南森(なんもり)周辺での食べ歩き日記


by ririta8500g
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30

<   2011年 11月 ( 6 )   > この月の画像一覧

みたらしだんご@藤奈美

本日の南森ぱとろ~るは、絶品のみたらしだんごのお店「おだんごの店 藤菜美」です。

りりた♀が学生の頃、八坂神社近くの屋台で食べたみたらしだんご。別に行列が出来るような店ではなかったけど、屋台が出てるのを見かけたら、買わずにはいられなかったあの「みたらしだんご」。
そんな名前も覚えていないけれど、忘れられない思い出のスイーツに限りなく近い味わいのこのお団子です。百貨店の催事で見かけたら、思わず購入してしまいます。

みたらしだんご(6本:525円)
f0165303_21373033.jpg
小ぶりで腰のある団子、この焦げ具合と餡との絡み具合がサイコーなのです。りりた♀にとっては限りなくノスタルジックに近い味わいなのです。

■おだんごの店 藤菜美
■全国百貨店の催事場
または、
■おだんごの店 藤奈美 工場直売所/二年坂店/清水店
■http://www.kyoto-fujinami.jp/

main page(旅行記他)
wine page(飲んだワインの記録)
nanmori page(本ブログ)
nagonyan page(名古屋在住ブログ)
nanmori page(広島在住ブログ)
[PR]
by ririta8500g | 2011-11-27 21:40 | おやつの時間
本日の南森ぱとろ~るは、激辛カレー店としてやたら有名な肥後橋南蛮亭の夜メニューのレポートです。

昼はカレーと鳥丼、夜は鳥料理をメインに営業している肥後橋南蛮亭。お昼のチキンカレーが有名ですが、香ばしい鳥が食べたくなり、夜に訪問しました。

付き出し
f0165303_21444942.jpg
ランチのカレーに付いているピクルスと同じものだと思います。ビールに合います。

鳥ミックス焼き
f0165303_2145545.jpg
もも肉を中心に手羽、ねっく、胸肉、背肉が入っているとのこと。んー、色んな食感がミックスされていて美味しい。焼きダレもしつこすぎず、あっさりしすぎず、いい感じです。

ずりと腰皮
f0165303_21452334.jpg
盛り合わせを頼んだら、次の二串と合計4串出てきました。その日によって違うのでしょう。

心臓と肝臓の間の血管のところと首まわり
f0165303_2145401.jpg
品名はちょっとあやふや。メニューにはない部位の串が供されました。

カレー・ルーとナン
f0165303_2146248.jpg
やっぱりコレは欠かせません。今回はルー(400円)とナン(300円)ですが、ちゃんと夜でもチキンカレー(550円)も食べることが出来ます、ハーフ(以下?)サイズですが。久々に食べたけど、やっぱり辛っ。

食事は鳥中心のメニュー偏ってます(当たり前!)が、お酒類は各種充実しています。ビール好きの方にはブラウマイスターとかありますし、プレミアム焼酎なんかも手ごろな価格で飲むことが出来ます。(当日の例:森伊蔵600円)
コスパもまずまずで、鳥をがつっと食べたい時は夜もオススメです!


■肥後橋南蛮亭 (ひごばしなんばんてい)
■大阪市西区江戸堀1-10-26 大川ビル 1F
■06-6444-2382
■11:30~14:00 17:30~23:00 土日祝休み

main page(旅行記他)
wine page(飲んだワインの記録)
nanmori page(本ブログ)
nagonyan page(名古屋在住ブログ)
nanmori page(広島在住ブログ)
[PR]
by ririta8500g | 2011-11-20 21:51 | ごはんの時間~和
本日の南森ぱとろ~るは、「オービカ・モッツァレラバー@阪急イタリアフェア2011」です。

もう南森ぱとろ~るじゃないんですが、大阪でのイベントはこちらでアップいたします!
カンサイタリーに合わせて、阪急百貨店で開催されている、イタリアフェア2011にも顔を出してきました!

今回のイタリアフェアは1フロアのみでの開催でちょっと小ぢんまり感がありますが、珍しくモッツァレラバー(6カ国9支店、日本には六本木展開しているモッツァレラ・バー「オービカ」さん)が出展されていましたので、軽いランチをそこで取ることにしました。

ハーフ水牛モッツァレラ2種(クラシカ+アッフミカータ)
f0165303_0491376.jpg
アペリティーボ(食事前の軽いワインと食べ物)セットということで生ハムやサラダ、グラスワインまで付いています。
写真は、モッツァレラ・ハーフ追加しています。アッフミカータは、フレッシュモッツァレラを藁で燻したものです。ハムはもちろん、添えられたフルーツトマトも大変美味でした。

ハーフ水牛モッツァレラ2種(ロートリ)
f0165303_0494283.jpg
ロートリとは、カンパーニャ地方伝統のロール・モッツァレラで、スモークサーモンとルッコラが巻かれています。

※ボローニャ産ソーセージ「ボルタデッラ」、ミラノ産サラミ、パルマ産プロシュットDOCとフルーツトマトとグリーンサラダ、それにグラスワイン(orソフトドリンク)のセットでした。

やっぱり、モッツァレラはシンプルが一番、クラシカのミルキー感とフレッシュ感が素晴らしかった。ピッツァもいいけれど、最高のモッツァレラは生がイチバン!


