南森(なんもり)周辺での食べ歩き日記


by ririta8500g
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

<   2011年 07月 ( 9 )   > この月の画像一覧

本日の南森ぱとろ~るは、九条ねぎチャパッタ@京都高島屋Peck限定!です。

いつもの様に、京都高島屋にチャパッタとパーネ・トスカーナを買いにいったところ、新商品?が発売されてたので早速購入しました。

九条ねぎチャパッタ(190円)
右:左は通常のチャパッタ(180円)

f0165303_2194278.jpg
通常のチャパッタよりもしっとり、モチモチした生地。ねぎのいい香がします。九条ねぎをオリーブで炒めた?ものが練りこまれており、とてもおいしいです。


■Peck高島屋京都店
■京都府京都市下京区四条通河原町西入ル真町52 京都高島屋 B1F
■075-221-8811
■営業時間: 10:00~20:00 定休日: 不定休


main page(旅行記他)
wine page(飲んだワインの記録)
hiroshima page(広島在住時代の食べ歩き)
[PR]
by ririta8500g | 2011-07-30 21:10 | ごはんの時間~他
本日の南森ぱとろ~るは、北摂のパンの名店「ル・シュクレ・クレール」の姉妹店な「ケ・モンテベロ」の続き、お家で食べた「焼き菓子」編です。

モンテベロの特色は焼き菓子も充実していること。ショーケースの上にはトラディショナルなものから創作系のものまで、ところ狭しと並んでいます。
一度食べたかった伝統菓子を中心にセレクトしました!

1)ピティヴィエ(340円)上
 タルト・マッチャ・エ・オウ・フランボワーズ(300円)下
f0165303_22501546.jpg
ピティヴィエはロワール地方の伝統菓子。車輪をモチーフにしたパイ生地にアーモンドクリームが入っています。
マッチャは当然、創作系。フランボワーズのジャムとの組み合わせが面白かった。

2)コンペルサシオン(300円)上
 ミルリトン(270円)下
f0165303_22503749.jpg
共に、フランス北部の伝統菓子。コンベルはパイのサクサクとクッキーのサクサク食感。ミルリトンは重めのしっとり系。どちらも(やっぱり)アーモンドクリームを使ったお菓子ですが、食感がちがって面白かった。

3)タルト・バナーヌ(300円)
f0165303_22511729.jpg
キャラメリゼ?されたバナナとくるみ。甘い香りをの中に、ココナッツとオレンジピールが主張しています。

これだけ似たようなものを食べたのだけど、なぜか飽きない!伝統のお菓子の枠の中で、パティシエなりの解釈を少しづつ練りこんでいるからでしょう。先の生菓子とともに、ひとつひとつの作品の中に「こだわり」を感じたお店でした。また来ます!



前回の家食なケ・モンテベロ

■ケ・モンテベロ
■大阪府吹田市岸部北5丁目20-3
■06-6339-8880
■10:00~20:00/サロン11:00~19:00 月・火曜日休日
■http://www.quaimontebello.com/home.htm


main page(旅行記他)
wine page(飲んだワインの記録)
hiroshima page(広島在住時代の食べ歩き)
[PR]
by ririta8500g | 2011-07-27 22:55 | おやつの時間
本日の南森ぱとろ~るは、北摂のパンの名店「ル・シュクレ・クレール」の姉妹店な「ケ・モンテベロ」にも行ってきました。

お店は、先のル・シュクレ・クールのま隣なのですが、先日のなかたに亭での反省を活かして、生菓子は店内のサロンで、焼き菓子を家食用に持って帰りました。今回はサロンで食べた「生菓子編」です。


1)カレ・ショコラ・アンタッセ(440円)
f0165303_22382530.jpg
オレンジの香りのするチョコムース、コニャックたっぷりのチョコクリームが層になっていて、とても濃厚です。
ヘーゼルナッツとの相性も良いです。


2)クープ・マング(480円)
f0165303_22385146.jpg
マンゴーと甘夏、それぞれの果実とクリームを重ねてゆき、上にはフロマージュなクリーム。夏らしい甘酸っぱさが満喫できる一品。


