南森(なんもり)周辺での食べ歩き日記


by ririta8500g
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

<   2013年 12月 ( 9 )   > この月の画像一覧

糀(こうじ) oishii

本日の南森ぱとろ~るは、年末の慌ただしい新大阪駅構内でちょっとゆっくりランチ「糀(こうじ)」さんです。

帰省客でごったがえしている新大阪駅、構内のフードコートではあまりゆっくり出来そうでないので改札外すぐにあるこの店に行ってきました。

1)糀ランチ(週替わり:950円)
f0165303_23532594.jpg
メイン、雑穀米、お味噌汁、小鉢、サラダ、漬物のセットです。本日の週替わりは牛筋の煮込みでした。付け合わせは、玉ねぎ、人参とブロッコリー。味わいは濃い目だったけど、出汁もまたしっかりでてて美味しかったです。
f0165303_23534486.jpg
牛筋煮込みのアップです。ほろほろむにゅって感じでよく煮込まれていました。この柔らかさは糀の威力なんでしょうか。メニュー自体が女性向けなのか、もう少しボリュームが欲しかったです。

2)自家製塩麹漬けランチ(850円)
f0165303_2354398.jpg
週代わりメインは、鯛のポワレ・・・かな。塩麹は、風味を添えるっぽくそんなに強いものではありませんが、それはそれで強すぎない、いい感じかもしれません。

3)抹茶のわらびもち(600円)
f0165303_23542454.jpg
まぁ、抹茶パウダーで普通です。

キレイな店内に加え、昼どきで混んでいたにもかかわらず、水の継ぎ足しとかはきちっとしてくれて、サービス全般の感じは良かったです。
料理は特に素晴らしいと感じるものではありませんが、使い勝手がよく料理の選択肢も多い、また駅内の施設の割にゆっくりできてこの価格ならまずまず満足できました。

■糀(こうじ)
■大阪市淀川区宮原1-1-1 新大阪駅ビル
■06-7668-0606
■6:30~23:00 年内無休


■りりたLINK
main page(旅行記他)
wine page(飲んだワインの記録)
nanmori page(本ブログ)
nagonyan page(名古屋在住時)
hiroshima page(広島在住時)
[PR]
by ririta8500g | 2013-12-30 23:54 | ごはんの時間~和
本日の南森ぱとろ~るは、大阪天満宮すぐそばのカジュアル・フレンチ「ル・レストラン・ドゥ・ヨシモト」です。

近くのビストロを探していたら、ここを見つけました。当初、スープ、メイン、パン、ドリンクの1,360円ランチが目当てだったのですが、メニューを見ているうちに前菜・メインが選べる2,890円のランチに惹かれ、そちらに決定しました!


1)サーモンマリネとポーチドエッグのサラダ仕立て(選択)
f0165303_23544625.jpg
サーモンのむちっとした食感がとてもよかった。酸味もちょうど良いですね。ちょっとボリューム的に少ないかなと思いましたが、これで充分だったことを後に知ることになります。


2)自家製ベーコンと銀杏のケーク・サレ、イベリコ豚の生ハム添え(選択)
f0165303_2355689.jpg
銀杏が散りばめられたケークサレもよかったのですが、周りの野菜の食感がコリポリっ。野菜がとても美味しかったです。

他の選択肢に、フランス産フォアグラのポワレとワイルドライス入りリゾット(+1,000円)がありました。


3)自家製天然酵母のクルミパン
f0165303_23553578.jpg
これは絶品。パン屋さんを開店できそうなレベルだと思います。


4)お野菜の暖かいクリームスープ
f0165303_2355548.jpg
野菜は柔らかく煮込まれていましたが、塩分が結構強かったです。優しいスープが良かったな。


4)フランス産もも肉のコンフィ、ローズマリーの香りをつけて(選択)
f0165303_23561696.jpg
表面はもうちょっとパリっとしている方が好みだけど、美味しい。ただ、スープ同様に結構塩辛らかったです。


5)北海道産エゾ鹿と奥丹波産イノシシのパートブリック包み焼き(選択)
f0165303_23563815.jpg

f0165303_23565045.jpg
パートブリックの中身は、ホロホロに煮込まれたエゾ鹿とイノシシ。あまりジビエっぽくは感じられませんでしたが、肉の旨味が詰まってて良かったと思います。付け合わせのレンズ豆のスープも味わい深かったです。