■阪急イタリアフェア2011
■11月9日(水)~11月15日(火)
■阪急百貨店10階 ※最終日は午後6時終了

main page(旅行記他)
wine page(飲んだワインの記録)
nanmori page(本ブログ)
nagonyan page(名古屋在住ブログ)
nanmori page(広島在住ブログ)
[PR]
by ririta8500g | 2011-11-15 00:56 | ごはんの時間~伊
本日の南森ぱとろ~るは、中ノ島のシチリア桃源郷「ラ・クッカーニャ」です。

備忘録が続きます。大阪イタリアンでは随分昔からのお付き合いとなっています。

カプレーゼ
f0165303_2325398.jpg

カジキのカルパッチョ
f0165303_23255628.jpg

活蛸とセロリのサラダ
f0165303_2326982.jpg

牛肉ラグーパスタ
f0165303_2327468.jpg

カジキと茄子のメッシーナ風
f0165303_23272033.jpg

ドルチェミスト
f0165303_23274828.jpg

エトナ・ビアンコ2009/シチリオ?
f0165303_23281960.jpg
カリカンテ70%、カタラット30%

コスパがいいって訳ではないけど、どれを食べても美味しい。
昼のアラカルトは、ちょっとメニューが固定されてきた感なんで、こんど、夜行ってみよう!

■ラ・クッカーニャ
■大阪市北区中之島4-3-36玉江橋ビル1F
■06-6448-3336
■http://www.cuccagna.jp/


main page(旅行記他)
wine page(飲んだワインの記録)
nanmori page(本ブログ)
nagonyan page(名古屋在住ブログ)
nanmori page(広島在住ブログ)
[PR]
by ririta8500g | 2011-11-09 23:30 | ごはんの時間~伊

讃岐うどん 白庵

本日の南森ぱとろ~るは、ミナミから神崎川駅前に移転した人気うどん店「讃岐うどん 白庵」です。

10月初旬、移転に休業になるちょっとまえに訪問した際の備忘録となります。店の前に到着したのが13時過ぎ、10名位の行列はさすがで30分あまりの待ち時間でした。

1)生醤油ちく玉卵天(850円)
f0165303_19595515.jpg
麺は太目でエッジが立っており喉越しもよく、なかなか美味しい。湯で加減も完璧。欲を言えば、もう少し小麦の風味が出ている方がいいかと思います。ちく天のサクっ感も良かったです。
2)おろしぶっかけ(550円)
f0165303_2001354.jpg
生醤油とちがって茹ですぎの感。これはちょっと残念。

美味しかったけど、30分以上並んで・・・、程のインパクトはなかったです。移転後の活躍をお祈りしています。

■白庵
■(移転前)大阪市中央区高津2-1-2 大越ビル 1F
■(移転後)大阪市淀川区新高6-12-7 三和マンション 1F
■06-7656-5292
■11:00~15:00 17:30~21:30 麺終了次第 水曜定休


main page(旅行記他)
wine page(飲んだワインの記録)
nanmori page(本ブログ)
nagonyan page(名古屋在住ブログ)
nanmori page(広島在住ブログ)
[PR]
by ririta8500g | 2011-11-05 20:01 | ごはんの時間~和
本日の南森ぱとろ~るはお家でごはん、シンプルだけど時間がかかる、でも美味しいよ「りりた♂流・濃厚ビーフシチュー」です。

f0165303_012144.jpg


■材料(いつも割りと適当)
玉ねぎ3個位、人参一本、セロリ一本・・・A
牛スネ肉500g位
ビーフシチューのルー2箱、フォンドボー・キューブ、コンソメキューブ2個づつ
赤ワイン200cc位

1)Aをみじん切りにし、炒める。とろ火で1時間余り、アメ色になるまで。
 退屈なので、ビールでも飲む。
2)塩コショウした牛スネ肉の表面を強火で焼く。
気分が高揚するのでフランベなんかもしちゃったり。
3)上記二つを鍋に入れて、アルコールを飛ばした赤ワイン入れて、水を適当に入れて、フォンドボー入れて2時間位煮込む。
  退屈なので、ビールをもう一缶開けて、映画でも見る。
4)塩で味を調えた後、水切り金ザルで漉す。肉にへばりついているみじん切り野菜を手で取り、漉したスープに入れる。
5)火を止めた状態でルーを入れて、焦げないようにかき混ぜつつ30分位煮込むと完成。

※漉した後のみじん切り野菜群は、トマト缶を加えてパスタソースにします。
※カレーを作るとき、市販ルーをブレンドする感覚で二箱(10人分)を作ります。リッチな気分の時は当然肉増量です!

とっても美味しいよ~。


main page(旅行記他)
wine page(飲んだワインの記録)
nanmori page(本ブログ)
nagonyan page(名古屋在住ブログ)
nanmori page(広島在住ブログ)
[PR]
by ririta8500g | 2011-11-02 00:19 | ごはんの時間~家