南森(なんもり)周辺での食べ歩き日記


by ririta8500g
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

<   2009年 12月 ( 6 )   > この月の画像一覧

今回の南森ぱとろ~るは「おちゃけの時間」、城山ビール(いずし浪漫)です。

出石そばで有名な、兵庫県豊岡市出石町の地ビールをお土産で頂きました。
ラベルには、出石町にある、日本最古といわれる時計台がモチーフに描かれており、浪漫チック~。
f0165303_22575161.jpg

いただいたのは、アルトタイプと黒豆ヨーデルの二種類。
アルトタイプ
副原料としてそば粉が使われているせいか、香ばしい。すっきりしていてフルーティ。後味もほどよく、ビールとしてのバランスに優れていると思います。
黒豆ヨーデル
見た目は黒ビールですが、味わいはすっきり。もっと黒豆らしい深みが欲しいと感じました。先にいただいたアルトタイプが、特に秀逸だったので、ちょっと物足りなく感じただけかも(?)こちらは、エールとまではいかないけれども、少し温度を高めで飲む方がおいしいと思いました。

いずれも、香り高く、すっきりした後味が特徴。
うまかったっす~。Nさんありがとう!


main page(旅行記他)
wine page(飲んだワインの記録)
nanmori page(本ブログ)
[PR]
by ririta8500g | 2009-12-27 23:00 | おちゃけの時間
今回の南森ぱとろ~るは「ごはんの時間」第八十九弾、天ぷら新宿つな八 高島屋京都店です。
こちらに来ると必ず注文するのが、平日昼限定の「菜彩膳(1,575円)」。
天ぷらは、海老二本、野菜五品、帆立貝、小海老のかき揚げ。そしてお揃い(御飯、味噌汁、香の物)がつきます。
f0165303_17102347.jpg
f0165303_1710327.jpg

天ぷらは、二度にわけて、揚げたてをテーブルに運んでくれます。
とにかくボリュームたっぷり。どれもおいしいですが、私のお気に入りは、むっちり肉厚ピーマンと、ぶりっぶり小海老のかき揚げ。
高島屋カードを見せると、ソフトドリンクorビールorワインを一杯サービス、という嬉しいおまけつき。
今日も、揚げたてサクサクの天ぷらとビールで、昼間っからご機嫌でした♪

■天ぷら新宿つな八 京都高島屋店
■京都府京都市下京区四条通河原町西入真町52 高島屋京都店7階
■075-252-7885
■11:00-21:30 (LO 20:45)
■http://www.tunahachi.co.jp/store/fr_0403.html

main page(旅行記他)
wine page(飲んだワインの記録)
nanmori page(本ブログ)
[PR]
by ririta8500g | 2009-12-23 17:13 | ごはんの時間~和
今回の南森ぱとろ~るは「あ~とな時間」、ベートーヴェンの「第九」@齊藤一郎&京都市交響楽団です。
音楽好きのりりた♀のリポートです。
f0165303_1241041.jpg

交響曲を聴きにいくのは久しぶりです。
前から数列目の席で、特にコントラバス側だったせいか、まぁ音が床を伝ってよく響くこと。
さらに、素人とはいえ200人規模の合唱もついて、これでもか!の大音量。
室内楽びいきとしては、ひっさしぶりの大迫力がとっても新鮮で、また交響曲を聴いてみたくなりました。

私的には、今日の一番は指揮の齊藤一郎氏。
背が高くて品があって、派手すぎず控えめすぎず力強くも繊細にタクトを振る姿にはググっときましたよぉ~(あっよだれが)。

■曲目:ベートーヴェン エグモント序曲、交響曲第9番ニ短調作品125「合唱」
■指揮:齊藤一郎、管弦楽:京都市交響楽団
■出演:ソプラノ:畑田弘美、アルト:福原寿美枝、テノール:松本薫平、バス:三原剛
■2009年12月16日(水)19時開演
■ザ・シンフォニーホール
■料金/A席:6000円、B席:5000円

main page(旅行記他)
wine page(飲んだワインの記録)
nanmori page(本ブログ)
[PR]
by ririta8500g | 2009-12-16 23:59 | あ~とな時間
今回の南森ぱとろ~るは「おやつの時間」、生ケーキ三種@クラブハリエです。
ちょっと滋賀へ出張した際、クラブハリエで生ケーキ(名前、忘れました)を買ってきました。
f0165303_014189.jpg
1)モンブラン
昔は季節限定だけど、阪神百貨店でも手に入っていました、が置かなくなってはや数年。久しぶりに頂きました。相変わらず栗ペーストタップリで美味。でも、土台のメレンゲ焼き菓子部分が昔と違ったような・・・。
2)コニャック風味のティラミス
クリームにコニャックたっぷりで大人のティラミスって感じでした。
3)チョコレートのケーキ
ガトーショコラの土台にナッツ入りミルクチョコクリームとチョコクリームが層になっていました。これが、今日の一番。うまー。


