南森(なんもり)周辺での食べ歩き日記


by ririta8500g
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

<   2011年 09月 ( 11 )   > この月の画像一覧

本日の南森ぱとろ~るは、新町のモダ~ンな和菓子屋さん「餅匠しづく(旧:日月餅)」です。

世にも珍しい「フランボワーズ大福」で有名な餅匠しずくさんに行ってきました。和菓子屋さんとは全くイメージが異なるコンクリート打ちの店構えなので、まん前に着いても気づかず、ブロック二周位しました(笑)。

f0165303_23344947.jpg
手前から、
無農薬古代五色米おはぎ(189円)、フランボワーズ大福(280円)、
竹炭餅(230円)
f0165303_2335389.jpg
フランボワーズ大福は、当然ながらフランボワーズ入り。竹炭餅には抹茶餡が入っています。こちらでは、季節によりマスカット大福、もも大福やチョコレート大福なんかも作っています。

f0165303_23352285.jpg
今回のスマッシュヒットはこの「くるみ餅・枝豆餡(350円)」。胡桃が入っているからではなく(おそらく)枝豆のペースト餡で包まれているから、くるみ餅。枝豆餡が甘すぎず、程よくざらざらしてて、とても枝豆感が出ています。


■餅匠 しづく 新町店
■大阪府大阪市西区新町1-17-17 新町ハウス 1F
■06-6536-0805


main page(旅行記他)
wine page(飲んだワインの記録)
hiroshima page(広島在住時代の食べ歩き)
[PR]
by ririta8500g | 2011-09-29 23:38 | おやつの時間

たかさご万灯祭2011

本日の南森ぱとろ~るは、ちょい遠「1年に1度だけ星が降りて来るまち たかさご万灯祭2011」です。

今年5年目のたかさご万灯祭、灯りとジャズ、そして街そのものをモチーフにした、たった三時間で終わってしまう星降る夜のイベントです。

■願い灯り会場「高砂神社」
f0165303_2215394.jpg
「一灯来縁・一灯来福」ということで、希望者へは一灯500円で願いを書いた献灯が可能です。
f0165303_22155947.jpg
境内中がキャンドルで照らされています。
f0165303_22161443.jpg
赤穂市と提携?四十七士のぼんぼりもあります。

■ジャズギャラリー
f0165303_22163543.jpg
商工会議所前「高砂南高校吹奏楽部」
f0165303_2217133.jpg
十輪寺境内「トゥインクル・ジャズ・オーケストラ」
f0165303_22171812.jpg
松宗蔵「絵画展での琵琶コンサート」

映画「スイングガールのモデル高砂高校ジャズバンド部をはじめ、28グループの演奏が町内で12ヶ所にて行われています。

■街
f0165303_22174430.jpg
これは私の好きな蔵。他にも色々な歴史的な建物がライトアップされています。昭和初期風の家の中にも入れます。

■水の灯り会場「堀川」
f0165303_2218108.jpg
漁港である堀川前の元水産会館では、漁師さんの取ってきた魚介を焼いて、販売しています。

■夢の灯り会場「高砂公園」
f0165303_22183145.jpg
色々な灯りのオブジェが園内を彩っています。

f0165303_22185185.jpg
地元の商店街では、アーケード内に地元B級グルメの「にくてん」や「かつメシ」をはじめとして、いろいろな屋台が出展されており、大変な賑わいでした。
f0165303_221982.jpg
忘れちゃならない、高砂市のゆるキャラ「ぼっくり君」。高砂のシンボル「相生の松」の松ぼっくりからの由来です。

それぞれのイベント会場へは、すべて道脇にキャンドルが並べられており、初めての方でも迷うことはありません。
夜のデートに、家族での夜の散歩に・・・星降る夜に音楽を聴きに来ませんか。


■高砂市高砂町内
■2011年9月23日(祝)24日(土) 点灯時間:18:00→21:00(毎年開催予定)
公式サイト

main page(旅行記他)
wine page(飲んだワインの記録)
hiroshima page(広島在住時代の食べ歩き)
[PR]
by ririta8500g | 2011-09-25 22:21 | ぱとろ~る(ちょい遠)
本日の南森ぱとろ~るは、おうちでビール、おつまみに「ニューミュンヘンの唐揚げ」です。

先日の水野真紀の魔法のレストランで紹介された、ドイツ風本格派ビアレストラン「ニューミュンヘン」ヒストリー。戦中戦後をひたむきに駆け抜けた漢たちの物語。素晴らしいお話でした。
そうなるとかの唐揚が食べたくなるのは必然です。早速、持ち帰りの出来る阪神百貨店のニューミュンヘンコーナーに行ってきました。
f0165303_120316.jpg
骨付きは阿波乙女鶏(グラム310円)、骨なしは阪神百貨店限定の徳島すだち鶏(グラム330円)ですが、前者のジューシーさに対し、後者のシガシガ感は好みによるものだと思います。ビールのおつまみに最適!美味い。美味い。