6)梨のコンポート入りアーモンドケーキ、バニラアイス添え
f0165303_23571023.jpg
これは美味しかった。お代わりしたいくらいでした。

7)エスプレッソ

前菜は見た目シンプルながらも美味しくパンも素晴らしかったが、スープ以降の塩加減がすべて強めでした。お肉の味わいはしっかりあったので、少し残念でした。
また、赤白と一杯ずつグラスワインを頼みました。種類は多めでしたが、味わいに比べ若干値付けが高く感じました。


■ル・レストラン・ドゥ・ヨシモト
■大阪市北区天満4-16-5
■06-6352-1554
■ランチ 11:30~14:00(LO)、
 ディナー 18:00~22:00(LO)日曜休日


■りりたLINK
main page(旅行記他)
wine page(飲んだワインの記録)
nanmori page(本ブログ)
nagonyan page(名古屋在住時)
hiroshima page(広島在住時)
[PR]
by ririta8500g | 2013-12-25 23:57 | ごはんの時間~仏

ラーメン仮面@長尾製麺

本日の南森ぱとろ~るは、麺は確かに美味しいです!「ラーメン仮面@長尾製麺」です。

近くのスーパーで半額で売っていたので、パッケージに惹かれ購入。
f0165303_2255179.jpg
スープはあっさり目の豚骨スープです、あまり特徴は感じらませんでした。
でも麺は、りりた好みの粉っぽい「ぬっ」と歯が食い込む食感のもので、なかなか美味しかったです。
f0165303_22551443.jpg
麺だけ欲しい・・・・・流石に、製麺屋さんが開発したラーメンですね。

定価の315円は麺だけ価格だとちっと高く感じますが、この美味しい麺に合うスープを見つけ出したいですね~。
[PR]
by ririta8500g | 2013-12-23 22:55 | ごはんの時間~家

炉ばたワコー

大阪は御堂筋本町駅からちょっと入ったところ。
ここはホンマにオフィス街かいって、おそらくほとんどの人がツッコむであろうディープな炉辺がそこにあります。
f0165303_2265898.jpg
入口はさびれたというか倒産して潰れた商店街、ドアはビニール、道端にテーブル置いて飲んでいる感じのおっさんたち。
「別館」と言って案内された急な階段を上るとそこは「昭和」の世界。
f0165303_2271431.jpg
ビールをピッチャーで頼んだら出てくるグラスは、ビール6缶セットのおまけ風から、これ普通の100均の焼酎コップやん、までバラバラ。おまけに、メニューには値段が全然書いてない。
あらかじめ食べログで情報仕入れてなかったら、ちょっと怖い感じがするかも。

さつま揚げ
f0165303_229548.jpg
お刺身(まぐろ、寒ブリ、カワハギ)
f0165303_2294650.jpg
国産ハラミ デラックス
f0165303_22111170.jpg
大海老
f0165303_22115893.jpg
下仁田ネギ照り焼き
f0165303_22121921.jpg
ハート型焼きおにぎり
f0165303_22124035.jpg
でも、食べ物はどれも美味しい!さすがに、ここでしか食べられない!ってものはないけど、鮮度はいいし焼き具合もいい感じです。個人的なおすすめは「さつまあげ」と「ハラミデラックス」、お刺身も美味しかった。
料理ができるたびにギシギシ・バタバタとすごい音を立てながら運んできてくれるのまで、雰囲気あります。

単純に安くて美味しい料理目当てでもよいし、県外から来た大阪らしさの片鱗を味わいたい客人にも多分「ド・ストライクゾーン」なワコーさんを一度、お試しあれ。


■炉ばたワコー
■大阪市中央区南本町3-4-9 本町センター街
■050-5869-2132(予約)
■平日(月~金)18:00-26:00 土18:00-23:00 日祝休日


■りりたLINK
main page(旅行記他)
wine page(飲んだワインの記録)
nanmori page(本ブログ)
nagonyan page(名古屋在住時)
hiroshima page(広島在住時)
[PR]
by ririta8500g | 2013-12-20 22:17 | ごはんの時間~和

