南森(なんもり)周辺での食べ歩き日記


by ririta8500g
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

<   2011年 05月 ( 13 )   > この月の画像一覧

本日の南森ぱとろ~るは、名店「曽根・あぼし」のおばあちゃんが作る(こともある)、「にくてんや あぼし」です。

2009年に、惜しまれつつ店をたたんだ高砂・曽根が世界に誇る、にくてんの名店「あぼし」。今、おばあちゃんは加古川の息子さんの店で、にくてんを焼いてくれています。

1)モダン・すじ(600円)
f0165303_2392071.jpg
麺好きなりりた♂はモダン。柔らかい牛すじと、ほくほく甘く煮込まれたジャガイモ、そしてこんにゃく。そんな、「す」のにくてん(350円)+すじ(100円)にそばが乗っているものです。

2)にくてん・すじ玉(500円)
f0165303_2394819.jpg
ビジュアル的にはこっちかな。↑
f0165303_23101729.jpg
でも、にくてんの真髄はこちら。↑

おばあちゃんが作ると、ほんま、びっくりするほどおいしい。材料は同じなのに・・・。なんとか、息子さん頑張って技を盗んでくださいね。
秋に行われる姫路のB-1グランプリ。出場するのは「あぼし」でないけれど、「高砂にくてん」応援します!



■にくてんや あぼし
■兵庫県加古川市加古川町粟津710-1
■079-422-2908
■11:00~20:00 水曜日定休


main page(旅行記他)
wine page(飲んだワインの記録)
hiroshima page(広島在住時代の食べ歩き)
[PR]
by ririta8500g | 2011-05-31 23:13 | ごはんの時間~和

南米:ペルー 大統領選

本日の南森ぱとろ~るは、地球の反対側からリポートです。

10時間のフライト2本に耐え、ようやく南米はペルーに到着。
ハードやわ。。。

ペルーでは来月の大統領選挙の決選投票を控え、フジモリ元大統領の長女ケイコ氏、対抗馬のウマラ氏両候補による直接討論会が、今日行われます。
あちこちで警官の姿が、そして道路規制も。
f0165303_1117762.jpg
大統領は誰になるのかにゃ。。。?

・南米関連リンク*****
ペルー犬
ペルー コカ茶
ペルー ナスカの地上絵
[PR]
by ririta8500g | 2011-05-30 13:04 | ぱとろ~る(ちょい遠)
本日の南森ぱとろ~るは、”めんそーれ沖縄味と技展”、あげパン工房アントシモの、あげパン3種です。

秘密のケンミンSHOWで全国人気となった「アントシモ」のあげパン、前回に引き続き登場です。初日は長蛇の列でパスしたけど、二日目は待たずに買えました。ラッキー!

1)Aパン(あんぱん:251円)
f0165303_1133145.jpg
甘すぎない粒餡がいい感じ。からっと揚がっててしつこさはゼロ。りりた♀おすすめ。

2)Bパン(紅芋ぱん:251円)
f0165303_1135934.jpg
紅芋風味の漉し餡とお餅との絡まり具合が絶妙。お餅は結構本格派。りりた♂おすすめ。

3)Cパン(カレーぱん:251円)
f0165303_1144317.jpg
沖縄名物のラフテーがごろっと入っています。チキンカレーなのに全然違和感ないぞ~。

持ち帰りで食べたのですが、レンジとオーブントースターで温めるとサクッもちっ感が戻ります。でも、やっぱ揚げたてが食べたいな~。


■沖縄めんそーれ沖縄 味と技展
■阪神百貨店
■2011年5月25日(水)~31日(火)
■http://www.hanshin-dept.jp/dept/s_okinawa_index.html

main page(旅行記他)
wine page(飲んだワインの記録)
hiroshima page(広島在住時代の食べ歩き)
[PR]
by ririta8500g | 2011-05-28 11:06 | おやつの時間
本日の南森ぱとろ~るは、”めんそーれ沖縄味と技展”、沖縄そばダイニング 川(せん)の、ソーキそば御膳です。

・ソーキそば御膳 1,050円<限定数各日100>
f0165303_19371274.jpg
炙りとろとろ軟骨ソーキそば、じゅーしぃ(炊き込みご飯)、もずく酢(沖縄県産もずく)、クーブイリチー(沖縄の家庭料理)がセットになっています。

上にのっている肉がうまー!!じゅーしぃは、リゾットみたいにやわらかく仕上げてありました。去年の同物産展の、玉家の贅沢そば御膳と比べて、出汁はちょっと強め、麺の食感は柔めで若干で「う~ん」でしたが、お肉の中身がコラーゲンたっぷりな「ぷるんぷるん」で、お肉は断然こちらの方がおいしい。

