南森(なんもり)周辺での食べ歩き日記


by ririta8500g
カレンダー

<   2014年 03月 ( 16 )   > この月の画像一覧

近所の木蓮です

本日の南森ぱとろ~るは、春の訪れを感じる近所の「木蓮」です。

f0165303_00583563.jpg

この時期、ほんの短い間だけ近くの木蓮の木に花が咲き誇ります。先々週に来週くらい咲くな、と思ってたのが仕事が忙しくて忘れていました。今週はもうほとんど散りかけでした。でも、なんとか写真に残せて、良かったです。




[PR]
by ririta8500g | 2014-03-31 00:59 | ぱとろ~る(近場)

よつ葉ホワイトコージ oishii

本日の南森ぱとろ~るは、2014年北海道遠征その8、バターで有名なよつ葉乳業さんの直営のデザートカフェ「ホワイトコージ」です。

さて、雪印パーラーになんの興味も示さなかったりりた♀ですが、よつ葉乳業さん直営となれば耳がピンと立ちます。我が家の定番バターの双璧のひとつ(もう一つはカルピスバター)ですから。

1)たっぷりミルクプリンの白いパフェ(680円)

f0165303_23164534.jpg
注文したのは全身真っ白なホワイトパフェ。真ん中が、日本のジェラートではなくイタリアンジェラートっぽいリッチなソフトクリーム、脇の生クリームはしっかりと固めに泡立ててあります。肌理が細かく濃密で、だけどくどくなく大変美味しかったです。
f0165303_23164916.jpg
中にはミルクプリンが入っています。バランスもよく大変美味しくいただけました。11周年記念バージョンとのことでしたが、どこがノーマルと違うのだろう?

2)ベリー仕立ての恋するティラミスパフェ(880円)

f0165303_23170215.jpg
コチラはティラミスがパフェの上半分に乗っているイメージ。というかまさにティラミスでした。マスカルポーネチーズのボリュームが半端じゃない。これだけでコストの半分以かかっているのでは?と思う程たっぷり入っていました。さすが北海道??
ベリーもたくさん入っており、お口直しのコーヒーゼリーもいい感じのほろ苦さでした。
f0165303_23171234.jpg
さて、訪れたのはお昼すぎ、行列札には20分待ちとの表示でした。店頭の予約表に書き込んで40分弱で入店。ちょっと不正確かな、と思いましたが列に並ばずに他の場所で時間を過ごせるのは旅でちょっと疲れ気味のりりた♂には有難かったです。

f0165303_23172151.jpg

■よつ葉ホワイトコージ
■札幌市北区北六条西4-3-1 札幌パセオ B1F
■011-213-5261
■10:30~21:30(不定休:パセオに準ずる)



■りりたLINK
main page(旅行記他)
wine page(飲んだワインの記録)
nanmori page(本ブログ)
nagonyan page(名古屋在住時)
hiroshima page(広島在住時)


[PR]
by ririta8500g | 2014-03-27 23:22 | おやつの時間

らーめん蔵(旭川)

本日の南森ぱとろ~るは、2014年北海道遠征その8、(多分)旭川市民の御用達ラーメン店「ラーメン蔵」です。

旭川に行くならやっぱり旭川ラーメン、でも地元の方がいくお店がいいな、と思って検索しました。旭川ラーメンでも珍しく「しお」が人気のようです。吹雪の翌日の動物園からの帰りにバスを途中下車し、14時過ぎ位に訪れました、半分位席は埋まっていました。