■クラブハリエ(CLUB HARIE)/八日市玻璃絵館
■滋賀県東近江市八日市東浜町 1-41
■0748-23-4880


main page(旅行記他)
wine page(飲んだワインの記録)
nanmori page(本ブログ)
[PR]
by ririta8500g | 2009-12-11 00:05 | おやつの時間
今回の南森ぱとろ~るは「ごはんの時間」第八十八弾、魔法のレストラン茶屋町MBSマルシェです。

茶屋町MBSビルにて、MBSの料理番組「魔法のレストラン」と「農家さんの屋台村」のコラボ企画が行われる!との情報にいそいそやって来ました。
まず、企画モノの「魔法の牛豚めし」(500円)を購入。
スパイスを効かせた豚と魔法の出汁で煮込まれた牛肉、そしてキノコご飯で、美味しいランチを頂きました。
f0165303_2373316.jpg

小規模ながらも老舗料亭御用達や無農薬・減農薬野菜などのブースも多数出店されており、しかも安い!
f0165303_2375167.jpg

さすがに、嵐山吉兆の地鶏水炊きセット(一万円)、祇園さ々木の牛しゃぶセット(7500円)は手が出ず、
嵐山吉兆・・・・の契約農家の紅芯大根(250円)、菊乃井・・・・の契約農家の九条ねぎ(200円)他を購入し晩御飯にしていただきました。
f0165303_238526.jpg



■魔法のレストラン茶屋町MBSマルシェ
■茶屋町MBS本社1階
■2009/12/06(日),20(日) 10:00~17:00


main page(旅行記他)
wine page(飲んだワインの記録)
nanmori page(本ブログ)
[PR]
by ririta8500g | 2009-12-06 23:10 | ごはんの時間~他
今回の南森ぱとろ~るは「あ~とな時間」、第131回日本シューベルト協会演奏会《第24回シューベルティアーデ》です。
声楽好きのりりた♀のリポートです。
f0165303_1125828.jpg

シューベルトの曲ばかりを集めた演奏会、というと地味でマニアックな印象を受けますが、客席は結構埋まっていて意外な人気ぶり。
9名の日本シューベルト協会会員歌手が、それぞれ3曲ずつ、という趣向でした。
司会進行や曲紹介も一切なく、それがさらにマニア向け演奏会っぽくていいですね。

田村香絵子さん(ソプラノ)。
相変わらずの美声で、曲全体を、そして一音一音を大切に丁寧に歌われます。
こんなに大事に心をこめて歌ってもらったら、作曲者が聞いたら喜ぶだろうなぁといつも思います。

村上恵利子さん(メゾ・ソプラノ)。
あまり知らない曲ばかりでしたが、引き込まれてしまいました。
少し緊張ぎみに見えましたが、それでも聴衆をひきつける力があるのはすごいと思いました。
機会があれば、演奏会にも行ってみたいと思います。

松室華子さん(ソプラノ)。
聴かせどころでは音量を上げてホール全体に響かせておられたのですが、私には山場が多すぎて、曲の一番いいたいのはどこなの?といまいちつかめませんでした。
とはいえ、すきとおるようなとても美しい声でした。素敵です。

その他の出演者は以下のとおり(出演順)。
神田美幸さん(Sp)、鈴木恵美子さん(Sp)、澤井宏仁さん(Br)、伊藤聡子さん(Sp)、酒井泰子さん(msp)、溝口眞知子さん(Sp)。

私はどちらかというとドイツ歌曲にはあまりなじみがないため、先入観なく楽しめました。
じみ~な曲でも、歌い手によっては、生き生きとして思わず引き込まれてしまう反面、メリハリのある曲でも、漫然と歌われてしまうと、退屈したり。
自分の音楽の世界をきちんと表現するって、難しいけど大切なんだなと思いました。

■第131回日本シューベルト協会演奏会《第24回シューベルティアーデ》
■2009年12月1日(火)19時開演
■兵庫県立芸術文化センター神戸女学院小ホール
■料金/3500円(自由席)

main page(旅行記他)
wine page(飲んだワインの記録)
nanmori page(本ブログ)
[PR]
by ririta8500g | 2009-12-01 23:59 | あ~とな時間