バランス的には去年のほうが良かった感。でも、来年もさ来年も食べたいな。

■沖縄めんそーれ沖縄 味と技展
■阪神百貨店
■2011年5月25日(水)~31日(火)
■http://www.hanshin-dept.jp/dept/s_okinawa_index.html

main page(旅行記他)
wine page(飲んだワインの記録)
hiroshima page(広島在住時代の食べ歩き)
[PR]
by ririta8500g | 2011-05-26 19:38 | ごはんの時間~和
本日の南森ぱとろ~るは、おちゃけの時間、「オードブルと愉しむ山崎 2011」です。山崎蒸留所訪問は2月のチョコセミナー以来、三ヶ月ぶりです。

f0165303_234429.jpg
大山崎駅から蒸留所へ至る道は、どことなく昭和の雰囲気を醸し出しています。

f0165303_2341979.jpg
いつものように、製造工程について一通り説明を受けた後、いよいよセミナーが始まります。

本日の試飲アイテムはこの4酒。
f0165303_2344195.jpg
その後、山崎10年、12年の水割りやロック、ハイボールを以下のアテとともに頂きます。


1)野菜のディップ、山一醤油 醤油屋の隠れ味「あけがらし」で
2)鰤の照焼 白葱添え(小原久吉商店 伝醤「玉紫」)

f0165303_235141.jpg

3)黒川加工食品「しょうゆ豆」
4)お茶飯(伊右衛門)の和田金「牛肉志ぐれ煮」巻き
5)ワイン&チーズショップ ランスのチーズ味噌漬け
6)なかたに亭「チョコレートジャム」

f0165303_2351842.jpg
りりた♂のベストマリアージュは、山崎12年のロックとしょうゆ豆、りりた♀のそれはチョコレートジャム&バゲットと山崎18年でした。
ウィスキーと食事はなかなか難しいと思っていましたが、案外合いますね。普段の食事を考えると、ハイボールの使い勝手がベストかな。


■サントリー山崎醸造所
■大阪府三島郡島本町山崎5-2-1
■075-962-1423(工場見学申し込み)
■http://www.suntory.co.jp/factory/yamazaki/

main page(旅行記他)
wine page(飲んだワインの記録)
hiroshima page(広島在住時代の食べ歩き)
[PR]
by ririta8500g | 2011-05-24 23:08 | おちゃけの時間
本日の南森ぱとろ~るは、中之島にある「バラ園開花まっさかり!」です。

通勤中に見えるバラ園が、まっさかりな感じなので、先週の日曜日にぱとろ~るして来ました。咲き誇るバラたちと、レトロちっくな中央公会堂、そして梅田ビル群が実にええ感じ、のバラ園でした。
f0165303_0364343.jpg
一つ一つのバラ群に、品種名のプレートが立ててあります。人物名やそのバラのイメージから名づけられた風のものが多く、納得できたり、ん?と思ったものやら・・・・。
f0165303_037365.jpg
昨年度に続き、「ロサ・キネンシス」のプレートはありませんでした(笑)。



■中之島公園 バラ園
■大阪府大阪市北区中之島1
■無料 24時間入園可能
■開花予想
  春:5月中旬~6月上旬
  秋:10月下旬~11月中旬

main page(旅行記他)
wine page(飲んだワインの記録)
hiroshima page(広島在住時代の食べ歩き)
[PR]
by ririta8500g | 2011-05-19 00:38 | ぱとろ~る(近場)

群青

本日の南森ぱとろ~るは、サラリーマン泣かせな大人気濃厚つけめん店「群青」です。
ウィークデーのみ週四日しか開いておらず昼は行列、夜はスープが切れ次第終了ということで、ちょっとハードルの高い人気店です。

1)煮干そば:並300g/700円
f0165303_23585338.jpg
煮干の素朴な香りがたっていますが、それだけではない豚の風味もしっかり活きています。でも、スープに重厚感がちょっと不足かな。でも、オイリーさを感じさせるスープは太麺とよく絡みます。
f0165303_2359727.jpg
麺はおそらくつけそばと共通。むにっと歯が入る感じはなかなかよい。


2)つけそば2代目(仮):並300g/800円
f0165303_23592299.jpg
表面上は白ネギわんさか、あといかにも濃厚そうなつけ汁だけのビジュアルですが、、中には角切りチャーシューやらネギなどの具材がたっぷり入っています。
f0165303_23593584.jpg
麺が絡むとこんな感じ。重みを感じるほどの粘度をもったスープですが、かつおを中心とした複数の魚出汁は噂に違わず濃旨。ただ、バランス的にカツオ粉の風味が突出して感じられたので、六厘舎風に海苔に浮かべて調整できてもよかったと思います。