1)ホホ肉(網走産・限定)チャーシュー麺(しお:1,250円)

f0165303_23531535.jpg
「網走産・牛ホホ肉」に惹かれて思わず注文。ご覧の様に凄いビジュアル、厚みのあるホホ肉が5~6枚浸かっています。テーブルの上に置いただけで豚の香りがプンプン。そそります。
f0165303_23532180.jpg
麺は旭川ラーメン特有の中太縮れ麺。粉っぽさをしっかり持った低加水麺、好みです。
f0165303_23532658.jpg
スープは、「塩」というよりも普通の「豚骨ラーメン」です。かなり濃厚な、豚の旨味をぎゅっと凝縮した感じのスープで、かなりの脂分を含んでおり胃の弱い方には後々ボディブローのように効いてくるでしょう。(笑)後で調べるとラードの様です。
f0165303_23533164.jpg
ホホ肉。厚みもしっかりある上に脂身がついている、ではなく「サシ」という感じの脂分がこってりついていたので、これまたへヴィー。初めの2~3枚目位までは美味しくいただけましたが、あとはちょっとキツかった。

2)味玉らーめん(しょうゆ:850円)

f0165303_23533634.jpg
f0165303_23534488.jpg
こちらはしょうゆ。塩らーめんとベースは同じ感じで、ベースの「豚骨ラーメン」に塩風味を付けますか、醤油風味ですか、味噌風味(食べてないけど)ですか、と思えるバリエーションです。
濃厚かつ旨々なのは間違いないですが、スープだけの印象を見ると、あまり旭川ラーメンっていう感じがしないですね。
f0165303_23534946.jpg
f0165303_23535446.jpg
通常のらーめんに、チャー玉めし、チャーマヨめし、ねぎチャーシューめし、肉おにぎり、ご飯のいずれか+味玉で990円の「いちおしセットメニューが大人気で、」周りの人は、ほとんど定食メニューを食していました。
超絶、胃が立派なんですね、旭川の方は。
と、いうことで胃の方はキツかったですが、美味しいラーメンを堪能いたしました。

■らーめん蔵
■旭川市豊岡5条2丁目4-3
■0166-32-2345
■11:00~20:30(L.O.)スープ完売次第閉店 不定休




■りりたLINK
main page(旅行記他)
wine page(飲んだワインの記録)
nanmori page(本ブログ)
nagonyan page(名古屋在住時)
hiroshima page(広島在住時)


[PR]
by ririta8500g | 2014-03-26 23:57

本日の南森ぱとろ~るは、2014年北海道遠征その7、札幌での朝ごはん、食べきれない程の種類がある「グラスシーズンズ@京王プラザホテル札幌」です。

バイキング形式の朝食は通常2,000円ですが、宿泊者割引で1,800円でありました。
流石に客室507室を誇るビッグホテルだけあって、かなり広いスペース。席間もかなりあります。7時過ぎでそんなに混んでいなかったからか、窓際のいい席に案内されました。

f0165303_23042222.jpg

f0165303_23042915.jpg


1)一般的な朝食パターン
f0165303_23032275.jpg

f0165303_23031117.jpg

まずはこんな感じ、普通の朝食パタンで盛ってみました。ひと皿目の和風、見えにくいけど後ろのお魚はすべて違う種類です。モーニングブッフェは全80品ということで、さて何品食べることが出来るでしょうか。


2)北海道の朝!自慢の朝食一品コンテスト優秀賞「まるごと道産!10種の野菜と厚岸産花咲蟹が入った食べるモーニングスープ
f0165303_23033593.jpg

f0165303_23032850.jpg

因みに10種の野菜とは、全て道産の玉ねぎ、人参、キャベツ、じゃが芋、牛蒡、トマト、長いも、長ネギ、舞茸、本シメジです。見た目、具はスープに沈んでいるため写真のような感じですが、底を掬うと色々な具が出てきますよ。甲殻の旨味と野菜のそれがうまくマッチしていてとても美味しかったです。スープのトッピングはレフォール(西洋山葵)、チーズゼリー、ミルクゼリーから選ぶことが出来ます。


3)いろいろ(おかゆ、うどん、カレー)
f0165303_23034970.jpg

f0165303_23035686.jpg

f0165303_23040734.jpg

ごはんは、白ご飯(ななつぼし)、山菜ごはん、そしておかゆ。プラス、ご飯のお供がたくさん選択できます。うどんのコシはまずまずしっかりで、イカリングカレーはちゃんと烏賊の風味が出ていました。(割とスパイシーでした)


