南森(なんもり)周辺での食べ歩き日記


by ririta8500g
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

<   2008年 08月 ( 7 )   > この月の画像一覧

無題

f0165303_2159873.jpg

今回は「ぱとろ~る」ではありません。

自分のための日記です。
本日13時30分に使い猫の実家の愛犬が遠いところに旅立っていきました。

11年あまり、実家に帰る毎に散歩に連れて行きました。
毎朝、5時を過ぎると「散歩につれてって」「ねぇ行こうよ~」とわんわん、わんわん。
近所の人はたまらんだろうなぁと、辛抱しきれずに散歩に連れて行くまで、鳴き続けたものでした。非常に人なつっこく、誰が近寄ってきても「ねえねえ、遊んで。遊んで。」と嬉しげに近寄っていくわんこでした。

昨年、鼻にがんが出来てしまい難しい部位ゆえに手術ができなくて・・・。
3日前から、とうとう食事も水も受け付けなくなったとの報を受け、昨日急遽会いにいったのが最後になりました。何時かはこんな日が来ると思っていました。よく頑張ってくれたな、と思います。
トミーちゃん、11年間のいろいろな思い出をありがとう。

安らかに。
[PR]
by ririta8500g | 2008-08-31 22:00 | 無題

双龍居、再び。

南森ぱとろ~る「ごはんの時間」第二十二弾!
大阪の庶民派中華の華、双龍居、再び。

本日は、美味しいと評判の裏メニュー「かにレタス炒飯」を食べに行きました。そして、小包龍と大好きな鉄人ラーメンで大好きだった「四川水煮牛肉」を注文しました。

■かにレタス炒飯(不明:1000円位?)
f0165303_0424820.jpg

一般的には、中華料理店で出されるチャーハンは、ハラリ、パラパラという表現が似合いそうなものが多いですが、こちらのは、ジューシーなソースをからめてあります。しかし、ごはんが固めに炊いてあるせいか、べちゃっとした感じはありません。家庭で、パラパラチャーハンを作るのが難しければ、こういうチャーハンもありかも、と思ってしまいました。かにたっぷり~ってわけではありませんが、美味しかったです。

■四川水煮牛肉(950円+卵麺250円位?)
f0165303_0431647.jpg

名前の通り、また写真の通り「辛っら~」です。でも旨みがあるんです。肉は柔らかく、臭みなく、余分な脂分もなし。肉の味わいと食感だけを残し、これでもかと言わんばかりの辛味。汗ダラダラ流しながらも、止められません。半分食べたところで必殺「卵麺」。これがまた、辛さでマヒした舌にやさしくつるるん。美味なり。

全体的に塩辛いところはありますし、見た目もよくありませんが、モチロンまた来ますとも!

■お店情報
店名:双龍居
住所:大阪市北区池田町10-11辰巳ビル1F
電話:06-6358-8808
休日:第一・第三月曜日(昼休みあり)


main page(旅行記他)
wine page(飲んだワインの記録)
nanmori page(本ブログ)
[PR]
by ririta8500g | 2008-08-28 00:46 | ごはんの時間~華

福龍園

南森ぱとろ~る「ごはんの時間」第二一弾!
今回は天満の四川料理の人気店、「福龍園」です。

今日はランチメニューから、麻婆豆腐ランチ(730円)とスペシャル坦々麺(900円)定食(+200円)を選択しました。こちらでは、「ランチ」はライス(お代わり自由)、スープ、付け合せ(本日は揚げ餃子2コ)、漬物、「定食」はライス又はチマキ、付け合せ、漬物が付いています。激辛は+100円、大盛は+150円です。

■麻婆豆腐
りりたの好きな麻婆豆腐のイメージは「豆鼓」「花山椒」「豆板醤」「唐辛子」がそれぞれ主張しつつもバランスを保っている・・・感じです。残念ながら、こちらの麻婆豆腐は、始めに調和ありき(ベースの出しみないなものがあり)、そしてそれにそれぞれの要素を日本人向けに組み立てていくような印象を持ちました。別に(夜メニューで)本格的なスペシャル麻婆豆腐とかあるらしいので、そちらが本格好き?向けなのかもしれません。
f0165303_0145671.jpg

■スペシャル坦々麺
先日食べた双龍居の胡麻ペーストたぁっぷりの坦々麺と違い、辛味と山椒とスパイシー感を前面に出た”四川”坦々麺です。
広島時代に通ってた鉄人ラーメンのそれに近いと思います。かなり美味しかったです。麺も好みです。ただ、食べ終わったあと口蓋のに何時までも残る調味料感は何なんでしょうか。う~ん。いろいろなブログ等で高く評価されているお店ですが、かなり客を選ぶ店であるのではないでしょうか。
f0165303_0165254.jpg


■お店情報
店名:福龍園
住所:大阪市北区天満4-16-8ハイツ天満宮 1F
電話:06-6353-7224
日曜休日

main page(旅行記他)
wine page(飲んだワインの記録)
nanmori page(本ブログ)
[PR]
by ririta8500g | 2008-08-24 00:18 | ごはんの時間~華