■群青
■大阪府大阪市北区天神橋6-3-26
■tel非公開
■11:00~15:00 18:00~21:00
 水・土・日・祝日定休日

main page(旅行記他)
wine page(飲んだワインの記録)
hiroshima page(広島在住時代の食べ歩き)
[PR]
by ririta8500g | 2011-05-16 23:57 | ごはんの時間~華
本日の南森ぱとろ~るは、福島の極楽シチリア「ラ・クッカーニャ(再訪)」、久々のアッサジーニ編です。

アッサジーニは、一皿一皿がすべて小ポーションなので沢山の違った前菜を食することができます。中身を完全にお任せもできるし、カウンターに所狭しと並べられている大皿で食べてみたいものがあると、指定してそれを入れ込んでもらう、ということも出来ます。

今回のアッサジーニはこの8点とファカッチャ&ゼッポリーニ(もちもち揚げパン)です。

1)カリフラワーのオムレツ
f0165303_23445541.jpg

2)カポナータ
f0165303_23451381.jpg

3)茄子のグリル
f0165303_23453170.jpg

4)小松菜のアーリオ・オーリオ
f0165303_23455184.jpg

5)鰯のマリネ
f0165303_23462225.jpg

6)舞茸のフリット
f0165303_23463642.jpg

7)茄子とトマトの重ね焼き
f0165303_23465453.jpg

8)パプリカと鶏のポルペットーネ(でっかい肉団子)
f0165303_23525570.jpg
アッサジーニここまで。

ワインは、シチリアの老舗、タスカ。ダルメリータのレガレアリ・ビアンコ。
f0165303_23475082.jpg
すきっと爽やかで特にマリネ系には良く合います。


9)魚介のパスタ、カターニャ風
f0165303_23484033.jpg
シチリアはやっぱり魚介だよね、ということでプリモはこれを選択。ファカッチャをのこしておいて、ソースをしっかり絡めとります。


10)豚肩ロースのアスパラガスソース
f0165303_23533496.jpg
アッサジーニを頂いた後は、お腹の満タン具合で、パスタやパスタ+パスタ、若しくは肉や魚などのセコンド系をチョイスします。今回は「肉」な気分だったので、白とグリーンのアスパラが沢山な大地の恵み風です。美味し。


11)ドルチェミスト
f0165303_2354211.jpg
りりた♀は、いつものドルチェミスト、りりた♂はいつもグラッパ。りりた♂のドルチェつまみ食いもいつものとおり。グラッパも当然シチリア産、ドンナフガータのネロダーヴォラでした。
f0165303_23542163.jpg

締めはもちろんエスプレッソ。
あぁまたお腹いっぱいたべてしまった。クッカーニャに腹八分目は存在しないのです。


■ラ・クッカーニャ
■大阪市北区中之島4-3-36玉江橋ビル1F
■06-6448-3336
■http://www.cuccagna.jp/


main page(旅行記他)
wine page(飲んだワインの記録)
hiroshima page(広島在住時代の食べ歩き)
[PR]
by ririta8500g | 2011-05-14 23:55 | ごはんの時間~伊

草喰 なかひがし

本日の南森ぱとろ~るは、銀閣寺道の超予約困難な和食「草喰 なかひがし」です。

予約のあまりのハードルの高さに、半ば諦めかけていたところ、Tさんのご好意により初訪問と相成りました。

1)八寸

魚の丸干し
桜に見立てた独活
蛍烏賊の薫製
分葱の出汁巻き、味噌漬けの黄身で
鯖寿司
たらの芽のフライ
こごみのおひたし醍醐風味
鹿肉の干物ともやしの和え物
酢葉
f0165303_22505782.jpg
出汁巻きは、その存在感、食感、味ともに文句なし。たらの芽のフライはほのかな苦味とからっとした衣が良い。鯖寿司は、あまり酢をきかせておらずとても上品。一皿になかひがしさんの魅力を散りばめた、素晴らしいスターターです。


2)こごみの白和え、胡麻をふりかけて
f0165303_22512923.jpg



3)虎杖(イタドリ)の白味噌仕立て、よもぎのお餅とともに
f0165303_22514020.jpg
滑らかで、柔らかく、甘すぎず、奥深い。とても美味しい白味噌でした。虎杖の食感もよし。


4)岩魚の塩焼きとうまい菜、酢葉を酒で炊き出したつけ汁添え
f0165303_22522616.jpg
これがまた、日本酒に合います。日本人に生まれて良かった、の瞬間。