4)デザート
f0165303_23041569.jpg

デザート、それからソフトドリンク(ドリンクバー)も充実していました。ご飯のお供と同じくデザートのシロップも大変多く、選び甲斐があります。

一品一品がすべて素晴らしい訳ではありませんが、数泊しても楽しめるだけの種類の多さがあり、暫く通って気に入った品々をワンプレートにまとめ上げたい、という野望を抱かせられた朝食でした。
f0165303_23043785.jpg


■京王プラザホテル札幌(グラスシーズンズ)
■札幌市中央区北五条西7-2-1 京王プラザホテル札幌
■011-271-0111
■6:00~10:00 無休
■http://www.keioplaza-sapporo.co.jp/index.php/restaurantAndBar/view/47





[PR]
by ririta8500g | 2014-03-25 00:05 | ぱとろ~る(ちょい遠)
本日の南森ぱとろ~るは、2014年北海道遠征その6、旭川での朝ごはんはお腹いっぱい「プリミエール@旭川コートホテル」です。

旭川駅のほんのすぐ前です。朝食付きプランで宿泊、旭山動物園へのバスはホテルの真ん前の停留所から出発なので、開園に間に合わせる予定だと9時30分にホテルを出れば大丈夫です。(バスに座るには早めに出た方がいいと思います。)


1)りりた♂の朝食
f0165303_2394947.jpg
旭川動物園、冬季は10時30分からの開園です。旭川を立つ前にやっぱり美味しい旭川ラーメンを食べなきゃね、ということで動物園後にラーメンをしっかり食べること考えると、朝に目いっぱい食べて動物園では食事なし方針に決定です!

2)りりた♀の朝食
f0165303_23101451.jpg
朝食は1Fの「プリミエール」で、チェックイン時に朝食券を頂きました。朝食はバイキング!ご飯に始まり、味噌汁・サラダ・切干大根などの一品もの・お魚(複数)などの和食系と、パンを中心にハムやウインナーなどの肉類、いろいろ卵料理、さらに中華系もちょっと混ざってなかなかのバリエーションがあります。多分、缶詰だと思うのですが、豆のサラダなどが嬉しかったですね。味もまずまずでした。また、飲み物などは普通のビジホレベルですが、席もゆったりしていてなかなか良かったです。

旭山動物園でののお昼は結構込み合いますので、朝にホテルでガッツりな、こんなパターンもいいかと思います。

■コートホテル旭川(レストラン プリミエール)
■旭川市一条通9-50-1
■0166-26-0510
■チェックイン15:00 チェックアウト翌11:00
[PR]
by ririta8500g | 2014-03-24 01:07 | ぱとろ~る(ちょい遠)

リニューアル!平等院

修復中の平等院鳳凰堂。
先日ようやく正面の足場がとれ、きれいに見えるようになりました。
f0165303_1019324.jpg

今まで、観光客から「えっ!これが10円玉の?(ボロっちい…)」の声が必ず上がる古びた外観だったので、修復工事自体は大歓迎なのですが、地元住民の最大の懸念事項は「キンキラキンになってしまうんやろか…」。
疑惑は、払拭です!!
ほっとした…。
全体は渋い色味のマットな朱色で、金の装飾は控えめに散りばめられています。
よかった…。

f0165303_10205612.jpg
※裏はまだ足場も残ってる

今はまだ鳳凰堂の中には入れませんが、なんといっても、正面はきれいにみえるしガラガラにすいてます!
チャンスですよ~!