■「BF1ニューミュンヘン」コーナー
■阪神百貨店

main page(旅行記他)
wine page(飲んだワインの記録)
hiroshima page(広島在住時代の食べ歩き)
[PR]
by ririta8500g | 2011-09-22 01:21 | ごはんの時間~家

カドヤ食堂(再訪)

本日の南森ぱとろ~るは、鶴見から西区に移って初突入、中華そばの老舗「かどや食堂」です。

11時30分位に到着、ぎりぎり並ばずに入店できました。りりた♀は前回気に入った「つけそば」。りりた♂は、久々に訪れたので通常の「中華そば」にするか限定の「手もみ魚介そば(一日13食⇒昼夜10食)」にするか迷いましたが、結局「限定」の文字に弱いところが露見、魚介そばをオーダーしました。

1)つけそば(850円)
f0165303_1413426.jpg
出汁は鶏よりも魚介の方が強く出ている感じですが、モロ魚粉、だったり鰹粉みたいな押しの強さはなく、あくまでも出汁で勝負!みたいなところが、りりた♀は気に入っているようです。
f0165303_14133248.jpg
平打ちでゆるくカーブしたストレート中太麺。つるつるとした喉越しが素晴らしい。

2)手もみ魚介そば(680円)
f0165303_14134949.jpg
秋刀魚節、昆布、スルメ等の魚介出汁100%に鶏油、というシンプル系。これに太い縮れ麺がよくからんでいます。歯の食い込む感じがとてもいい~。

3)叉焼めし(380円)
f0165303_14141269.jpg
霧島高原でのびのび育ったかごしま黒豚を醤油、蜂蜜、水飴などにじっくり漬け込み直火で焼いた昔ながらの焼き豚。(店主ブログより)
おそらく、手もみの叉焼といっしょ。どことなく昔風の焼き豚な食感と味わい。美味しいです。

スープはしっかり素材の味わいが出ており、濃厚さを追い求めるのではない、素朴さの中の、しっかり計算された旨さ、を感じます。これは、人により好き嫌いがあるかもしれませんね。が、「麺」の喉越し・食感の良さは万人の認めるところではないでしょうか。


■かどや食堂
■大阪府大阪市西区新町4-16-13 キャピタル西長堀1F
■06-6535-3633
■11:00~15:00 18:00~22:00 (売り切れ次第終了) 火曜定休

main page(旅行記他)
wine page(飲んだワインの記録)
hiroshima page(広島在住時代の食べ歩き)
[PR]
by ririta8500g | 2011-09-19 14:16 | ごはんの時間~華
本日の南森ぱとろ~るは、ナンバの高井田系人気店「中華そば ○丈」です。

なんさん通りのカメラのナニワからちょっと奥に入ったところにある知る人ぞ知る高井田系の人気店です。

1)中華そば(東大阪高井田風:650円)
f0165303_21563877.jpg
高井田系というと、「鶏ガラ醤油味のシンプルスープに極太ストレート麺」という定義らしいですが、なるほど、シンプルな醤油味です。それでもあまりしつこく感じられないのは十分な旨みが乗っているからでしょう。チャーシューも厚みのあるばら肉が「肉増し」でも無いのにたっぷり、ボリューム感も十分です。
f0165303_21565519.jpg
麺は高井田「系」ではなく「風」だからなのか、あまり太さを感じさせるものではありませんが、スープの絡みはとてもいいです。

2)○丈ラーメン(和歌山風中華そば:800円)
f0165303_21571087.jpg
計算されたドロ臭さというかワイルドな和歌山ラーメン「風」でとても美味しかった。やはり醤油がしっかりと活きている感じがします。チャーシューも香ばしく炙られており好みです。
f0165303_21572756.jpg
こちらは、中細の平めん。やはりしっかり絡んでました。湯で加減もベストな状態でした。

「中華そば」は何故かちょっと苦手な「大葉のような香り」を感じたので、次回はその検証か、裏メニューの「秋刀魚醤油」にチャレンジしたいです。


■中華そば ○丈(maru JOE)
■大阪府大阪市中央区難波千日前6-16
■06-6643-6633
■11:30~15:00 18:00~21:00 水曜休日


main page(旅行記他)
wine page(飲んだワインの記録)
hiroshima page(広島在住時代の食べ歩き)
[PR]
by ririta8500g | 2011-09-16 21:58 | ごはんの時間~華

群青(再訪)