5)地下水で三ヶ月泥を吐かせた鯉の刺身と川辺の草々を春の小川のうずまきのイメージで

鯉骨のにこごり
美山すみれ
山葵菜
天然のきくらげ
鯉鱗を揚げたもの
鯉の皮の湯引き
葱坊主
からすのえんどう
野蒜
水菜の花
酢葉の花
虎杖

f0165303_2253142.jpg
これに、塩もみした天然山葵を大根と共にすり下ろしたものを、「ぐるぐると渦巻きのイメージで混ぜて食べてください。」ということで、こうなります。
f0165303_22551152.jpg

見た目もきれい、さまざまな味や食感がごちゃまぜになりながらもひとつの料理としてまとまっていました。
おいしかった、以外に言葉はありません・・・。


6)若竹煮、琵琶湖の稚鮎と蕨で
f0165303_22555813.jpg
薄味仕立てでとても柔らかく、おいしい筍でした。

7)にえばな
f0165303_22561288.jpg
アルデンテからご飯への移り変わり際のひとコマ。

8)笹カレイの焼き物
f0165303_22562296.jpg


9)鴨のグリル
f0165303_2257663.jpg
じっくりと炭で炙られた本鴨。ワイン&大根のソースが添えられていましたが、そのままで十分おいしい!
りりた♀としては、先日のHajimeのシャラン鴨をしのぐ出来であると思います。

10)骨煎餅
f0165303_22572118.jpg
先の笹カレイ、身とは別にじっくり焼き込んだ骨や縁側が非常に美味!

11)止め肴
山椒オイルの煮びたし

f0165303_22595736.jpg

ねぎとしいたけの小鉢
f0165303_2301096.jpg

筍の若竹と小エビ
f0165303_2305863.jpg
これだけで、ご飯何杯でもたべれます。(byりりた♂)

香の物
f0165303_234833.jpg


めざし
f0165303_2342220.jpg


12)土鍋で炊いたご飯
おいしい、おいしい白ご飯を満喫。
そして・・・
f0165303_2343332.jpg
おこげは、丁寧に土鍋からこそげてくれます。

13)豆乳と抹茶のアイスクリーム
f0165303_2344791.jpg

アイスの上のつくしが本日の締め、となりました(笑)。


カウンターで頂きましたのでご主人の丁寧な、そしてウイットにとんだお品書きを拝聴しつつ、素晴らしい料理、日本酒・ワインを頂きつつ、大変楽しいひと時を過ごすことが出来ました。
Tさん、どうもありがとうございました!


■草喰なかひがし
■京都府京都市左京区浄土寺石橋町32-3
■075-752-3500
■12:00~14:00(L.O) 18:00~21:00(L.O)月曜休日

main page(旅行記他)
wine page(飲んだワインの記録)
hiroshima page(広島在住時代の食べ歩き)
[PR]
by ririta8500g | 2011-05-10 23:10 | ごはんの時間~和

一碗水(再訪)

本日の南森ぱとろ~るは、なかなか予約の取れない中華店、でも昼ならOKだよ、早く行けばね、な「一碗水」のランチです。

一碗水、会社の近くなんだけど、ランチは20食限定なので12時丁度ではなかなかありつけません。よって、自然と平日休み日狙いとなります。

1)中華粥
f0165303_2035254.jpg
中には湯葉、ハム、ピータン、生姜、ネギなど。滋味な味わいがとても美味しい。ボリュームはあるのですが、もっともっと食べ続けることが出来る。揚げワンタンがふりかけられており、食べ終わり際でもぱりぱり感が維持されてます。


2)鶏の唐揚げ甘酢炒め
f0165303_204239.jpg
単なる甘酢炒めではなく、胡椒のスパイス風味が柔らかくかつよく効いており、甘酢と見事に調和している。家庭では出せない技、さすがです。


3)筍の煮物
f0165303_2044890.jpg
柔らかい部分としっかりとした食感の部分とを同時に味わえます。


4)野菜の唐辛子炒め
f0165303_2051515.jpg
唐辛子がよく効いており、残った唐辛子を中華粥に混ぜて食べると、また変化があって美味しい。


ランチプレート全景
f0165303_2061286.jpg

これで1,000円は大変リーズナブル、おなか一杯の幸せ、です。


■一碗水 (イーワンスイ)
■大阪市中央区安土町1-4-5 大阪屋本町ビル 1F
■06-6263-5190
■11:30~(平日:数量限定\1000)、18:30~
■定休日 日曜・祝日・第4月曜

main page(旅行記他)
wine page(飲んだワインの記録)
hiroshima page(広島在住時代の食べ歩き)
[PR]
by ririta8500g | 2011-05-08 20:07 | ごはんの時間~華