南森(なんもり)周辺での食べ歩き日記


by ririta8500g
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

カテゴリ:ごはんの時間~家( 44 )

本日の南森ぱとろ~るは、フランス生まれの日本のパン、かな「ポールボキューズ大丸心斎橋店」です。

あいも変わらず、晩酌ワインに合わせるバケットを研究しています。今日は心斎橋に用事で来たので、大丸地下のポール・ボキューズでお試しです。

ナッティ・ショコラ(237円)
f0165303_21573230.jpg

f0165303_2157435.jpg
お菓子パンはチョコ系で揃えてみました。ナッティ・ショコラは、ふわっとしたマーブルチョコ生地にクルミの食感がいい感じです。断面にしっかりと塗られた?チョコレートがチョコ好きには嬉しい。

パン・オ・ショコラ(237円)
f0165303_21575862.jpg

f0165303_2158811.jpg
いい香りはするのだけど、もうちょっとパリッとリッチな感じが欲しいです。加えて、もうちょっとチョコレートが多く入っていれば尚良し、です。

クワトロ・ショコラ(237円)
f0165303_21582187.jpg
マーブルチョコにチョコチップ、焼きチョコに上からのチョココーティングとチョコレート尽くしのパン。生地的には先のナッティ・ショコラと同じですがチョコチップがより効いている感じがします。

パリジャン(378円)
f0165303_21584233.jpg
クラストはパリッとしていますが、厚み・香ばしさはイマイチ。クラムは少ししっとりしていて、ふわっとした食感が特徴かな。小麦のいい香りがするのと、噛むとそれなりに味わいがあるのは良いのだけど、やっぱコシが弱くこちらも時間を掛けずに作っているなぁ感は否めません。でっかいので食べ応えはあります。

ポールボキューズという事で、ちょっと本場フランスのニュアンスを期待してしまうのですが、フランスのパンというよりもスピード優先な日本の菓子パン的な造りに近い気がします。手軽にいただけるところは、いいと思います。


■ポール・ボキューズ 大丸心斎橋店(PAUL BOCUSE)
■大阪市中央区心斎橋筋1-7-1 大丸心斎橋店 B1F
■06-6271-1231
■10:00~20:00 不定休


■りりたLINK
main page(旅行記他)
wine page(飲んだワインの記録)
nanmori page(本ブログ)
nagonyan page(名古屋在住時)
hiroshima page(広島在住時)


[PR]
by ririta8500g | 2015-03-07 21:58 | ごはんの時間~家

ビアン シュール

本日の南森ぱとろ~るは、パンそのものが美味しい惣菜パン屋さん「ビアン シュール」です。

阿倍野ハルカスより300mの景観を楽しんだ後、暫しの近鉄百貨店散策。今夜は美味しいワインとバケットでのんびりしようと意見がまとまり、歩いて10分程のこちらへ。

焼きそばパン(170円+税)
f0165303_23144655.jpg

f0165303_063758.jpg
焼きそばとチーズの饗宴。これもアリだわ。それぞれが独立していて、でも助け合ってます。

くるみの餡ぱん(60円+税)
f0165303_2315919.jpg

f0165303_23152055.jpg
薄皮のちょっともちっとした生地に甘さ少し控えめの餡子が入っています。クルミもいい感じです。

とうもろこしとチョコレートのパン(170円+税)
f0165303_23154293.jpg

f0165303_23155540.jpg
チョコレートはちょこっとなんだけど、しっかり主張があります。トウモロコシは色合いと、ちょっとした変化がパンのおいしさを引き立たせている感じがします。パンそのものが美味しいです。これは、ありそうであまり無いと思います。

バケット(270円+税)
f0165303_2316135.jpg
如何にもちゃんと作っています的なクープの大きさに、実はあまり期待をしていなかったのだけど、素晴らしい!クラストはパリッ、クラムは適度な気泡具合で、適度な密度かつしっとりと焼きあがっています。
f0165303_23163034.jpg
酵母の香りが心地よく香り、小麦そのものと、その焼けた芳ばしい香りが良いです。何より食べて美味しい。きちんと作っているパン、という印象を受けました。

店内は飾り気は少ないケド、素朴でいい感じのディスプレイです。価格も全体的に安めで、それでこのパフォーマンスは素晴らしいと思いました。近くだったら、通ってしまうこと請合いです。


■ビアン シュール(Bien Sur)
■大阪市阿倍野区阿倍野筋2-4-44
■06-6624-2294
■[販売] 8:00~20:30、[カフェ] 9:30~20:00 無休


■りりたLINK
main page(旅行記他)
wine page(飲んだワインの記録)
nanmori page(本ブログ)
nagonyan page(名古屋在住時)
hiroshima page(広島在住時)


[PR]
by ririta8500g | 2015-02-11 02:14 | ごはんの時間~家

松葉の鰊そば

本日の南森ぱとろ~るは、京都にしんそばの銘店「松葉」の片鱗を自宅で頂きました!