本日の南森ぱとろ~るは、サラリーマン泣かせの超濃厚つけ麺屋さん「群青」(再び)です。

行列必至のこのお店、13時過ぎに訪問で12人待ち。出直して14時過ぎに到着したら4人待ちまで減ってました。しかも丁度入れ替わりタイミングだったのか、10分あまりで入店できました。ラッキー。
f0165303_20562435.jpg
麺は通常で300g、大盛の400gでも+50円となっています。どうせならと大盛を注文しました。ストレートな太麺。もっちりした食感としっかりコシはありますが、アルデンテでないところが好感。
f0165303_20564717.jpg
チャーシューは牛ホルモン煮込みです、の貼紙どおり牛モツがごろごろっと入っていました。豚骨、鶏、魚出汁のトリプルスープは超濃厚。粘度は記憶どおりのどろどろ加減で、まるで色々な材料を固形のままフードプロセッサで裁断して放り込んだ様です。風味で目立つのは魚粉と鰹ですが、「すっ」な柚子の香りもいいですね。
f0165303_2057993.jpg
これ位、絡みます。上に麺を乗せるだけでは、沈みません(笑)。

前回訪れた時は、カウンター内に二人いてはったのですが、今回はひとり。だから13時開店で、煮干そばはなく、つけ麺だけで営業しているのかな。
つけ麺を食べなれているわけではないですが、この味わいのインパクト、インプレッションは他に代えがたいものがあります。出来れば土日、せめてどちらかでも営業して欲しいです。


■群青
■大阪府大阪市北区天神橋6-3-26
■tel非公開
■11:00~15:00 18:00~21:00
 水・土・日・祝日定休日

main page(旅行記他)
wine page(飲んだワインの記録)
hiroshima page(広島在住時代の食べ歩き)
[PR]
by ririta8500g | 2011-09-13 21:03 | ごはんの時間~華
本日の南森ぱとろ~るは、ちょい遠「丹波ワイナリー収穫祭2011!」です。

前回は3月に剪定を行いましたが、秋ちょい前の今回はいよいよ収穫となります。今回はメルロ。太陽をいっぱい浴びながら(汗)、甘~く熟したメルロの収穫を行いました。
f0165303_1132888.jpg
もちろん、収穫中の「つまみ喰い」、ひと息中の「つまみ喰い」、そして移動の合間の「つまみ喰い」も忘れません。
いい汗かいた後は、工場での試飲。ピノの絞りたてジュースや、昨年度収穫した、タナ80%・メルロ20%の樽熟中のワインを頂きました。小ロットなので製品化は難しいとのことですが、これ随分美味しかったです。是非とも製品として飲みたい、と思いました。
f0165303_1134370.jpg
それから、ゲストハウスに移動して製品の試飲です。今回は「デラウエア」「鳥居野シャルドネ2009」「サンジョベーゼ2009」「トラディショナル(シャンパーニュ方式)」「ピノ・ノワール2009」「ピノ・ノワール2006」です。三年たったピノが熟成をへて複雑になってきているのが印象的でした。
f0165303_1135912.jpg

その後は、恒例の丹波食材をたくさん使った併設レストランでの「大宴会」(笑)。鴨肉(たぶん)のパテやグリル、例のカレーなどで舌鼓を打ちました。今回特に印象的だったのはこの写真の「ポトフみたいなもの」です。出汁がすっごく出てて、そりゃ旨かったです。


■丹波ワイナリー
■京都府船井郡京丹波町豊田鳥居野96
■0771-82-2003
■11:30~15:00(L.O.14:30)木曜定休日

main page(旅行記他)
wine page(飲んだワインの記録)
hiroshima page(広島在住時代の食べ歩き)
[PR]
by ririta8500g | 2011-09-12 01:15 | ぱとろ~る(ちょい遠)

カルダモン

本日の南森ぱとろ~るは、天神橋商店街が誇る老舗本格カレー店「カルダモン」です。

1)日替わりカレー/ハムカツとエビフライのカレー(850円)
f0165303_1944984.jpg
りりた♂の好みな欧風カレーで、基本のルーは、出汁とフルーツ味とスパイス感が綺麗な三角形を描いています。目を見張る何かがある訳ではないのですが、それぞれの要素が家庭ではなかなか出来ない+αの部分を持っています。日替わりのトッピングであるハムカツとエビフライはフツーなので、次回からは普通のカレー+ルー・ご飯大盛(600+200円)にします。

2)期間限定カレー/チキンと野菜の煮込みカレー(850円)
f0165303_19442914.jpg
ルーは日替わりと同じかな。牛ベースだと思いますがチキンも合うんだなー、このルー。ごろごろ入った大きめ野菜もなかなか美味。逸品です。

欧風カレーな美味しいお店は貴重。昼時は行列必死ですが、時間をちょっとはずせば大丈夫だと思います。辛口は無料、激辛は+100円です。

■カルダモン
■ 大阪府大阪市北区天神橋6-5-3
■06-6358-7223
■[月・木~金]11:30~14:30,17:30~20:00
 [土・日]11:30~18:00

main page(旅行記他)
wine page(飲んだワインの記録)
hiroshima page(広島在住時代の食べ歩き)
[PR]
by ririta8500g | 2011-09-10 19:45 | ごはんの時間~伽

堂島精肉店

本日の南森ぱとろ~るは、堂島の肉天国「堂島精肉店」です。

いつかは行きたいと思っていた堂島精肉店。席数が7つしかないので、タイミングを計っていたところ、台風の最中、「今日は少ないやろ」と、突入いたしました!