■平等院
■京都府宇治市宇治蓮華116
■電話:0774-21-2861(FAX:0774-20-6607)
■拝観料:大人600円(修復中の3月末までは300円)
※鳳凰堂内部は、平成26年4月3日より公開。
 受付:午前9:10~午後4:10
 (午前9:30より拝観開始、以後20分毎に1回50名)
[PR]
by ririta8500g | 2014-03-23 10:23 | ぱとろ~る(近場)

本日の南森ぱとろ~るは、2014年北海道遠征その5、札幌駅JRタワー展望台のカフェ「ティーカフェ」です。

地上160m、38階の展望台からみる雪の札幌はとてもきれいでした。四方ともに大きな窓でとても開放的な空間です。

f0165303_01240816.jpg
f0165303_01241837.jpg
ソフトドリンクはSサイズとMサイズを選ぶことができます。また、ケーキやパン、サンドイッチのような軽食をとることもできるようです。あとは、店の横のテーブルを使ってもいいし、窓に面した椅子に座ってのんびりいただけます。りりたは、始めは窓辺で景色を見ながら頂きましたが、けっこう日差しが強かったです。
f0165303_01242786.jpg
コーヒーそのものは思ったより本格派でコクがありました。カプチーノも。+700円(4/1以降720円)の入場料がかかりますがとても満足感できました。
f0165303_01243394.jpg
トイレには、必ず入ってみてください。面白いですよ。

f0165303_01244435.jpg

■ティーカフェ(T'CAFE)
■札幌市中央区北5西2 JRタワー 38F 展望室 タワースリーエイト内
■011-209-5062
■10:00~23:00(6月1日~9月30日は9:30~)無休


[PR]
by ririta8500g | 2014-03-21 01:28 | おやつの時間

本日の南森ぱとろ~るは、2014年北海道遠征その4、千歳空港の十勝「ドライブインいとう豚丼名人 新千歳空港店」です。

さて、千歳空港での選択肢は非常に多いです。ラーメン道場で10店、松尾ジンギスカン、スープカレーのlavi、海の幸の居酒屋さん系、そしてフードコート。その中で、選択したのが十勝豚丼。やっぱ釧路・十勝・帯広方面ってあまり行きませんから、ここで食べとかないと・・・。

1)豚丼(945円)

f0165303_00383181.jpg
このテカり、いいですね~。お肉はロースかな、脂身もあれば肉々しい部分もあります。食感は歯ごたえがありつつも硬すぎずいい感じに納まっており、タレは照り焼き風というか焼き鳥風というか、ちょっと香ばしさも相まってとてもよかった。
f0165303_00384150.jpg
豚丼には漬物と味噌汁がついていています。タレはご飯には掛かっていなくて、ご飯に肉のタレを擦り付けつつ、お肉は強めのタレをご飯に逃がしつつ、ちょうどそれぞれ補完な感じがいいですね。

2)30食限定、ヒレ豚丼(1,470円)

f0165303_00384767.jpg
このヒレ豚丼はヒレ肉オンリーだけに豚の脂が全くありません。こちらで使われている芽室産ケンボローポーク、脂にも旨味がありますので、普通の豚丼でOKかな。脂身がどうしても苦手な方はこちらでいいと思いますが、+525円の差はちょっとありすぎ。
f0165303_00385227.jpg
普通の豚丼で千円弱っていうのはどうしても割高感がありますが、一度食べておく価値はあると思います。尚、テーブルには生姜のパウダーと山椒が置いてありますが、おすすめは最後にちょぴっと残しておいて、山椒で頂くといい感じで締めくくれると思います。


■ドライブインいとう豚丼名人 新千歳空港店
■千歳市美々 新千歳空港 国内線ターミナルビル 3F
■0123-46-4200
■10:00~20:00(L.O)無休





■りりたLINK
main page(旅行記他)
wine page(飲んだワインの記録)
nanmori page(本ブログ)
nagonyan page(名古屋在住時)
hiroshima page(広島在住時)


[PR]
by ririta8500g | 2014-03-20 21:07 | ごはんの時間~和

本日の南森ぱとろ~るは、2014年北海道遠征その3、美唄名物の角屋のやきそばです。

HPによると、「炭坑の抗夫が仕事前の時間がないときなどに、空腹を満たすのに手軽に食べられる商品はないかと考え出したのが、この袋入焼きそば」とのことです。
今回は大丸の札幌店地下1Fで購入です。