無性に美味しいお蕎麦が食べたくなり、近くのスーパーで購入!京都で鰊蕎麦といえばこちら「松葉」さんです。
f0165303_0294883.jpg
お店で食べると1杯1,200円となりますが、スーパーで紋所品を購入すると半分以下の価格(笑)で済みます。
因みに松葉の出汁はスーパーでは売っていませんので、お好みで。
f0165303_030581.jpg
これがスーパーでの購入品。鰊がちょっと高いけど、食べに行くことを思えばOKさ!(←口グセ)

※松葉の出汁、売っていました。カツオベースの結構甘めの出汁でした。これを使えば、ほぼ松葉のにしんそばが自宅で再現できます!

■りりたLINK
main page(旅行記他)
wine page(飲んだワインの記録)
nanmori page(本ブログ)
nagonyan page(名古屋在住時)
hiroshima page(広島在住時)


[PR]
by ririta8500g | 2014-04-24 00:30 | ごはんの時間~家

アマン聖庵 心斎橋店

本日の南森ぱとろ~るは、天然酵母がウリのパン屋さん、「アマン聖庵 心斎橋店」さんです。

心斎橋のラウンドワンでボーリングをした後、ぶらぶらしていたら発見。すべてのパンに天然酵母が使われているのが特徴です。

バケット(240円)

f0165303_00514629.jpg
身が詰まっててしっとりしているタイプでちょっと普通のバケットと違います。美味しいけど。

あんバターフランセ(200円)

f0165303_00515433.jpg
フランスパンを半分に割って小豆の餡とバターを入れたもの。良い意味で癖のないパンに餡子とバターの組み合わせはとても良く合っています。

オレンジペコー(200円)

f0165303_00520835.jpg
小さくカットしたデニッシュパンを飴がけでコーティング、オレンジペコーを振りかけてあります。飴がけのガシッとした食感とデニッシュのまにっの対比がいいです。オレンジピールが効果的に使われています。

アマムドーナツ(140円)

f0165303_00521622.jpg
外側はサクッとした砂糖がけドーナツなのですが、中はふわっふわでもちっとしています。

ポテト・クロワッサン(160円)

f0165303_00522141.jpg
外側の枝豆がアクセントにいい味出しています。ポテトの塩分がちょっと強めだったのが残念です。

田舎パン(500円)

f0165303_00523389.jpg
f0165303_00523670.jpg
成分表示を見ると小麦粉、塩、三温糖、そして天然の酵母という潔い内容。
食べてみると、酵母のクセはあまりなく緻密な肌理で小麦粉の旨味がでていました。フラットなおいしさ+三温糖由来かとても上品な甘味だったのですがちょっと強く感じました。でも、焼いてみて断然評価がアップ。
小麦の香りがすごく出てきて、バター感がアップ、食感ももちっと感もアップですごくおいしくなりました。耳の部分もガリッと感がでてこれがまた丁度いい食感。

一口に天然酵母といっても、いかにも天然酵母デス!ではありませんが、一般的なドライイーストのパンとはまったく違う味わいです。ちゃんと手がかかっている、きちんと作っている、という印象です。もう少し安ければ文句がないのですがね。


■聖庵 心斎橋店 (ヒジリアン)
■大阪市中央区南船場3-6-1 サイプレス心斎橋 1F
■06-6241-2007
■9:00~20:00 年中無休




■りりたLINK
main page(旅行記他)
wine page(飲んだワインの記録)
nanmori page(本ブログ)
nagonyan page(名古屋在住時)
hiroshima page(広島在住時)


[PR]
by ririta8500g | 2014-03-02 00:59 | ごはんの時間~家

髙安(鰻:高砂市)

本日の南森ぱとろ~るは、高砂市は鰻の「高安」(持ち帰り専門)再び・・・です。

2008年に一度記事にしている鰻の名店・高砂市の「高安」ですが、なに分5年以上前ということで値段が全然違います。

f0165303_22594798.jpg
たまにアクセスのあるページなので今風の価格を記載しておかないと、勘違いされるされるかも・・・ということで再掲載いたします。
f0165303_23023130.jpg
食感は相変わらず締まりがあり、炭の香りもいい感じに効いていますがこれはちょっと焦がしすぎかな。
f0165303_23115555.jpg
肝心の価格ですが、写真の大きさで2,200円もうちょっと立派なのだとだいたい2,500円位だと思います。(2014年2月現在)

