャキシャキ感がよかった。

3)焼きリコッタチーズ
f0165303_07572.jpg
厚揚げくらい、しっかりと固まったリコッタチーズ、その分濃厚な味わいです。オレンジ?を煮詰めたソースがいい感じです。好みから言うと、若干焼き色強いかな。ビジュアルも三脚巴!(笑)。

4)タラの芽白エビのフリット
f0165303_081981.jpg
ちょっと大き目の白エビ。揚げた海老って何でこんなに香ばし旨いのか。甲殻類万歳!タラの芽の食感もよし。サクサク、サクサクあっという間に食べてしまいました。

5)カベルネ・ソーヴィニョン2008:タスカ・ダルメリータ
f0165303_083599.jpg
ここから肉料理ということで、赤ワインにチェンジ。タスカ・ダルメリータの最近のスタイルな樽ぶんぶん濃縮系です。すでに円やかで十分に飲める状況になっています。

6)ネギの豚肉巻き
f0165303_085470.jpg
豚の旨味とネギの甘味が醍醐味。ん、シチリア料理?でも、美味しいからいいです。

7)鰯のフジッリ
f0165303_091786.jpg
こちらは鰯のフジッリということで思いっ切りシチリア~ンです。美味しくて文句はないんだけど、ある意味整いすぎというか洗練されすぎでもうちょっと鰯の臭み(言い方悪いけど)を出してもシチリアっぽくて良かった気がします。

8)豚のアクアパッツァ風(と勝手に命名)
f0165303_0942100.jpg
豚肉にしっかり焼き目をつけてちょっとアクアパッツァ風に煮込んだもの。脂の多い部位とも思えないのに、とてもジューシーで旨味がありました。ソースも肉の旨味が良く出ていてGOOD!

9)トンノ(鮪)の野菜スープ系なタリアテッレ
f0165303_010445.jpg
トマト風味で纏められた香味野菜にシチリアといえばこのお魚、「鮪」のちょっとミネストローネ風なパスタとなっています。

10)ピスタッチオのケーキ
f0165303_0102621.jpg
りりた♀は締めはこっち。ピスタッチオ風味もまたシチリア風。エスプレッソとの相性もとても良いです。

11)ベン・リエのグラッパ
f0165303_0104877.jpg
りりた♂の締めはこっち。グラッパなのに思いっ切りベン・リエの風味。甘くて柔らかくてフルーティで・・・。こちらにあること教えたくないくらい、美味しいグラッパです。(お代わりしてしまった!)
f0165303_0111515.jpg


お店が広くなった影響か、はたまたスタッフを一新した影響か。若干オペレーション部分に向上の余地は残されていますが、ラ・クッカーニャ時代にはフライパンを振るうことが少なくなっていた今木シェフが、ぶんぶんフライパンを振り回す、そんな「クッカーニャ」となって生まれ変わりました。
メニューをみて注文するのもいいですが、その日の気分を告げてお任せすると、リーズナブルでシチリア~ンな満足メニューを組んでくれると思います。


■クッカーニャ
■大阪市西区京町堀2-3-4 サンヤマトビル 2F
■06-6448-3336
■17:00~24:00 月曜休日

■りりたLINK
main page(旅行記他)
wine page(飲んだワインの記録)
nanmori page(本ブログ)
nagonyan page(名古屋在住時)
hiroshima page(広島在住時)


[PR]
by ririta8500g | 2014-04-14 00:12 | ごはんの時間~伊
本日の南森ぱとろ~るは、ちょっと遅かったかな「夜桜@大阪造幣局・桜の通り抜け」です。

今年の通り抜けは、平成26年4月11日(金曜日)から4月17日(木曜日)までの7日間です。
f0165303_2592434.jpg
2日目の夜桜ですが、残念ながら盛りが過ぎた感があります。もうちょっと柔軟に開催してくれればいいのですがね。
f0165303_30418.jpg
それにしても思ったよりもピントが合っていない写真が多かったです。人が多すぎて焦るのかどうか分からないですけど。修行、修行。
f0165303_302871.jpg

f0165303_304115.jpg


■りりたLINK
main page(旅行記他)
wine page(飲んだワインの記録)
nanmori page(本ブログ)
nagonyan page(名古屋在住時)
hiroshima page(広島在住時)


[PR]
by ririta8500g | 2014-04-12 23:58 | ぱとろ~る(近場)