南森(なんもり)周辺での食べ歩き日記


by ririta8500g
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

<   2011年 03月 ( 7 )   > この月の画像一覧

本日の南森ぱとろ~るは「ごはんの時間」、東加古川にあるフレンチ出身シェフのラーメン屋さん「新在家ラーメン もんど」再びです。

お店に着いたのは13時30分、行列は無かったので約5分の待ち時間でした。今回は、前回食べてなかったあっさり味とやはり看板のもんどラーメンを食してきました。

1)あっさり和風醤油麺(680円)
f0165303_1352169.jpg
面は細めでゆるいカーブを描いています。弾力もまずまず。出汁は透明感のある黄金色のスープ。煮干系の味わいですがメニューには「小鰺」「ウルメ煮干」「厚削り鰹節」「サバ節」を贅沢に使用、と書いてありました。ただ、単に魚介だけでなくしっかりと鶏の主張もありしみじみと味わいの深いスープですね。

2)もんどラーメン(680円+二つ玉+200円)
f0165303_135425.jpg

おなか空いていたので、やっちゃいました。さすがの味、ド定番の看板メニューですね・・・。
と思っていたら、いまHPを見るとこの両者、定番メニューから外れてしまっていました。食べておいてよかったです。

看板ラーメンを定番から外すとは、チャレンジ精神旺盛な店主ですね~。


■新在家ラーメン もんど
■兵庫県加古川市平岡町新在家273-8
■079-420-8123
■11:30~20:00 ※スープ売切れ次第終了 月・火定休日
■http://mondoramen.kobe.fm/


main page(旅行記他)
wine page(飲んだワインの記録)
hiroshima page(広島在住時代の食べ歩き)
[PR]
by ririta8500g | 2011-03-31 01:37 | ごはんの時間~華
本日の南森ぱとろ~るは、英国王室御用達、フォートナム&メイソンのティーショップです。
たまたま京都大丸の前を通りかかり、吸い寄せられるように入ってしまいました。

やっぱりここはハイティーセットでしょう。写真は2人分5000円のメニューです。サンドイッチ、スコーン、ケーキ、紅茶はメニューから好きなのを選べます。
f0165303_232023100.jpg

一緒に食事した友人は、ロンドンを庭同然にぱとろ~るしているグルメなつわもので、「ここのスコーン、おいしいねん~」と食べる前からヨダレもの。
私は本店の味を覚えてはいませんが(なにせ10年以上前)、ざくっボロっとした生地の食感、ごっちゃり乗せたクロテッドクリームとジャム、それを紅茶と交互に口に運ぶ幸せを想像するだけで、あっよだれが。考案した英国人はつくづく偉大です。
ところが!期待満々の我々の前に出されたスコーンは、日本人向けにアレンジしているのか、ざくっボロっからはほど遠い、パンっぽい食感のものでした。しかも添えられたクロテッドクリームやジャムもちょびっとだけ。ごっちゃりつけて食べたいよう~!!さらに追い討ちをかけるように、紅茶もいまひとつのお味。
f0165303_23205623.jpg

サンドイッチやケーキはそこそこ美味しかったので、スコーンと紅茶に関しては期待度が高かっただけに点が辛いだけかもしれません。
しかしここはあえて言いたい。老舗紅茶専門店のプライドにかけて「さすが!」と言わせて欲しいものですね。

■フォートナム&メイソン ティーショップ 京都大丸店
■京都市下京区四条高倉西入立売西町79番地 大丸京都店 B2
■TEL:075-222-8172
■10:00~20:00(L.O.19:30) 不定休


[PR]
by ririta8500g | 2011-03-27 23:28 | おやつの時間

煮干らーめん玉五郎

本日の南森ぱとろ~るは、天神橋商店街ちょい横にあるつけ麺で有名な「煮干らーめん玉五郎」に行ってきました。

ラーメン派(つけ麺も好きですよ)の私はとりあえず、通常のラーメン。でもどうせならスペシャルなものを・・・ということで特製ラーメンを注文しました。
特製ラーメンはチャーシュー二枚増量+味玉+メンマ増量で+200円の価格設定です。
f0165303_2272041.jpg

スープは豚骨の魚介系。どちらの風味も強すぎず、よく言えばバランスがよく、逆手に取るとインパクトが少ない感じです。でも、この濃厚さ具合は私好みですよ。あと、意外に胡椒が効いています。
中太のちぢれ麺、ぷり・つる系でとてもスープと絡みやすくなっています。食感もしっかりあってなかなか良いです。チャーシューはほろほろ、メンマは硬すぎず柔すぎず、味玉上出来。