■髙安商店
■高砂市荒井町千鳥2丁目14-17
■0794-42-0526
■日曜祝日定休


■りりたLINK
main page(旅行記他)
wine page(飲んだワインの記録)
nanmori page(本ブログ)
nagonyan page(名古屋在住時)
hiroshima page(広島在住時)


[PR]
by ririta8500g | 2014-02-17 23:16 | ごはんの時間~家

ラーメン仮面@長尾製麺

本日の南森ぱとろ~るは、麺は確かに美味しいです!「ラーメン仮面@長尾製麺」です。

近くのスーパーで半額で売っていたので、パッケージに惹かれ購入。
f0165303_2255179.jpg
スープはあっさり目の豚骨スープです、あまり特徴は感じらませんでした。
でも麺は、りりた好みの粉っぽい「ぬっ」と歯が食い込む食感のもので、なかなか美味しかったです。
f0165303_22551443.jpg
麺だけ欲しい・・・・・流石に、製麺屋さんが開発したラーメンですね。

定価の315円は麺だけ価格だとちっと高く感じますが、この美味しい麺に合うスープを見つけ出したいですね~。
[PR]
by ririta8500g | 2013-12-23 22:55 | ごはんの時間~家
本日の南森ぱとろ~るはお家でごはん、シンプルだけど時間がかかる、でも美味しいよ「りりた♂流・濃厚ビーフシチュー」です。

f0165303_012144.jpg


■材料(いつも割りと適当)
玉ねぎ3個位、人参一本、セロリ一本・・・A
牛スネ肉500g位
ビーフシチューのルー2箱、フォンドボー・キューブ、コンソメキューブ2個づつ
赤ワイン200cc位

1)Aをみじん切りにし、炒める。とろ火で1時間余り、アメ色になるまで。
 退屈なので、ビールでも飲む。
2)塩コショウした牛スネ肉の表面を強火で焼く。
気分が高揚するのでフランベなんかもしちゃったり。
3)上記二つを鍋に入れて、アルコールを飛ばした赤ワイン入れて、水を適当に入れて、フォンドボー入れて2時間位煮込む。
  退屈なので、ビールをもう一缶開けて、映画でも見る。
4)塩で味を調えた後、水切り金ザルで漉す。肉にへばりついているみじん切り野菜を手で取り、漉したスープに入れる。
5)火を止めた状態でルーを入れて、焦げないようにかき混ぜつつ30分位煮込むと完成。

※漉した後のみじん切り野菜群は、トマト缶を加えてパスタソースにします。
※カレーを作るとき、市販ルーをブレンドする感覚で二箱(10人分)を作ります。リッチな気分の時は当然肉増量です!

とっても美味しいよ~。


main page(旅行記他)
wine page(飲んだワインの記録)
nanmori page(本ブログ)
nagonyan page(名古屋在住ブログ)
nanmori page(広島在住ブログ)
[PR]
by ririta8500g | 2011-11-02 00:19 | ごはんの時間~家
本日の南森ぱとろ~るは、おうちでビール、おつまみに「ニューミュンヘンの唐揚げ」です。

先日の水野真紀の魔法のレストランで紹介された、ドイツ風本格派ビアレストラン「ニューミュンヘン」ヒストリー。戦中戦後をひたむきに駆け抜けた漢たちの物語。素晴らしいお話でした。
そうなるとかの唐揚が食べたくなるのは必然です。早速、持ち帰りの出来る阪神百貨店のニューミュンヘンコーナーに行ってきました。
f0165303_120316.jpg
骨付きは阿波乙女鶏(グラム310円)、骨なしは阪神百貨店限定の徳島すだち鶏(グラム330円)ですが、前者のジューシーさに対し、後者のシガシガ感は好みによるものだと思います。ビールのおつまみに最適!美味い。美味い。

■「BF1ニューミュンヘン」コーナー
■阪神百貨店

main page(旅行記他)
wine page(飲んだワインの記録)
hiroshima page(広島在住時代の食べ歩き)
[PR]
by ririta8500g | 2011-09-22 01:21 | ごはんの時間~家

ル・シュクレ・クール

本日の南森ぱとろ~るは、名だたるミシュラン星付き店にパンを提供している北摂の名店「ル・シュクレ・クール」です。

ミシュラン三ツ星の「ハジメ」、二ツ星「アキュイール」、「Fujiya 1985」にパンを提供している(2011年時点)超人気店に行ってきました。土曜日の10時頃到着。最寄の駅からバスで10分あまり、車でないと行き難いお店ですが、店の中はかなり賑わっています。