3)タルト・ミルティーユ(450円)
f0165303_22391455.jpg
名前のとおり、ブルーベリーのタルト。沢山のブルーベリーの中にはカシス風味のチーズクリーム。タルト部には酸味の利いたレモンジャムでさわやかさを演出しています。


4)クラフティ・オ・スリーズ・ノワール(420円)
f0165303_22403540.jpg
パイ生地の中にクラフティ、ごろんごろんとブラックチェリーが入っています。美味しいんだけど、メレンゲがちょっと甘すぎた感。

夏だと、チョコ系やクリーム系のこってりしたケーキは敬遠しがちですが、こちらは酸味の強いフルーツを組み合わせて工夫されているな、と感じました。季節が変わってまたどんなお菓子を展開されるか、楽しみです。


■ケ・モンテベロ
■大阪府吹田市岸部北5丁目20-3
■06-6339-8880
■10:00~20:00/サロン11:00~19:00 月・火曜日休日
■http://www.quaimontebello.com/home.htm


main page(旅行記他)
wine page(飲んだワインの記録)
hiroshima page(広島在住時代の食べ歩き)
[PR]
by ririta8500g | 2011-07-24 22:43 | おやつの時間

ル・シュクレ・クール

本日の南森ぱとろ~るは、名だたるミシュラン星付き店にパンを提供している北摂の名店「ル・シュクレ・クール」です。

ミシュラン三ツ星の「ハジメ」、二ツ星「アキュイール」、「Fujiya 1985」にパンを提供している(2011年時点)超人気店に行ってきました。土曜日の10時頃到着。最寄の駅からバスで10分あまり、車でないと行き難いお店ですが、店の中はかなり賑わっています。

1)キュリー(180円)
 パン・オ・ゾリーブ(230円)
 パン・オ・トマト(230円)

f0165303_21453817.jpg
キュリーはカレーパン。中のカレーは辛くないけどコクがありました。
オリーブとトマトはイタリアのチャパッタと呼ばれるパンと同じ生地だけど、ペックの「引きちぎりながら食べる食感と違い、「ふわサク」。
トマトはこの生地でいい感じでしたがl、オリーブのそれは、ハード系の方が合うと思います(ポールやブルディガラのように)。

2)セーグル・ノア・エ・ゴルゴンゾーラ・オ・フィグ・ドゥミセック(240円)
バトン・ブランシュ(260円)

f0165303_2146382.jpg
「フィグ」、生地は中はもっちりハード系。形もイチジク、中身も赤ワインで煮込んだイチジクがまるごと入っており、「イチジク」にこだわりを感じます。
ほんのり香るゴルゴンゾーラと相まって、ワインにとても良く合うパンだと思いました。
「バトン」、かなりハードで噛み砕く感じ。ナッツやドライフルーツがぎっしり)が入っていてとても美味しかった。アーモンドが丸ごと入っているパンは珍しいと思います。本でも読みながら「しがしが」何時までも食べ続けたい、りりた♀のイチオシ!でした。

3)バゲット(300円)
f0165303_21462746.jpg
表皮はしっかりと固く、中の生地も密度は濃いめ。ライ麦の様なすこし酸味があります。端っこのカリカリを齧るのが好き。りりた♂のイチバン!


全体的に柔らか系のパンよりハード系の方が好みに感じました。今度は、ハード系のバリエーションをもっと頂きたいです。


■ル・シュクレ・クール
■大阪府吹田市岸部北5丁目20-3
■06-6384-7901
■8:00~19:00 月・火曜日定休
■http://www.lesucrecoeur.com/home.htm


main page(旅行記他)
wine page(飲んだワインの記録)
hiroshima page(広島在住時代の食べ歩き)
[PR]
by ririta8500g | 2011-07-20 21:48 | ごはんの時間~家