カレー堂グランデ

本日の南森ぱとろ~るは、チェーン店なのに本格派、大阪・欧風カレー「カレー堂グランデ」です。

なんか美味しいカレーないかなぁとWEB探していたら、バッファローカレーに行き当たった。お、意外に会社から近いやん、ということで早速行ってきました。

バッファロービーフカレー(1,200円)
f0165303_0475695.jpg
こちらは三種のカレーが楽しめます。昔ながらの味「なにわカレー」、フルーティな味わい「欧風カレー」、そして牛筋入りの「バッファローカレー」です。今回は看板メニューの「バッファロー」しかも黒和牛のばら肉がごろっと入ったビーフを選択。流石に、ちょっと高いですね。
f0165303_0481387.jpg
スジ肉部分です。バッファロービーフカレーはばら肉とスジ肉が混在しています。臭みはほとんど無し、プルンとした食感で良く煮込まれているのが分かります。これだけでも結構イケます。
f0165303_04829100.jpg
バラ肉部分です。スプーンを縦に入れると、「ふりゅっ」と割れます。いい感じの繊維です。食感をしっかり残しつつ柔らかい、ちゃんと肉の旨味も残っているので嬉しいです。普通のバッファローカレーより400円も高いのですが、肉好きならいっとってもいいと思います。結構ゴロゴロ入っていますし。
f0165303_0484089.jpg
ルー部分です。数日間煮込んだ手作りカレーのキャッチフレーズに偽りなしと思える位、頑張り・手作り感が見えます。一口目はまずフルーツっぽい甘さが際立ちますが、その後ググッと辛みが押し寄せてきます。流行りの味わいと言えばそれまでなのですが、他のお店と比べて高めな価格設定だけに、しっかりとしたコクもあります。スパイスのフレッシュ感はありませんが、欧州風カレーのファンの方は一度試してみる価値、ありです!
f0165303_0485419.jpg
メニューです。コチラのお店は他店と違い夜は肉バルもやってて、カレーの種類も多い(なにわカレー)し、何でかバッファロービーフカレーの価格も50円高いです。でも、これだけの選択肢があるのは嬉しいですね。


■カレー堂グランデ
■大阪市中央区南本町2-4-15 マルショウエンドウビル 1F
■050-5869-5969(予約)
■11:30~16:00 17:30~23:00 不定休だが、先日日曜日に行ったら休みだった。
■http://www.geocities.jp/curry_dou/index.htm


■りりたLINK
main page(旅行記他)
wine page(飲んだワインの記録)
nanmori page(本ブログ)
nagonyan page(名古屋在住時)
hiroshima page(広島在住時)
[PR]
by ririta8500g | 2013-12-18 00:49 | ごはんの時間~伽
本日の南森ぱとろ~るは、お土産に頂いた、東京フレンチトーストケーキ@Hana SYUMPOO(はなしゅんぷう)です。

お土産に頂いたこの「東京フレンチトーストケーキ」。パッケージの中に分厚いフレンチトーストとバターが見えるビジュアルはなかなか美味しそうです。
f0165303_23453613.jpg
レンジで温めてみました。上に乗ったバターが緩く染み込んでいきます。食感、そして味わいはフレンチトーストとは全く違ってて、むしろホットケーキに近いです。仄かに香るバニラと卵の風味、しっかり染み込んだメープルシロップの味わい。それらのホットケーキ生地への浸透具合がフレンチトーストチックなのです。
f0165303_2345515.jpg
価格は、フレンチトーストとしてはちょっとお高いですが、実際はケーキ。しっかりボリュームはありますしお土産としてはちょっと面白いかも。



■ハナ・シュンプウ (Hana SYUMPOO)
■東京都千代田区丸の内1-9-1 エキュート東京 東京駅改札内 1F サウスコート
■03-3211-8922
■[月~土]08:00~22:00[日・祝]08:00~21:00
■http://www.syumpoo.com/product/frenchtoast.html


■りりたLINK
main page(旅行記他)
wine page(飲んだワインの記録)
nanmori page(本ブログ)
nagonyan page(名古屋在住時)
hiroshima page(広島在住時)
[PR]
by ririta8500g | 2013-12-12 23:46 | おやつの時間

カルダモン

本日の南森ぱとろ~るは、看板通り本格カレー、天神橋商店街の人気店「カルダモン」です。

今やカレー激戦区となった天神橋商店街の中で、変わらぬ人気を誇っている「カルダモン」に再訪です。


1)和牛厚切りカレー(950円)
f0165303_1172342.jpg
スパイス感はあるんだけど、それはあくまでもベースに存在する感じで、華やか・鮮やかなスパイス感っていうのはありません。でも、お肉と野菜、フルーティな旨味は素晴らしく、円やかな旨味のバランスは素晴らしいものがあります。それだけで、通う理由になります。もうちょっとルーが多いと嬉しいんですけど。
f0165303_1174221.jpg
お肉も柔らかく煮込まれており、スプーンを通すと繊維がきれいに解れていきます。しかも旨味はきっちり閉じ込めており、とても好みです。でも、そんなに数は多くないので+350円は微妙です。


