南森(なんもり)周辺での食べ歩き日記


by ririta8500g
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

<   2009年 03月 ( 10 )   > この月の画像一覧

今回の南森ぱとろ~る「ごはんの時間」第五十三弾は丹波ワイナリー(レストラン編)です。
3/16掲載の「ワイナリー編」に続き、テイスティングの後のランチを掲載いたします。

・突き出し
f0165303_40225.jpg

国産巨峰の干葡萄と、チーズ二種(ピカンテのゴルゴンゾーラ、ウォッシュタイプ)

・アンティパスト
f0165303_404583.jpg

さごしのマリネ、丹波黒鶏のレバーペースト、鶏の燻製とうずら豆のサラダ

・プリモ
f0165303_40376.jpg

鴨と、地元で採れたしめじ、しいたけ、かぶらのリゾット

・セコンド
f0165303_411558.jpg

ハイブリットポーク(三元豚)のバラの煮込み

・デザート
いちごのムース

当日は一人1本の持ち寄りということで、赤ワインだけでも19本。いろんなワインが目の前にあるので、「これと合う」「これとは合わない」などといろいろ試してみました。
お料理は、地元で採れたものなどを積極的にとりいれているのがいいですね。美味しかったです!

■丹波ワインハウス(丹波ワイナリー内)
■京都府船井郡京丹波町豊田鳥居野96
■0771-82-2003
■11:30~15:00(L.O.14:30)木曜定休日

main page(旅行記他)
wine page(飲んだワインの記録)
nanmori page(本ブログ)
[PR]
by ririta8500g | 2009-03-29 04:03 | ぱとろ~る(ちょい遠)
今回の南森ぱとろ~る「ごはんの時間」第五十二弾はブラウ・マイスター@キリンシティです。

シルクエビス、クールドラフト、モルツ・グリーンアロマ(これは好き!)等など、最近新発売のビールを試してみてやっぱりコレが一番、と使い猫と意見が一致したのが、キリンのブラウ・マイスター。
最近、缶では売ってなくて、随分飲んでいないね?ということで久々のブラウマイスターを飲むためだけ!にキリンシティatなんばCityへ行ってきました。

ブラウマイスター(530円)
f0165303_15226100.jpg

やっぱ、ウマいわ。この超キメ細やかな泡。旨みとキレのバランス、そしてキレイに収斂していく苦味。サントリーの名コピーである「なにも足さない、なにも引かない」をビールで体現している印象です。

鶏唐揚げのおろしポン酢(ごはん/パンセットで810円)
f0165303_153190.jpg

まぁこれは普通です。

ビーフオニオンカリー(サラダ付き850円)
f0165303_1532179.jpg

約8年前、このあたりに勤めていた時によく食べていたカレー。懐かしくてつい注文。玉ねぎの旨みがきっちり入っている良作です。


■キリン・シティ なんばCITY店
■大阪府大阪市中央区難波5-1-60 なんばCITY南館1F
■06-6644-2550
■11:00~15:00,17:00~23:00(L.O.22:00)

main page(旅行記他)
wine page(飲んだワインの記録)
nanmori page(本ブログ)
[PR]
by ririta8500g | 2009-03-26 01:54 | ごはんの時間~他

たこやき@うまい屋

南森ぱとろ~る「ごはんの時間」第五一弾!
今回はお家でおやつ、「たこやき@うまい屋」です。

たこ焼きがその形になってからず~っと、銅製の焼き台上のたこ焼きをベテランの2人がかりでころころ、ころころ、常に転がしています。見るからにたこ焼きへの愛情たっぷりです。
また、私にとってポイント高いのは昔風の舟型の木皮に入れ、これまた昔風の緑の薄紙におばあちゃんが丁寧につつんでくれるところです。

f0165303_2042436.jpg

たこやき自体の出汁味がよく、ソースなしでも大変美味しいです。また、ソース付きをお願いしても薄く塗られ、あくまでソース風味にとどまっている所にもこだわりを感じます。
こちらで購入する時は何時も「持ち帰り」なので、2度焼きによる外皮のかりかり感はまだ体験していませんが、ほにゃっとなった状態でもとても美味しいです。

