南森(なんもり)周辺での食べ歩き日記


by ririta8500g
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28

<   2011年 02月 ( 9 )   > この月の画像一覧

本日の南森ぱとろ~るは、大阪のフレンチの星「ハジメ レストラン ガストロノミック オオサカ ジャポン」って長い名前です。

その2ということで、本日はメインの紹介。

7)ふきのとうのグラニテ
写真撮り忘れです。

8)甘鯛のポワレ
f0165303_2010131.jpg
甘鯛はうろこが付いたまま?皮目はサクサクに軽く焼きあがっていて香ばしい!
身はこれまた絶妙な火加減で、とても美味しい一品でした。レアに近い食感でしかも生臭さは皆無。添えてあったのは、レモンのチャツネ、柑橘系のソースなど。青梗菜はオリーブオリルを塗って低圧調理。なんとも濃厚な青梗菜でした。

9)フォアグラのタルティーヌ
f0165303_20103311.jpg
薄焼きジャガイモでフォアグラ、いちじく、ナッツなどが挟んであります。フォアグラは「らしさ」を残しつつ、とても滑らかでクリーミー。ジャガイモのパリパリ感とナッツの食感、イチジク、そしてソース、全てはそのフォアグラを活かす為に存在しています。絶品。
f0165303_20105369.jpg
中を見ると、フォアグラの上にはイチジクのコンフィ、へーゼルナッツ、胡桃に松の実、デイルにタラゴン、そしてヴィネグレット。

10)パースニップのスープ
f0165303_20114960.jpg
ヘーゼルナッツソースとトリュフアイスが入ったお皿に、温かいパースニップのスープが目の前で注がれます。いわゆるアッフォガードですな。冷たいアイスと温かいスープが口の中でとろりと溶け合う感覚がたまりません。

11)シャラン鴨
f0165303_20121220.jpg
名高いシャラン産鴨の中でも最高峰であるビュルゴー家のもの。皮はぱりぱり、肉はとても柔らかく味わい深い。皮目を焼いたあと、2時間かけて赤外線でじっくり火を通すそうです。ちまちまとせず、がっつりボリューム。添えてあるのは、かぼちゃのクリームと、バルサミコソース、グレービーソース、干し葡萄のチャツネ、かぶ、山葵の葉と石榴。いままで食べた鴨料理の中で一番美味しかったです。
f0165303_20123857.jpg


メインは何れも完璧に近い(魚で、ちょっち塩がきつかった)出来でした。サービスでひとつ残念だったのがシャラン鴨の間中、りりた♀のグラスが空だったことでしょうか。


最後は、デセール編。フロマージュからデセール、ミニャを紹介します。


■HAJIME RESTAURANT GASTRONOMIQUE OSAKA JAPON
■大阪府大阪市西区江戸堀1-9-11 アイプラス江戸堀 1F
■06-6447-6688
■12:00~15:30、18:00~23:30 月・火曜日定休
■http://www.hajime-artistes.com/

main page(旅行記他)
wine page(飲んだワインの記録)
hiroshima page(広島在住時代の食べ歩き)
[PR]
by ririta8500g | 2011-02-27 20:15 | ごはんの時間~仏
本日の南森ぱとろ~るは、大阪のフレンチの星「ハジメ レストラン ガストロノミック オオサカ ジャポン」って長い名前です。
先ずは、アミューズとオードブルまで。

大阪唯一のミシュラン三ツ星ということで、念願かなっての初訪問。
専用の電話予約センターで休前日の夜指定で1.5ヶ月待ちでした。食前酒でBillecart-Salmon Blanc de Blancs Grand Cru NVとGerard Boulay Sancerre Monts Damnes Blanc 2008を注文。
f0165303_1233157.jpg
テーブルに腰をかけると、目の前には米田シェフのフィロソフィーとメニュー(Le Menu nature et dialogue 2011 "自然との対話")が記された紙。それを読みつつ、ドキドキしながら料理を待ちました。

まずは、アミューズ・ブーシュ一品目
1)胡麻やコリアンダーを練りこんだ薄焼き生地のロール、
  キャベツの新芽、香味野菜を包んだ平目

f0165303_124458.jpg
コリアンダーが結構効いており、オリエンタルでお菓子的な要素をもったカルパッチョでした。

2)ウッフ、桃のムースとイベリコ豚のチョリソ、ラベンダーの香り
f0165303_1243685.jpg
底の半熟卵黄とよく混ぜて食べてくださいとのこと。桃のムースの上にはローストしたアーモンドにイベリコ豚のチョリソー。ねっとりと濃厚な味でしたが、上の砕いたナッツの食感がアクセントになっていました。