次回はつけ麺に挑戦します。


■煮干らーめん玉五郎
■大阪市北区天神橋五丁目6-33 天満タニイ建物ビル1F
■06-6136-1313
■11:30~23:00(スープが無くなり次第閉店)不定休


main page(旅行記他)
wine page(飲んだワインの記録)
hiroshima page(広島在住時代の食べ歩き)
[PR]
by ririta8500g | 2011-03-26 22:08 | ごはんの時間~華
本日の南森ぱとろ~るは、庶民の味方のピザ屋さん「ピッツェリア・ヴァ・ブー」です。

平日ランチはマルゲリータが500円!という看板の横に、マルゲリータ1,000円、マリナーラ800円の看板。ディナーでも安いやん・・・ということで、とっとこ入っていきました。

店内は明るくさっぱりしていて、どことなくナポリっぽい。メニューも分かりやすく手作り風でなかなか感じがいいです。最初の注文は、もちろんマルゲリータ。美味しいマルゲリータはピッツェリアの絶対条件ですもんね!

マルゲリータ(1,000円)
f0165303_21222598.jpg
生地は若干パンっぽいところがあり、生地自体の油分が多め、そして、もう少しモチモチ感が欲しい。また、トマトソースの濃度がもうちっと欲しいかな。どちらもいい出来なんだけど、もうちょっとづつ足りない感じ。フレッシュなモッツァレッラは価格のわりに質・量ともOKです。

続いて、
ナポレターナ(900円)
f0165303_21225990.jpg
こちらのマリナーラはトマト、オレガノ、ニンニク、バジルなので+100円でアンチョビがプラスになるコレを注文。生地は同じだったけど味わいがダイナミックで、完成度はこちらの方が高く感じました。

コスパのよさも感じましたが、何より「絶対額」の安さがとても嬉しい。ピザが身近に感じられるお店ですね。
ワインはグラス600円から。飲みもの系は若干高めなのが玉にキズ。


■ピッツェリア・ヴァ・ブー
■大阪府大阪市北区西天満5-13-12
■06-6312-4320
■11:30~14:00(土日祝は14:30)、18:00~22:30 月曜休



[PR]
by ririta8500g | 2011-03-21 21:27 | ごはんの時間~伊
本日の南森ぱとろ~るは、ちょい遠「丹波ワイナリー」訪問です。
2009年に初訪問以来、4回目になります。いろいろあって、約一年ぶりの参加でした。

何時もの手順通り、先ずは、醸造における各過程の説明を終えた後、熟成庫にての試飲です。熟成中だけにバランスが製品ほど取れていませんが将来どんなワインになって行くのか、想いをはせる事ができ楽しいです。
f0165303_037694.jpg

次に、「畑作業」。今回は剪定、サンジョベーゼの剪定をわざわざ一列だけ残していただいてて、剪定作業を行いました。希望者は、切り取った枝を持ち帰り栽培を行うことが可能です。残念ながら、前日大雪が降ったので畑の状態が悪く実現しませんでしたが、今回は葡萄の苗を植える予定だったのでした。回を重ねると自分で剪定や収穫などをおこなったワインを飲むことが体験でき、なんか嬉しくなりますね~。
f0165303_037317.jpg

そして試飲。今回は無濾過リースリング、メルロ、及びカベルネ・メルロを頂いたあとは、いよいよ宴会(笑)。
料理は、
地野菜のピクルス、鹿肉のパテ、大蒜・唐辛子が利いている○○のマリネ、モン・ドールチーズのカナッペ、京都ポークとベーコンの味噌漬けサラダ、地野菜のロースト、ツバスの昆布〆カルパッチョ、鯛のカルパッチョ・デイル風味、キャロット・ラペ(にんじんのサラダ)、クルヴェット・サラダ、ナスのボロネーゼ。
特筆すべきは、和牛ネックの赤ワイン煮込み。写真なしですが、兎に角旨かった。
f0165303_0375338.jpg

忘れてはならない、特製カレー。
鹿肉と丹波ワインをタップリつかった特製カレーはここでしか食べることができません、
てか、ここに来ても何時も食べることが出来るとは限りません。是非、このワイナリー見学ツアーに参加してください!絶品です。
f0165303_0381750.jpg