■うまい屋
■大阪府大阪市北区浪花町4-21
■06-6373-2929 
■11:30~18:30頃 火曜休

main page(旅行記他)
wine page(飲んだワインの記録)
nanmori page(本ブログ)
[PR]
by ririta8500g | 2009-03-22 20:46 | ごはんの時間~家
今回の南森ぱとろ~るは丹波ワイナリー見学記です。
Kaoritalyさんの紹介で、アマンジャの森さん主催の丹波ワイナリーツアーに参加させていただきました。
日本のワイナリーは島根の奥出雲ワイナリーについで2回目です。

f0165303_21544738.jpg

丹波ワイナリーに創業の頃から勤められている末田さんに醸造のひとつひとつの段階について丁寧な説明を受けました。
屋外に設置されている破砕機、プレス機について、そして屋内にて発酵の説明です。

f0165303_2155925.jpg

貯蔵庫にて。
アリエール、トロンセ、リムーザン産など色々な樽にて貯蔵されているほか、沢山の瓶熟ワインもあります。
コチラでは珍しいトレッビアーノのパッシートワインを試飲させて頂きました。美味い!色々造っているですねぇ。

f0165303_21552387.jpg

畑の見学。
びっくりしたことは、商品として出荷されているボルドーやブルゴーニュ、サンジョベーゼ等の主要品種意外にも、
イタリア品種では、ネッビオーロ(糖度は上がったけど色が出ず苦戦中とのこと)やバルベーラ、アリアニコからプリミティーボ等など。
南仏のカリニャンやグルナッシュ、更には、リースリングやゲヴェルツ、シルヴァーナなど世界各国の40種類位の品種が栽培されているとのこと。
これだけの品種やクローンに台木や畑の特徴、酵母の組み合わせを考え、発酵槽や樽、貯蔵等の経済的問題を考えながらワインを生み出していく、
気の遠くなるような試行錯誤の結果として、私たちが飲んでいるワインが生まれて来るんですね。
大事に飲まんといかんなー、と思いました。

f0165303_21554279.jpg


そして、テイスティングルームにての試飲。
1)甲州2007年
2)丹波鳥居野シャルドネ2007年
3)丹波鳥居野ピノ・ノアール2006年
4)丹波カベルネ・ソーヴィニョン&メルロー2005年
5)遅摘み丹波セミヨン2006年

甲州は柑橘系の酸がキレイで、今回試飲したワインの中ではベストバイ。
また、シャルドネも美味しい、と思えるレベルまで仕上がっていると思います。ただ、同価格帯の外国産ワインと比べるのはすこし酷だと思います。
赤ワイン2種はバランス重視ですこし小さくまとまってしまっている印象。でも味わいはきっちりと出ていました。
セミヨンはすごく美味しいです。ちょっとびっくりしました。

2時間近くの説明やテイスティングは大変楽しい時間でした。末田さん、丹波ワイナリーのみなさん、有難うございました。秋には、収穫の手伝いができるみたいなので、また訪れたいです。
[PR]
by ririta8500g | 2009-03-16 21:58 | ぱとろ~る(ちょい遠)
南森ぱとろ~る「ごはんの時間」第五十弾!
今回はお家でおやつ、「いちごのタルト@ムーラタルト」です。

本日はホワイトデーなので、我が家の黒執事、使い猫にコレです。
f0165303_19524142.jpg


苺が香り高く、美味しかったです!(オレが食べてど~すんねん)

■ムーラタルト(Le Moule a Tarte)
■大阪市北区天神橋3丁目1番6号
■06-6242-7177 
■10:00~20:00 月曜休

main page(旅行記他)
wine page(飲んだワインの記録)
nanmori page(本ブログ)
[PR]
by ririta8500g | 2009-03-14 20:01 | おやつの時間
南森ぱとろ~る「ごはんの時間」第四十九弾!
今回はお家でごはん、「バーニャカウダ・マンジャペッシェ風」です。使い猫がお送りします。