3)パンのコース
f0165303_1251727.jpg
それぞれの料理に合わせたパンとのこと。オリーブ、アオサとジャガイモ、プチパン、ドライフルーツ、ごま。吹田の有名店ル・シュクレ・クールによるハジメレストランのためのオリジナル・ラインナップです。

4)北海道の無塩、エシレ、ゲランの塩とギリシャのオリーブオイル
f0165303_1255060.jpg
バター喰いのりりた♂には天国でしたが、りりた♀はパンそのものの味わいにぞっこんでした。

5)サン・ジャック
f0165303_1262191.jpg
下には、タブレ(クスクスのサラダ)が敷いてあり、上にはサフランの泡がかかっていました。ホタテは上の方が火がよく通って香ばしく、下のほうは生っぽさを残したねっとりとした食感。絶妙な火加減です。クスクスには、エシャロットかな?葱っぽいものが混ぜてあって、レモンの酸味が効いているの爽やか感が出ておりとても良いです。

6)ミネラル
f0165303_127795.jpg
104種類もの温・冷野菜!それぞれ調理方法や味付けが異なる野菜がこれだけ揃えられると圧巻!です。メニューに書かれてある通り、自然へのオマージュが溢れています。
ひとつひとつ、素材・ピューレの組み合わせを楽しみながらいただきました。見た目・味わい以外の要素で「食べていて楽しくなる」一品です。でも、これだけでけっこうお腹一杯になってきたかも(笑)。

次回は、メイン編。魚とフォアグラ、肉料理を紹介します。


■HAJIME RESTAURANT GASTRONOMIQUE OSAKA JAPON
■大阪府大阪市西区江戸堀1-9-11 アイプラス江戸堀 1F
■06-6447-6688
■12:00~15:30、18:00~23:30 月・火曜日定休
■http://www.hajime-artistes.com/

main page(旅行記他)
wine page(飲んだワインの記録)
hiroshima page(広島在住時代の食べ歩き)
[PR]
by ririta8500g | 2011-02-25 23:35 | ごはんの時間~仏
本日の南森ぱとろ~るは、コスパ抜群!天満の中国食府「双龍居」です。

忘年会で激辛バージョンの「牛肉の四川風煮込み」を体験し、益々双龍居にホレ直したりりた♂。又もや、究極の辛旨を目指し突入してしまったでアリマス!

こちらのランチタイムの良いところは、只でさえ「美味しくて・ボリュームタップリで・安い」昼の定食に加え、更にガッツリと食べたい時は、全てのアラカルト(140種類だっけ?)を提供してくれるところです。

1)牛肉の四川風煮込み(激辛バージョン):950円
f0165303_0192423.jpg
辛っら~。でも、各種スパイスが絶妙の配合で旨味もすごい。舌の上に凶辛味を伴った旨味が駆け巡るのですよ。ノーマルのコレより断然好みです。

2)具を食べたあと、卵麺で頂きます!:+150円
f0165303_0195059.jpg
鼻をすんすん言わせながら食べます。思わず、鉢から受け皿にこぼれたスープをのをスプーンですくってしまいます。ヤメラレナイ、トマラナイ。

3)あんかけ焼きそば(揚げそば):950円
f0165303_0201421.jpg
刺激に疲れた舌に、やさしい味わいの中華あんかけ。でも、ボリュームはハンパない。左のスプーンの上の鶉の卵からボリュームを推し量るべし。具も大振りで、それぞれの食感も良し。

4)揚げパン:450円
f0165303_0204423.jpg
蒸してから揚げるパン。表面ぱりっで、中身はほくほく。練乳につけて食べると。マジほっぺた落ちますよ。

あぁ、二人でお腹はち切れる程食べて2,500円。瓶ビール飲んでも二人で3,000円。おすすめです。

■中国食府 双龍居
■大阪市北区池田町10-11辰巳ビル1F
■06-6358-8808
■休日:第一・第三月曜日(昼休みあり)


main page(旅行記他)
wine page(飲んだワインの記録)
hiroshima page(広島在住時代の食べ歩き)
[PR]
by ririta8500g | 2011-02-22 00:22 | ごはんの時間~華
本日の南森ぱとろ~るは、「高砂にくてん@ご当地グルメ甲子園」です。
阪神百貨店にて21日まで開催されている「ご当地グルメ甲子園」にて、高砂にくてんを食べてきました。

f0165303_1161127.jpg
高砂にくてんは、広島焼きのような生地の上に、炊いたジャガイモ、甘辛く煮込んだ牛スジとこんにゃく、それにキャベツや天カスをのせて焼いたものです。
f0165303_1163527.jpg

同じ関西?の方でも大阪ではなかなか食する機会がないので、食べに行きました。子供の頃、よく食べた味なんですよね~。旨かったっす。
よろしければ、こちらの記事もどうぞ。