猪のグリル。足4本使いました的なヴィジュアル、インパクトあるでしょ?
f0165303_0383388.jpg

モチロン、ワインも飲んでます。
f0165303_0385054.jpg


朝、9時30分出発からバス中で飲み、(遅い)ランチで飲み、帰りでもやはり飲み続け、いやはや飲み飲み天国です。
何時もながら、楽しいひと時を過ごせました。


■丹波ワイナリー
■京都府船井郡京丹波町豊田鳥居野96
■0771-82-2003
■11:30~15:00(L.O.14:30)木曜定休日
[PR]
by ririta8500g | 2011-03-08 00:42 | ぱとろ~る(ちょい遠)
本日の南森ぱとろ~るは、は高槻の超有名ラーメン店「彩色ラーメンきんせい 高槻駅前本店」です。

高槻駅前とアクセスは非常に良いのですが、ちょっと奥に入った所にあるのでちょっと見つけにくかったかな。

1)あわせあじらーめん(800円)
f0165303_2328093.jpg

麺は中位の太さで、腰があり粉っぽさも残る食感は好み。豚骨鶏がらと魚介のWスープの程ほどのこってり感に、白髪葱の爽やかさがとてもマッチしています。大きなチャーシュー二枚はほろほろ感がとてもよい。全体的なバランスもいい感じです。

2)みそらーめん ぴり辛(800円)
f0165303_23281856.jpg
スープは味噌の辛味のインパクトがいい感じで、食べ始め~中盤まではこちらの方が好みだった。ただ、最後の方になるとかつおの粉感が強くなりすぎで少々飽きがくる。

3)半チャン(らーめん+200円)
f0165303_23292033.jpg
ピラフのような食感のチャーハン。とても美味しい。お腹の減り具合によって半チャン+200円とフル+400円を選べるのはいいシステムだと思う。


■彩色ラーメンきんせい 高槻駅前本店
■大阪府高槻市北園町18番1 コーケンビル1F103号
■072-682-8956
■http://www.kinseigroup.com/


main page(旅行記他)
wine page(飲んだワインの記録)
hiroshima page(広島在住時代の食べ歩き)
[PR]
by ririta8500g | 2011-03-05 23:30 | ごはんの時間~華
本日の南森ぱとろ~るは、大阪のフレンチの星「ハジメ レストラン ガストロノミック オオサカ ジャポン」って長い名前です。
その3ということで、本日はデセールの紹介。

12)フロマージュ
f0165303_23424018.jpg
各種フロマージュがワゴンで運ばれてきて、好きなものを選べます。くせのないものを選びました。
はちみつとレーズンを添えていただきました

13)アーモンド・スープ
f0165303_2343689.jpg
アーモンド・オレみたい。アーモンドのとても甘くいい香りでした。

14)クロワッサン
f0165303_23433252.jpg
一番下には焦がしバターの風味のクリーム。それにカカオバターと卵白のムース、コーヒーのアクセント。名前どおりクロワッサン(=三日月)な形の焼き菓子の間にはピスタッチオとナッツで、食感に変化をつけています。
上のアイスクリームは(パンの)クロワッサンの味わいとのことですが、クイニーアマンの味わいに近い感じでした。こちらも今まで食べた中でベスト3に入る美味しさ。

15)カカオと砂糖で作ったキャンディ、丁子の香りで。
  フランボワーズのムースと濃厚プリン。

f0165303_2344125.jpg


16)ミニャ
f0165303_23442124.jpg
カカオのチョコレート、ホワイトチョコレート、生キャラメルに飴をコーティング、ドライラベンダーと共に。黒糖の生地にコーヒークリーム。
パータジェンヌ、アーモンドのケーキにクリーム、グレープフルーツ。
そして、エスプレッソ。

ワイン
Ch Lynch Moussas 1997
カベルネ・ソーヴィニョン65%、メルロ30%、カベルネ・フラン5%
f0165303_23473383.jpg


全般にナッツ系を使った食感と味わいが目立った感じでしたが、どの皿も美味しかったし、特にメイン以降の出来は文句なしでした。
訪れる度に、皿に変化させてくるタイプのお店とのことで次回が楽しみですが、何時になるのやら・・・。


■HAJIME RESTAURANT GASTRONOMIQUE OSAKA JAPON
■大阪府大阪市西区江戸堀1-9-11 アイプラス江戸堀 1F
■06-6447-6688
■12:00~15:30、18:00~23:30 月・火曜日定休
■http://www.hajime-artistes.com/

main page(旅行記他)
wine page(飲んだワインの記録)
hiroshima page(広島在住時代の食べ歩き)
[PR]
by ririta8500g | 2011-03-02 23:48 | ごはんの時間~仏