1)キュリー(180円)
 パン・オ・ゾリーブ(230円)
 パン・オ・トマト(230円)

f0165303_21453817.jpg
キュリーはカレーパン。中のカレーは辛くないけどコクがありました。
オリーブとトマトはイタリアのチャパッタと呼ばれるパンと同じ生地だけど、ペックの「引きちぎりながら食べる食感と違い、「ふわサク」。
トマトはこの生地でいい感じでしたがl、オリーブのそれは、ハード系の方が合うと思います(ポールやブルディガラのように)。

2)セーグル・ノア・エ・ゴルゴンゾーラ・オ・フィグ・ドゥミセック(240円)
バトン・ブランシュ(260円)

f0165303_2146382.jpg
「フィグ」、生地は中はもっちりハード系。形もイチジク、中身も赤ワインで煮込んだイチジクがまるごと入っており、「イチジク」にこだわりを感じます。
ほんのり香るゴルゴンゾーラと相まって、ワインにとても良く合うパンだと思いました。
「バトン」、かなりハードで噛み砕く感じ。ナッツやドライフルーツがぎっしり)が入っていてとても美味しかった。アーモンドが丸ごと入っているパンは珍しいと思います。本でも読みながら「しがしが」何時までも食べ続けたい、りりた♀のイチオシ!でした。

3)バゲット(300円)
f0165303_21462746.jpg
表皮はしっかりと固く、中の生地も密度は濃いめ。ライ麦の様なすこし酸味があります。端っこのカリカリを齧るのが好き。りりた♂のイチバン!


全体的に柔らか系のパンよりハード系の方が好みに感じました。今度は、ハード系のバリエーションをもっと頂きたいです。


■ル・シュクレ・クール
■大阪府吹田市岸部北5丁目20-3
■06-6384-7901
■8:00~19:00 月・火曜日定休
■http://www.lesucrecoeur.com/home.htm


main page(旅行記他)
wine page(飲んだワインの記録)
hiroshima page(広島在住時代の食べ歩き)
[PR]
by ririta8500g | 2011-07-20 21:48 | ごはんの時間~家

ブランジュリ タケウチ

本日の南森ぱとろ~るは、行列必至な大阪随一の人気店「ブランジュリ タケウチ」です。

土曜日の9時に訪問しましたが、なんとか外の行列は免れました。でも、店の中では、入り口からレジに至る一方通行な経路の行列になっていました(笑)。

1)メロンパン(158円)
 クリームチーズと黒胡椒(221円)
f0165303_21494792.jpg
人気メニューのメロンパンは、卵たっぷりで甘め。私としては、コロンと丸くて上のビスケット生地がカリカリと硬いほうが好みですが。
クリームチーズと黒胡椒のパンは、天然酵母。発酵したフルーツのような甘い香りと味わい。もっちりとしっかりしたパン生地とクリームチーズの「ほにゃ」のコントラスト。なかなか美味でした。

2)いが栗(231円)
f0165303_21501382.jpg
これが本日の一番。表面ぱりっ中もっちりの生地に、ほくほく栗がばっちり合います。表面をびっしり覆っていた「ふすま(?)」のインパクトもなかなか良し。

3)チョコレートとドライフルーツのクロワッサン(221円)
 抹茶とホワイトチョコレートのブリオッシュ(74円)
 ブルーベリーのデニッシュ(242円)

f0165303_21503488.jpg
デニッシュとクロワッサン、真ん中はとても美味しかったのですが、端っこは炭。これはないと思う。

4)イチジクとチョコレートのタルト(157円)
 チョコレートとオレンジのタルト(126円)

f0165303_2151769.jpg
イチジクタルトのチョコレートは、あられ状のクッキーをコーティングしたもので、見た目よりもチョコチョコし過ぎていないのが良い。

写真は載せませんでしたが、オリーブパン(189円)と食パン(315円)も買いました。
オリーブパンは細身のパンにオリーブがごろっと入っており、生地もオリーブオイルたっぷりで、まさにオリーブ好きのためのオリーブパン。食パンは塩分が少し強めだけど「さくっ」感があって好みのものでした。
全体的に、味つけしっかりなパンチの効いたパンが多かった気がします。食事を引き立たせる脇役的なパンも食べてみたかったな。

買い物が終わって外にでると10数人の列ができていました。人気ですねぇ~


■ブランジュリ タケウチ
■大阪府大阪市西区靱本町1-16-14
■06-6444-2118
■8:00~18:30 日・月曜日休日


main page(旅行記他)
wine page(飲んだワインの記録)
hiroshima page(広島在住時代の食べ歩き)
[PR]
by ririta8500g | 2011-07-17 21:56 | ごはんの時間~家