ご当地グルメ甲子園、播州系では、他にも「赤穂の塩ラーメン」「加古川かつめし」「姫路おでん」などが販売されていました。
「かつめし」とは、ごはんの上に薄く伸ばした牛カツに特製のドミグラソースをかけ、茹でたキャベツが添えられたものです。
今回のにくてん以外での、りりたのおすすめは「加古川かつめし」なんですが、今回はどうも不人気のようです。501円と価格を抑えたからか、ごはん、カツとも何ともしょぼい。もうちょっと大きくガッツリ見せてれば結果は違ったかもね。


■ご当地グルメ甲子園
■2月16日(水)~2月21日(月)
■阪神百貨店8階催場 ※最終日は午後5時終了


main page(旅行記他)
wine page(飲んだワインの記録)
hiroshima page(広島在住時代の食べ歩き)
[PR]
by ririta8500g | 2011-02-21 01:19 | ごはんの時間~和
本日の南森ぱとろ~るは、「シングルモルト&ショコラ・セミナー@山崎蒸留所」です。

シングルモルトとチョコレートのマリアージュ講座があるとのことで、山崎蒸留所に行って来ました。バレンタイン・デー前後の休日に40名と60名づつの募集だったのですが、殆どが満席。辛うじて残り2名の日に滑り込みました。

チョコレートは、パレド・オールのグランシェフ三枝俊介氏が「山崎」や「白州」とのマリアージュを考えて作られたものです。
f0165303_030534.jpg
左上:マンダリーヌ、右上:ノワ・ド・ココ、左下:エビス、右下:ジャスミン

マリアージュは以下の4つ。
f0165303_0312641.jpg

1)山崎10年=マンダリーヌ
ウィスキー自体にオレンジの風味が感じられ、チョコの中のマンダリンオレンジとの相性ぴったりでした。りりた♀のベストマリアージュ賞。
2)山崎12年=ノワ・ド・ココ
ココナッツ味のクリームガナッシュは、山崎12年のナッティーな感じがとても合ってました。りりた♂のベストマリアージュ賞。
3)山崎18年=エビス
エビス、丁子の様なカレー風味が少し強すぎたかな。山崎18年のレーズン感にあわせたチョコなぞどうでしょうか。
4)白州12年=ジャスミン
ジャスミンと白州のスモーキーさが合わされており、まずまずいい感じでした。

このあと、山崎12年を使った美味しいハイボールの造り方講座などもあり、とても楽しいセミナーでした。


■■■ 醸造過程(おまけ)■■■

1)仕込み
f0165303_0325173.jpg
山崎の清水を暖め、砕いた麦芽と共にステンレスの仕込み槽へ。麦のでんぷん質が糖分に変化し、麦汁となります。

2)発酵
f0165303_033266.jpg
麦汁は、4.5mもある木製の発酵槽に移され、酵母を加えます。温度管理せずに発酵を促し、約7%のアルコール分となります。

3)蒸留
f0165303_0335693.jpg
形や大きさの異なった6種類の蒸留器に二回かけて54度位?にまでアルコール分を上げていきます。出来上がったものは、ニューポットと呼ばれる。

4)熟成
f0165303_0342724.jpg
様々な樽を使って熟成を行い、色合いと風味を付け加えていきます。

この後、ブレンドして一定の味わい、というかそれぞれの商品を作りこんでいくわけですね・・・・・。

■サントリー山崎醸造所
■大阪府三島郡島本町山崎5-2-1
■075-962-1423(工場見学申し込み)
■http://www.suntory.co.jp/factory/yamazaki/
[PR]
by ririta8500g | 2011-02-20 00:37 | おちゃけの時間
本日の南森ぱとろ~るは、「おやつの時間」、チョコレートの金平糖@緑寿庵 清水です。

日本でただ一軒の金平糖の専門店、京都は@緑寿庵 清水。年に一度だけ作られる「究極の金平糖」シリーズでも、特に人気の高いチョコレートの金平糖です。
f0165303_0283346.jpg
濃厚なチョコレートの香りと味わいが金平糖にて見事に表現されています。
f0165303_0285183.jpg
このフランス製蓋物ガラス入りで3,200円、桐箱入りで2,500円。ちょっとお高いけど一食の価値あり、です。
バレンタインデーにコレを送られる男子は幸せ者ですね。(予約必須です)
f0165303_0291014.jpg

因みにこちらは、ロマネ・コンペイトウ、「究極の金平糖」シリーズのひとつです。ヴォーヌ・ロマネ村の一級畑(クロ・デ・レア)のワインを原材料としているとの話もあります・・・。
価格は聞かぬが華。