ブランジュリ タケウチ

本日の南森ぱとろ~るは、行列必至な大阪随一の人気店「ブランジュリ タケウチ」です。

土曜日の9時に訪問しましたが、なんとか外の行列は免れました。でも、店の中では、入り口からレジに至る一方通行な経路の行列になっていました(笑)。

1)メロンパン(158円)
 クリームチーズと黒胡椒(221円)
f0165303_21494792.jpg
人気メニューのメロンパンは、卵たっぷりで甘め。私としては、コロンと丸くて上のビスケット生地がカリカリと硬いほうが好みですが。
クリームチーズと黒胡椒のパンは、天然酵母。発酵したフルーツのような甘い香りと味わい。もっちりとしっかりしたパン生地とクリームチーズの「ほにゃ」のコントラスト。なかなか美味でした。

2)いが栗(231円)
f0165303_21501382.jpg
これが本日の一番。表面ぱりっ中もっちりの生地に、ほくほく栗がばっちり合います。表面をびっしり覆っていた「ふすま(?)」のインパクトもなかなか良し。

3)チョコレートとドライフルーツのクロワッサン(221円)
 抹茶とホワイトチョコレートのブリオッシュ(74円)
 ブルーベリーのデニッシュ(242円)

f0165303_21503488.jpg
デニッシュとクロワッサン、真ん中はとても美味しかったのですが、端っこは炭。これはないと思う。

4)イチジクとチョコレートのタルト(157円)
 チョコレートとオレンジのタルト(126円)

f0165303_2151769.jpg
イチジクタルトのチョコレートは、あられ状のクッキーをコーティングしたもので、見た目よりもチョコチョコし過ぎていないのが良い。

写真は載せませんでしたが、オリーブパン(189円)と食パン(315円)も買いました。
オリーブパンは細身のパンにオリーブがごろっと入っており、生地もオリーブオイルたっぷりで、まさにオリーブ好きのためのオリーブパン。食パンは塩分が少し強めだけど「さくっ」感があって好みのものでした。
全体的に、味つけしっかりなパンチの効いたパンが多かった気がします。食事を引き立たせる脇役的なパンも食べてみたかったな。

買い物が終わって外にでると10数人の列ができていました。人気ですねぇ~


■ブランジュリ タケウチ
■大阪府大阪市西区靱本町1-16-14
■06-6444-2118
■8:00~18:30 日・月曜日休日


main page(旅行記他)
wine page(飲んだワインの記録)
hiroshima page(広島在住時代の食べ歩き)
[PR]
by ririta8500g | 2011-07-17 21:56 | ごはんの時間~家

通天閣

本日の南森ぱとろ~るは、大阪が誇るご当地タワー「通天閣」です。

f0165303_02811100.jpg
何を思い立ってか、うん十年ぶり位に通天閣へ上ってきました。兵庫県民だったことも、大阪府民だったことも、日本橋に勤めていたときさえあったのに、随分長いこと登ってなかったんですね~。
f0165303_0282763.jpg
展望台からの眺めです。

エレベータ待ち行列(日曜で30分レベルでした)のエリアも大阪らしい「しょーもな~、でも笑ろてもた」や「思わずツッコミ」な仕組み満載。
f0165303_030389.jpg
新しくは、通天閣ロボ、レトロなジオラマ群なども見所です。

f0165303_0321862.jpg
マザー牧場のカフェでいただいたホット。なんと、ソフトクリームちょびっと付きで320円。豆から挽いてくれる本格的なもの。横の売店も面白いので、是非訪れてみてください。

もちろん、恵比寿町に行ったからには・・・、
f0165303_03232100.jpg
無鉄砲

とんこつラーメン、自家製半熟味玉。固め、こってり、葱多め。
夜~翌日は必ず気分が悪くなるのですが、やめられません。

■通天閣
■大阪市浪速区恵美須東1-18-6
■06-6641-9555
■年中無休) 9:00 ~ 21:00


main page(旅行記他)
wine page(飲んだワインの記録)
hiroshima page(広島在住時代の食べ歩き)
[PR]
by ririta8500g | 2011-07-14 00:36 | ぱとろ~る(近場)

西町大喜 富山駅前店

富山名産といえば、「白えび」「寒ブリ」「ほたるいか」「ますのすし」「こしひかり」「大門素麺」と色々ありますが、やはりこれは外せない「富山ブラック」。
カップ麺で食したことはありますが、他県展開をほとんどしていないため、出張の帰りで時間はあまり無かったのですが、突入してみました!