先日、道具屋筋をぱとろ~る中に、前から欲しかったバーニャカウダ容器をみつけて思わず買ってしまいました。(しかも安かった!)
いろんなメーカーからでてますが、私はこのロンドンのバーニャカウダ・ストーブのデザインが一番好きです。
f0165303_23364561.jpg


やっぱソースはアツアツがおいしいですね!
ちびちびとワインを傾けつつ、ポリポリ・シャクシャクと果てしなく野菜を食べてしまいます。
野菜はいいのですが、問題は、オリーブオイルの摂取量が・・・。
ちなみに、どこがマンジャペッシェ風なのかと言うと、ソースのレシピとこの容器。というだけ。

main page(旅行記他)
wine page(飲んだワインの記録)
nanmori page(本ブログ)
[PR]
by ririta8500g | 2009-03-12 23:38 | ごはんの時間~家
南森ぱとろ~る「ごはんの時間」第四十八弾!
今回は大阪は夕陽ヶ丘の、ダイニング・ワインバー「スープル」(再訪)です。

チェザネーゼをたっぷり浴びよう会で頂いた食事です。
それぞれワインにあわせた料理が用意され、とても参考になりました。

・魚介と二色のアスパラのマリネ マイヤーレモン風味で
f0165303_23285184.jpg

あっさりとやさしい味わいで、泡ものや白によく合います。

・季節の大根の一皿
大根のスープ、わかさぎのフリット&大根のコンフィ、大根のベーコン巻き
f0165303_23291189.jpg

泡ものが”干し椎茸”の風味を感じさせるものだったので、お店のかたは「椎茸を使ったものだとよかった」とおっしゃてましたが、十分よくあうと思います。
大根は水っぽいためワインとあわせにくい先入観があったのですが、こうしてこってりした素材や油を使った調理方法でこくを出すとワインにも合わせやすいですね。

・パンチェッタとジェノベーゼの自家製釜焼きピザ
f0165303_23292987.jpg

白でも赤でもなんでも合いそうな一品。
バジルの風味がいい感じに出ています。

・茶美豚のど肉のラグーと北あかりのニョッキ
f0165303_23294839.jpg

これはもう赤にあわせて!の王道ですね。
のど肉がふわぷりっ、ニョッキがもちっ、そぼろ状のラグーがしっかり、といういろんな食感が楽しめました。
いちおう”パスタ”の位置づけではありますが、十分メインとしていける一皿だと思います。

・高知産はちきん地鶏もも肉の赤ワイン煮込み 丹波人参のピューレ添え
f0165303_2330760.jpg

骨付きのもも肉ですが、肉離れが良くて食べやすいので、ぶきっちょでも大丈夫。
添えてある焼きトマトはお口直しにさっぱりといい感じです。
お店のかた曰く「甘い人参のピューレは、甘い香りのする赤ワインにぴったりですよ」とのこと。
このメニューいいなぁ。ちょっと家で真似してつくってみたいな。

・チェザネーレ・ダフィーレのためのチーズ達
f0165303_23305572.jpg

チェザネーレ・ダフィーレというぶどう品種が今回の会のテーマだったのですが、
なんとそのワインの澱を利用しての、自家製ウォッシュチーズが出されました。さすが!

・バニラアイスクリーム

それにしても、ひとり7種類のワインにグラスが11脚(ウオーターグラス含む)。8人で88脚。グラスの数も壮観でした。


■ワッシーズ・ダイニング・スープル
■大阪市天王寺区六万体町5-13Wビル3F
■06-6774-9000
■Dinner|17:30~23:00 (lo.22:30)
 BAR |23:00~26:00 (lo.25:00)
 定休日|毎週火曜日


main page(旅行記他)
wine page(飲んだワインの記録)
nanmori page(本ブログ)
[PR]
by ririta8500g | 2009-03-09 23:32 | ごはんの時間~他