■緑寿庵 清水
■京都市左京区吉田泉殿町38番地の2
■075-771-0755
■10:00~17:00 定休日:水曜・第4火曜
[PR]
by ririta8500g | 2011-02-16 00:31 | おやつの時間

新在家ラーメン もんど

本日の南森ぱとろ~るは、「ごはんの時間」、東加古川にあるフレンチ出身シェフのラーメン屋さん「新在家ラーメン もんど」です。

休日の11時30分過ぎ、開店間もない時間にに参上したのですが、すでに待ちが4組。噂に違わぬ人気ぶりです。

1)もんどラーメン(680円)
f0165303_136928.jpg
看板ラーメン。麺は「平打ち不均等麺」という名前の玉子麺ですこし粉感があるとても好みの麺です。豚骨鶏がらと魚系のWスープ。どちらも主張が強くせめぎ合いながらもバランスを保っている感じでスープと良く相います。

2)新味豚骨醤油麺 味玉入り(780円)
f0165303_1363285.jpg
こちらの麺は中位のストレート麺。こちらもちゃんと腰のある好みの麺です。スープは、背油がタップリ浮いており、スープ自体にもかなり背油影響?のトロミが強く濃厚さを感じさせられます。でも、少し酸味が効いていてるため、しつこさを感じさせられないのが面白いですね。また、チャーシューも若干臭みを残している感じがします。こちらはデフォルトで味玉が付いていないので100円プラスの味玉付きバージョンです。

3)肉めし丼(ラーメン+380円)
f0165303_1365981.jpg
四万十ポークがタップリ入っています。高菜、そしてご飯にはしょう油だしがかかっており味は濃い目。でも癖になりそうです。現在、写真プラス播磨滋養卵の生卵が一個サービス中。
この他にも、白身フライ、餃子、ロース豚カツ、から揚げのセットメニューがあります。

4)餃子(単品:300円)
f0165303_1372681.jpg
大蒜がかなり利いていますね。美味しいけど、あと匂います(笑)。


割と頻繁に限定メニューが販売されるようで、メール会員になると情報をGETできるとのこと。店内に限定メニューのサンプルチラシが置かれていましたが、どれも美味しそうでした。
ラーメンとして洗練されているとまでは言えませんが、店主の意欲が充分に伝わってくる内容で、是非再訪したい店となりました。

■新在家ラーメン もんど
■兵庫県加古川市平岡町新在家273-8
■079-420-8123
■11:30~20:00 ※スープ売切れ次第終了 月・火定休日
■http://mondoramen.kobe.fm/
[PR]
by ririta8500g | 2011-02-13 23:38 | ごはんの時間~華
大阪天満宮の節分恒例行事に行ってきました。
f0165303_13585968.jpg
無料で先着1,000人に巻きずしが配布され、1,000人そろって恵方を向いて丸かぶりしようじゃないか、というイベント。今年で9回目です。
お寿司だけもらってさっさと帰ってしまう人も多いようですが(大阪人らしい(^^;)、見知らぬ者同士で集まってかぶりつくのもまた良し、ではないでしょうか。
ちなみに、お寿司は美味しかったですよ!!
f0165303_1414870.jpg

■巻きずし1000人丸かぶり
■場所:大阪天満宮
■日程:毎年2月3日
 ・10:30~ 整理券配布(限定1000) ※時間までに行けばだいたい大丈夫
 ・11:40~ 巻寿司配布
 ・12:00~12:15 ご祈祷、丸かぶり

main page(旅行記他)
wine page(飲んだワインの記録)
hiroshimai page(広島在住時代の食べ歩き)
[PR]
by ririta8500g | 2011-02-03 14:08 | ごはんの時間~和
本日の南森ぱとろ~るは、「おやつの時間」ル・ピノーの生チョコロールです。
f0165303_2343447.jpg
風邪引きりりた♂の、「甘いもん食べたい~」リクエストで買ってきました。
生クリームたっぷり、全体ボリュームもたっぷりなロールケーキ。なのに1260円という庶民価格!!
安いからと、味は期待していなかったのですが、いやいやどうしてとても美味しかったです。クリームの中には生チョコとオレンジが並べてあるのですが、オレンジの部分を食べるとさっぱり、チョコの部分を食べると濃厚、と味の変化も楽しめました。すばらしい。
よほど気に入ったのか、風邪でうんうん唸ってたりりた♂が、ぺろりとほとんど一人で平らげたのにはびっくりです。

■ル・ピノー
■大阪市西区北堀江2-4-12 ※購入店は阪神百貨店地下一階
■0120-24-9014
■http://www.le-pineau.com/index.html

main page(旅行記他)
wine page(飲んだワインの記録)
hiroshimai page(広島在住時代の食べ歩き)
[PR]
by ririta8500g | 2011-02-02 23:46 | おやつの時間