2)牡蠣フライカレー、タルタルソース添え(900円)
f0165303_117569.jpg
土日は基本5種類のカレーから選択できますが、ベースのカレーは1種類だとおもいます。昔食べた野菜カレーは、野菜自体がブイヨンで煮込んでいたのか、妙に一体感がありましたが、今回のようなフライものはあくまでも「トッピング感覚」と思った方がよいと思います。
f0165303_1181429.jpg
タルタルソース自体は、マヨ気が強く凝ったものではありませんでしたが、牡蠣自体はほこほこしてミルキーで美味しかったです。

やはり、こちらの魅力はカレールーそのものだと思います。普通のカレーだと600円、コストパフォーマンスも充分です。無料で辛口に変更できるのも嬉しいです。(唐辛子系の辛みですが、まずまず辛いです)


■カルダモン
■大阪市北区天神橋6-5-3
■06-6358-7223
■[月~金]11:30~14:30,17:30~20:00 火・祝休日
 [土・日]11:30~18:00

■りりたLINK
main page(旅行記他)
wine page(飲んだワインの記録)
nanmori page(本ブログ)
nagonyan page(名古屋在住時)
hiroshima page(広島在住時)
[PR]
by ririta8500g | 2013-12-09 01:19 | ごはんの時間~伽

ラ・クッカーニャ

本日の南森ぱとろ~るは、ひっさびさの中之島にある桃源郷「ラ・クッカーニャ」です。

久々にシチリア料理のお店、クッカーニャを訪れました。もちろん、オープニングはアッサジーニ。
「試食する」っていう意味の前菜コースで小皿で少しづつ料理が出てきます。ベースは8種だったかな?

玉ねぎのキッシュ、ゼッポレ、南瓜のミルク風、チーマ・ディ・ラーペ、アランチーノ。
f0165303_20295825.jpg
こんな感じです。
以下の3品はアッサジーニに組み込んでもらいました。

リコッターロのカプレーゼ
f0165303_20301758.jpg
リコッタチーズでカプレーゼは初めて。こんなにミルキーなリコッタならモッツァレッラの代わりに充分です。トマトも甘くて美味しかった。

生ガキ(千珠)
f0165303_20303857.jpg
これはまずまず。

白身魚のフリット
f0165303_2031090.jpg
お魚の名前は失念。ふわっとした食感のお魚でした。サクサクの衣がいい感じです。

豚モツのメルカート風
f0165303_20312557.jpg
臭みはまったくなし。もうちょっと食感を残した方が好みなんだけど、この出汁は旨すぎる。これだけでパンが際限なく食せます。

大山鹿のロースト
f0165303_2031423.jpg
ほとんどの火入れをフライパン一個で行ってました。なんで、それがこんなに美味しいの?ほうれん草の蒸し焼き?とたまねぎのロースト。

ブロンテ産ピスタチオソース
f0165303_2032953.jpg
結構お腹いっぱいだったので、8掛けのボリュームでオーダー。でも、辺りを支配するピスタッチオの香りにノックダウン。
美味しすぎです、もっと食べたい!!

ドルチェ盛り合わせ
りんごのチャンベッラ
ビアンコマンジャーレ
リコッタのブディーノ
モディカ・チョコのセミフレッド
f0165303_20324456.jpg
やっぱり別腹でした。
さらに、おまけにパッキーノ産チェリートマト(ドライ)、リクゥイリツィア(リコリスのリキュール)もちょびっと頂きました。
f0165303_2033499.jpg

ワインはノッツェドーロ2011年、タスカ・ダルメリータです。やっぱりワインもシチリア産。
インツォリア主体にソーヴィニョン・タスカが混醸されています。
f0165303_20332643.jpg

シンプルながらも美味しい料理と美味しいワイン、イタリア~ンな会話でとても楽しかったです。また、来ます!