1)黒毛和牛焼き・ヘレ(980円/g)
f0165303_1141046.jpg
グラム980円って、お肉屋さんの価格ですか?はい、お肉屋さんです。肉質も文句なしです。

2)名物牛キムチ(500円)
f0165303_1142964.jpg


3)キムラ君サラダ(500円)
f0165303_1144519.jpg


4)堂島コロッケ(180円)
f0165303_115471.jpg
スパイシーでほこほこ。サクっ感のキメが細かい。


5)黒毛和牛焼き・赤身(280円/g)
f0165303_1154625.jpg
和牛の赤身をお店でいただいてこの価格。


6)黒毛和牛焼き・本日のモモ・ウチヒラ(400円/g)
f0165303_1164022.jpg
食感よし。


7)黒毛和牛焼き・ロース(980円/g)
f0165303_1172786.jpg
焼き加減が抜群。喉越しが素晴らしいロースでした。


8)黒毛和牛焼き・バラ(680円/g)
f0165303_1175314.jpg
清涼感のあるタレもよかったけど、何よりも「肉そのもの」が美味しい。


9)ミンチカツ(500円・3個)
f0165303_1181559.jpg
(お腹一杯気味で)一個だけ食べてあとは持ち帰りの予定でしたが・・・。


10)黒毛和牛焼き・シャトーブリアン(1,280円/g)
f0165303_1183690.jpg
コスパのみ考えると、最初のヘレでいいかも。でも、最上は間違いないです。


飲み物は別だけど、黒毛和牛の焼きだけで600g、それにカツ3個とコロッケ2個、サラダにキムチをしっかり食べて、6,460円。
コスパは◎です。価格表にはライス500円、ガーリックライス1,000円、キャベツ500円と「肉だけ喰って帰ってね!」な潔いメニュー構成です。肉だけ食べて、きゅっと飲んで帰りましょう!

■堂島精肉店
■大阪府大阪市北区曽根崎新地1-9-13
■06-4798-0129
■14:00~翌3:00頃 日曜定休


main page(旅行記他)
wine page(飲んだワインの記録)
hiroshima page(広島在住時代の食べ歩き)
[PR]
by ririta8500g | 2011-09-07 01:20 | ごはんの時間~和
本日の南森ぱとろ~るは、南森のハッピーダイニング「POKKUN」です。

ランチメニューは、パスタランチ、やメイン付ランチ、コース等6~7種類があります。今回は二人で2980円の取り分けランチを選択しました。パスタはトマト、オイル、クリームベースの中から選べます。

1)生ハムサラダと野菜ジュース
f0165303_20511958.jpg
葉っぱ中心のサラダはボリュームたっぷり、食べ応えあります。野菜ジュースは雨の日サービス。

2)かぼちゃの冷製ポタージュ
f0165303_20513844.jpg

3)オレガノのフォカッチャとバゲット
f0165303_20515321.jpg
どちらもお代わり自由がうれしい。食べてしまってたら、声掛けしてくれる心遣いも嬉しいです。

4)うにのクリームソース、ジェノベーゼソースかけ
f0165303_20521764.jpg
生パスタだけど、手打ちではないと思います。二人で取り分けても十分なボリューム。

5)ローマ風ピッツァマルゲリータ
f0165303_20523716.jpg
唐辛子入りオリーブオイルとの相性よし。

6)舌平目のムニエル
f0165303_2052491.jpg
これで二人分。上品なサイズなのですが十分なのです。

7)ドルチェ・ミスト
f0165303_2053743.jpg

一人単価1,490円と思えない品数の多さとボリュームでお腹いっぱいになります。味付けはファミレス+αレベルではあるけれど、開放的で活気があって、楽しいランチがいただけました。


■イタリア食堂POKKUN
■大阪府大阪市北区天神橋3-1-28 第三グランドビル1F
■06-6353-3855
■11:30~15:00 17:00~24:00 月曜定休


main page(旅行記他)
wine page(飲んだワインの記録)
hiroshima page(広島在住時代の食べ歩き)
[PR]
by ririta8500g | 2011-09-04 20:58 | ごはんの時間~伊