キーマ・マタール

南森ぱとろ~る「ごはんの時間」第二十弾!
今回はお家でごはん、「キーマ・マタール」です。
f0165303_0434553.jpg

我が家では、りりた♂の作る自称、THE本格欧風「高コスト高リターン、あと片付け誰がやるのよ!(怒)」カレーと、りりた♀(通称「使い猫」)の「手早くコスパ大」カレーズ(複数形)の2種が存在します。
今回は後者のラインナップのひとつ、「キーマ(ひき肉)・マタール(グリーン・ピース)」です。レシピは漫画「華麗なる食卓①」(ふなつ一輝著)から、そのまんま。肉は鶏肉・豚肉・牛肉どれでもOKなので、低コスト・短時間でカンタンに作れます。美味しいですよ~。

main page(旅行記他)
wine page(飲んだワインの記録)
nanmori page(本ブログ)
[PR]
by ririta8500g | 2008-08-20 00:46 | ごはんの時間~家

洋食スエヒロ

南森ぱとろ~る「ごはんの時間」第十九弾!
今回は洋食の時間、天満にある風情豊かな「洋食スエヒロ」を紹介します。
天三にある人気店ビフテキのHibio支店とのことで、こちらも当然人気店です。
f0165303_238346.jpg

ディナーは定食2種とアラカルト。
定食はハンバーグ・エビフライのA定食1280円、ヘレステーキ・エビフライのB定食1890円です。今回はちょっとリッチにB定食にしてみました。

丁度よい火の入れ具合のヘレステーキ(100g位?)。ソースはデミグラスとグレービーを合わせたような感じ、円やかでコクがあり、美味しかったです。エビフライはしっかり中身の詰まっており、衣のかりかり感も申し分なしでした。ソースはマヨに近いタルタル、これもよし。マッシュポテト、野菜サラダ、スパゲティサラダのコンビネーション副惣菜も文句がありません。ただし、若干白飯がパサつき気味で僅かに減点です。全体的には満足の定食でした。1500円以内で食べることが出来たら95点(ごはんで△5点)なんでしょうけど、それは出来すぎでしょうか。

■お店情報
店名:洋食スエヒロ
住所:大阪府大阪市北区天神橋6-6-13
電話:06-6353-2669
年中無休、11:00~25:00


main page(旅行記他)
wine page(飲んだワインの記録)
nanmori page(本ブログ)
[PR]
by ririta8500g | 2008-08-17 23:13 | ごはんの時間~他

ベルエキップ

南森ぱとろ~る「ごはんの時間」第十八弾!
今回はお家の時間、宇治市の新鋭フレンチ「ベルエキップ」を紹介します。

ランチは以下の2種類、今回はAランチの前菜盛り合わせ+小スープ(300円)を選択しました。

ランチAコース:2000円
 前菜の盛り合わせ又はスープ
 本日のお料理
 デザート
 焼き菓子、エスプレッソまたは紅茶
ランチBコース:3000円
 ちいさなオードブル
 前菜(4種から選択)
 主菜(3種から選択)
 デザート
 焼き菓子、エスプレッソまたは紅茶


・前菜盛り合わせ
(サラダ/サーモンといくら/ラタトゥイユ/牛肉の赤ワイン煮キッシュ/トマト/ハム)
魚・肉・野菜、それぞれしっかり楽しんでもらおうという意図でしょうか。
一品一品、しっかりした味付けとボリュームで、これだけでもおなかおおきくなります。
f0165303_9294970.jpg


・ハーフサイズのスープ(追加300円)
冷製コーンスープ。コンソメジュレが入っています。
濃厚な味わいですが、冷製のためかしつこくはなく、おいしくいただきました。
f0165303_9302126.jpg


・ホタテ貝のバターソテー
これもバターの風味がしっかり。
ホタテはもう少し火加減がゆるいほうが好きですが、いいかも。
ソースとの相性も良く、彩りもきれいでした。
f0165303_9305010.jpg


・デザート盛り合わせ
抹茶ケーキ
バニラアイス
ダークチェリータルト
メロン

・エスプレッソとお菓子(フィナンシェと生チョコ)

非常にコスパが高い、と思います。
堅苦しくなく楽しんでもらおうという意図が感じられて好感がもてました。


adress:京都府宇治市莵道田中32-6
tel no:0774-24-6502


main page(旅行記他)
wine page(飲んだワインの記録)
nanmori page(本ブログ)
[PR]
by ririta8500g | 2008-08-16 09:34 | ごはんの時間~仏
f0165303_2254342.jpg


南森ぱとろ~る「ごはんの時間」第十七弾!
今回はお家の時間、高砂市は「高安」(持ち帰り専門)の鰻です。
コチラの鰻は浜名湖から取り寄せられています。巷の上等鰻の「厚みがあり・ぷりぷり感」というのではなく、「身が締まってる感」がしっかりあります。
炭の香ばしさもばっちり。さすがに、鰻の名店での調理したてのもの比べると風味・食感は劣りますが、養殖・冷蔵モノとしては抜群に美味しいです。
ちなみに、1匹1600円位、肝は1串200円です。
※2014年2月に最新情報の記事を載せました。みてね。



main page(旅行記他)
wine page(飲んだワインの記録)
nanmori page(本ブログ)
[PR]
by ririta8500g | 2008-08-03 22:07 | ごはんの時間~家