1)角屋の塩やきそば

f0165303_21061040.jpg
袋を破っていきなり頂きます。や、美味しい。バジルの風味がかなり効いています。意外ですが、やきそばにバジルって合いますね。こんど、市販のやきそばを買ってバジルソースと出汁で作ってみよう、という気になる位に相性がよかったです。

2)味付ゆで焼きそば【復刻版】

f0165303_21063798.jpg
こちらは、普通にフライパンで焼いてから頂きました。ソースもちろん付けずにそのまま焼いてみたのですが、直ぐに焦げかかったため慌ててオイルを入れたら間違って、オリーブオイルを入れてしまいました。因みにオリーブオイルとこの麺は合いません!みなさん気を付けてください(そんなんするの私だけですね)、ということでソース味は評価対象外です。
f0165303_21071457.jpg
ただ、味は別として、食感は温めなおすとちょっとゴムっぽいところが強調されていたように思いますので、りりた的にはそのまま頂くのがいいと思います。焼きそばパンの中身的みたいな感じで。
f0165303_21515264.jpg
他にも、石炭やきそばやスペシャルモノもあるみたいなので、一度食べてみたいですね。あと、塩やきそばは必食で!




■りりたLINK
main page(旅行記他)
wine page(飲んだワインの記録)
nanmori page(本ブログ)
nagonyan page(名古屋在住時)
hiroshima page(広島在住時)


[PR]
by ririta8500g | 2014-03-16 22:11 | ごはんの時間~他

本日の南森ぱとろ~るは、2014年北海道遠征その2、スープカレー続きの「メディスンマン」さんです。

札幌駅近くのホテルから地下鉄と市電を乗り継いで、更に雪道を歩くこと10分あまり。ちょっと不便なところにお店はあります。到着は開店の11時30分をちょっとすぎてしまいましたら、すでに満席。人気なんですね。

1)チキンカレー(1,090円)+HOT2(100円)+揚げゴボウ(110円)

f0165303_00491086.jpg
ビジュアル的にはガラクより若干大人しめですが、スープの内外には、チキンレッグ、ピーマン、ニンジン、キャベツ、タマネギ、しめじ、ジャガイモ、インゲン、パプリカ、ごぼうが浸かっています。ガラクと違ってコチラのゴボウは太目にカットされていてゴボウ的な繊維な食感が残されています。
f0165303_00491793.jpg
スープはかなり透明感が強いので、りりた的にはカレーというよりもスパイス・スープと読んだ方がしっくりきます。でも、そのスパイス感はとても華やか。サラサラなのにコクもあり、和風な旨味みとも相まって素晴らしいスープだと思います。
f0165303_00492279.jpg
ごはんも美味しい。こちらだけでなく北海道で頂いたご飯は、例外なくもちもちでとても美味しかったです。レモンをすこし絞ってかけるとカレーの風味もちょっと変わって面白いです。
f0165303_00492729.jpg
チキンレッグはしっかりとした食感。揚げ煮しているので、旨味が締まっているかな?と期待しましたが、わずかにパサつき気味なのが残念。
f0165303_00493715.jpg
最後の写真はジャガイモです。殆どの野菜が揚げられているのが特徴でしょうか。野菜も兎に角美味しいです。

最初に食べたガラクさんとの比較では、スープでは僅かにコチラの勝利。野菜は同じぐらいで、チキンはガラクさん(うーん、安いチキンも使いようだな)。でも、ほんの僅かに辛さ的にコスパが悪くなっているような気がします(チキンカレー比)。

スパイススープがあまりに美味しかったので、持ち帰り用のオリジナルHOTスパイス(350円)を買って帰りました。


■メディスンマン (MEDICINEMAN)
■札幌市中央区南十二条西10-1-18 グッドビル 1F
■011-552-5456
■[月・木・金]11:30~15:00、17:00~22:00
 [土・日・祝]11:30~22:00 火・水休日





■りりたLINK
main page(旅行記他)
wine page(飲んだワインの記録)
nanmori page(本ブログ)
nagonyan page(名古屋在住時)
hiroshima page(広島在住時)


[PR]
by ririta8500g | 2014-03-15 00:53 | ごはんの時間~華