■ラ・クッカーニャ
■大阪市北区中之島4-3-36 玉江橋ビル 1F
■06-6448-3336
■12:00~14:00 18:00~22:00 月曜定休
■http://www.cuccagna.jp/


■りりたLINK
main page(旅行記他)
wine page(飲んだワインの記録)
nanmori page(本ブログ)
nagonyan page(名古屋在住時)
hiroshima page(広島在住時)
[PR]
by ririta8500g | 2013-12-05 20:34 | ごはんの時間~伊

グランシャン

本日の南森ぱとろ~るは、カウンターのみの劇場タイプキッチン、北新地の新鋭フレンチ「グランシャン」です。

今回は、期間限定でトリュフ尽くしコースを味わえるというので、平日の二回転目になんとか滑り込みさせていただきました。厨房が9席のカウンターで囲まれている劇場型のキッチンです。

ブランダートのタルトレット(手前)
トリュフのフィナンシェ(奥)
トリュフのフランとポルチーニのブルーテ(右)

f0165303_2034266.jpg
タルト、鱈とジャガイモのピューレはトリュフの香りと相性良いです。グラスの底のトリュフのフランはポルチーニの香りを纏って引き揚げられます。味わいがもう少し締ってても良かったと思います。

ミモレット
f0165303_2034338.jpg
ミモレットのオーブン焼き?これは普通、というかあえて出す必要はない気がします。

土佐あか牛のコンソメスープ、フォアグラのラビオリ
f0165303_20345423.jpg
コンソメスープは旨味充分、牛の味わいがとても深かく美味しかったです。ラヴィオリはもうちょっと柔らかく仕上げた方がいいと思いました。ちょっと時間が経っていたのかな。

トリュフバターとくるみパン
f0165303_20351152.jpg


白トリュフのリゾット、土佐ジローの卵と
f0165303_20353258.jpg
トリュフソース。王道。この組み合わせで美味しくないはずはありません。土佐ジローの黄身の風味も濃厚です。上にかかったチーズの風味が結構強いので、もう少し少なくした方がよいと思いました。

帆立貝とポルチーニとトリュフのクロメスキ
f0165303_20355187.jpg
クロメスキの中身はトリュフの香りがしみ込んだオイル。ムースと共にソースとして使われます。骨筒の中はバターソテーされたポルチーニ。これも美味しかったです。因みに先のあか牛のコンソメはこの牛骨からとられたのこと。

バケット
f0165303_20361484.jpg


モリ鳩とフォアグラ
f0165303_20364342.jpg
スコットランドの野鳩とフォアグラのちりめんキャベツ包み。右のムースはバターナッツ。コチラのソースは野菜の旨味がよく出ていました。肉はジビエっぽさを残しながら洗練された味わいでした。

和牛フィレ肉とフォアグラのロッシーニ風
f0165303_20372751.jpg
和牛フィレにフォアグラ、そして赤ワインのソースも含めてまさに王道的な味わいでした。大団円って感じでビシッと締まりました、ソースはどれも美味しかったです。

チーズ
f0165303_204198.jpg
ヤギ?かなり(どれも)香りが強かったので、人によってはだめかも。ちなみに私もダメでした。

洋ナシとトリュフ
f0165303_20413453.jpg
洋ナシのコンポートは美味しかったです。トリュフアイスもまずまず。

マカロンとショコラ
f0165303_20415541.jpg
マカロンはトリュフっぽい香りがしていました。ショコラはトリュフチョコであって、トリュフじゃありません(笑)。
f0165303_20422895.jpg


フューグ・ド・ネナン1999年
f0165303_20423947.jpg
ちょうどこなれてきた感じのワインで、土っぽいニュアンスが料理とあってました。値付けも妥当なラインで、ソムリエのお姉さんグッジョブ。

調理はほとんどシェフ一人、これだけの皿の数をこなされているので大変なんだろうとは思います。ただ、温め直し等もそれなりにあり、料理出来たてそのもののおいしさに欠ける部分も、少なくはありませんでした。今回はトリュフコースというちょっとスペシャルな企画、さらに夜の二回転目ということも、あったのかもしれませんが。


■グランシャン
■大阪市北区堂島1-3-4 谷安ビル 3F
■06-6344-7111
■ランチ(完全予約制) 12:00~13:30(L.O13:00) 
 ディナー 17:30~21:30(L.O21:00) 
 日曜日と、祝日・月曜・火曜・木曜のランチタイム


■りりたLINK
main page(旅行記他)
wine page(飲んだワインの記録)
nanmori page(本ブログ)
nagonyan page(名古屋在住時)
hiroshima page(広島在住時)
[PR]
by ririta8500g | 2013-12-01 20:43 | ごはんの時間~仏