中華そば小(並) 700円
f0165303_2322175.jpg
漆黒のスープに、ねぎ・乱切りチャーシュー、メンマが山と盛られ、たっぷりと黒胡椒がかかっています。机上の注意書きどおり、ぐるぐる混ぜて頂きました。噂にたがわず「醤油辛い」「しょっぱい」、スープだけでなくメンマやチャーシューを食べても同じです。昔はタッパにご飯をつめてきて「おかず」としてこのラーメンを食べるスタイルだったそうで(だから、本店にはご飯がメニューにない)、よくわかります、はい。
f0165303_23221731.jpg

麺はかなりの太麺です。しっかりスープの色が移っており、からみも良し。私の好きな粉っぽさをもつ食感で、歯の食い込み具合もよいですね。

スープがあまりにもしょっぱくて飲み干せませんでしたが、この強烈なインパクトは一食の価値あり!でした。次は、生卵(50円)と白ごはんのハーモニーを試してみたいな。


■大喜 富山駅前店
■富山県富山市新富町1-3-8
■076-444-6887
■11:00~22:00 日曜休日


main page(旅行記他)
wine page(飲んだワインの記録)
hiroshima page(広島在住時代の食べ歩き)
[PR]
by ririta8500g | 2011-07-09 23:29 | ごはんの時間~華
本日の南森ぱとろ~るは、加古川の和牛専門店うらい、焼肉、ヘレ・ステーキに次いで裏名物の「肉巻きおにぎり(250円)」の紹介です。

f0165303_0364328.jpg
うらいは、各種和牛、豚や鶏を扱っていますが、肉をつかった加工品や惣菜も結構な種類販売しています。その中で、確実に手に入れるには予約が必要な商品のひとつが、この「肉巻きおにぎり」なのです。
f0165303_0362688.jpg
まっぷたつにすると、こんな感じです。
ごはんと白葱がはいっており、すき焼きダレのような甘辛風の煮汁がしみ込んでいます。旨いやん、一食の価値あり。

過去のうらい
コスパが高いヘレステーキ
カイノミ、ササニク、ハラミ

■和牛うらい
■加古川市平荘町小畑1130
■079-428-0215
■9:00~19:00 火曜定休


main page(旅行記他)
wine page(飲んだワインの記録)
hiroshima page(広島在住時代の食べ歩き)
[PR]
by ririta8500g | 2011-07-07 00:40 | ごはんの時間~家

なかたに亭 上本町店

本日の南森ぱとろ~るは、ショコラもので有名な大阪屈指のパティスリー「なかたに亭 上本町店」です。

こちら、一度食べたはずなのですがなぜか、記録がない。そこで上本町の近鉄百貨店に用事があったので、帰りに寄って見ました。


1)ジャワ(420円)
f0165303_23384269.jpg
シンプルなチョコレートケーキ。定評のあるチョコレートがふんだんに使われていますが、特にインパクトがあるわけではありません。平たく言えば美味しいけど、普通かな。


2)アンファン(420円)
f0165303_233951.jpg
外を取り巻くキャラメルのムースは濃厚、中のカスタードのムースもしっかりとした味わいでとても美味しかったです。りりた♀の本日のベスト。


3)マルジョレーヌ(472円)
f0165303_2339293.jpg
しっとりとしたビスケット様生地に挟まれたクリーム部は、上はナッツで、下はバニラ。横はつぶつぶのチョコレートで覆われています。生クリームにバターががたっぷり使用されているのでガッツリ好きにはたまらん一品でした。

全体的にクラッシックな作りに思えました。

とても美味しかったのですが、1時間以内用の保冷剤を入れてもらって、30分で家に帰ったのですが、クリームがダレ気味でした。夏には併設の喫茶部で食べるのがベストだと思います。


■なかたに亭 上本町店
■大阪府大阪市天王寺区上本町6-6-27 中川ビル 1F
■06-6773-5240
■10:00~19:00、月曜日・第三火曜日休日


main page(旅行記他)
wine page(飲んだワインの記録)
hiroshima page(広島在住時代の食べ歩き)
[PR]
by ririta8500g | 2011-07-03 23:40 | おやつの時間