まぐろのテールステーキ

南森ぱとろ~る「ごはんの時間」第四十七弾!
今回はお家でごはん「まぐろのテールステーキ」です。

前回のUSJ門前リターンの帰り、そのまま帰るのも寂しいので阪神百貨店に寄って夕ごはんネタを物色。
ステーキにしたら旨いよっという魚屋の兄ちゃんの声につられ、購入しました。
f0165303_23585940.jpg


脂身たっぷりなので油はひかず、塩コショウ、プラス醤油1・2滴のみでソテー。
パッと見はお肉みたいですが、香り味わいはお魚そのものでした(笑)。

main page(旅行記他)
wine page(飲んだワインの記録)
nanmori page(本ブログ)
[PR]
by ririta8500g | 2009-03-05 23:59 | ごはんの時間~家

ぶどう亭

南森ぱとろ~る「ごはんの時間」第四十六弾!
今回は大阪駅前第3ビルの洋食屋さん「ぶとう亭」です。

本日はステーキハンバーグセット(標準:1,050円)。
写真は、ステーキ増量(+50g:150円)です。
プラス料金でハンバーグやステーキの量を増量してもらえるのは嬉しいですね!

ステーキハウスがプロデュースするお店とあって、端っこでもいい肉を使っているのでしょう、おいしかったです(特にカットステーキ)。
f0165303_22294778.jpg


ハンバーグは、つなぎ多め&肉は細びきでふんわりした感じ。
普段、家で食べるハンバーグはフードプロセッサーで荒びきにしているのですが、こういうふんわりタイプもおいしい~
カップスープとご飯(お替わり自由)付きです。

↓アップです。
f0165303_2230316.jpg


平日11時半ごろに入りましたが、ガラガラだった店内もあっという間に人で埋まってゆき、12時ごろには外で待つ人も。
テイクアウトもできるようで、予約の電話がじゃんじゃんかかっていました。
今度は、Aセット(ハンバーグ+エビフライ+コロッケ)を食べたいな。

■ぶどう亭
■大阪府大阪市北区梅田1-1-3 大阪駅前第3ビル B2F
■06-6341-5211
■11:00~21:00頃? 無休


ところで、本日は大猫の久々の代休で、ユニバーサルスタジオへ(最寄駅から15分!)。こんな寒い時期だし、午後から雨も降るようなので、きっとガラガラ、だろう・・・・と思って。
でも、フタを開けてみると「卒業旅行」のシーズンらしく、人・人・学生・子供・団体・人。
あまりの人の多さに閉口、入り口でUターンして帰ってきました。とほほ。
f0165303_22305397.jpg


で、一句。
東風吹かば、
近くて遠い、
USJ。


main page(旅行記他)
wine page(飲んだワインの記録)
nanmori page(本ブログ)
[PR]
by ririta8500g | 2009-03-03 22:32 | ごはんの時間~他

ギャートルズ肉


南森ぱとろ~る「ごはんの時間」第四十五弾!
今回はお家での食事、「ギャートルズ肉」です。

「ギャートルズ肉」は、神戸洋食倶楽部(エスケー食品株式会社)がアニメ「はじめ人間ギャートルズ」に登場するマンモス肉をイメージし、開発された骨つき肉です。

第一回の販売は、2008年12月に1300本、2009年2月9日(肉の日)に2929本、インターネット上で発売され、速攻で完売してしまいました。
オーストラリア産牛肉と国産の豚肉の薄切りを骨の周りにぐるぐる巻きつけたレンジでチン!の肉です。郷愁をさそわれ、クリック合戦の上ゲットできました。
f0165303_23493420.jpg


ホンモノの骨付き塊肉ではないですが、かぶりつくのは原始人も現代人も大好き!
とても楽しく食べることが出来ました。
(でもこれで100gあたり千円超は高いな…(^^:)
f0165303_23495343.jpg


main page(旅行記他)
wine page(飲んだワインの記録)
nanmori page(本ブログ)
[PR]
by ririta8500g | 2009-03-01 23:50 | ごはんの時間~家