南森(なんもり)周辺での食べ歩き日記


by ririta8500g
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

カテゴリ:ごはんの時間~和( 100 )

てぃーあんだ 扇町本店

本日の南森ぱとろ~るは、本場で食べるより美味しい!?「てぃーあんだ 扇町本店」です。

友人のお誘いで訪問。
メニューで知っているのはラフテーとゴーヤチャンプルー位ですので友人のお勧めを頂きました。

スクガラス豆腐セット
f0165303_5281248.jpg
スクガラスは「スク=稚魚」「ガラス=塩辛」の意。
重くて密度が詰まっている感じの島豆腐の上に蛸と鰹のワタ、そしてアイゴのスクガラスがのっています。
スクガラスめっちゃ小さな魚なのに骨の固さは格別で頭から食べないと喉に刺さります。酒の肴にドンピシャ!

マクムの天ぷら
f0165303_5285772.jpg
マクムとはイネ科の水生植物とのこと。タケノコの天ぷらっぽい食感で、珍しい料理ですが、味わいは普通かな。

ナーベラチャンプルー(味噌)
f0165303_5292048.jpg

ゴーヤチャンプルー
f0165303_5294169.jpg
ナーベラは瓜だったかな?甘さと辛みのバランスがとても良いお味噌の味わい。ナーベラの食感を上手く活かしています。
ゴーヤ。今まではあまり(正直に言うと1回も)美味しいと思ったことのなかったゴーヤチャンプルーですが、ホンマに美味しいです、こちらのは。
苦味そのものが鮮やかで、かつしつこくなくカラッとしている。二切れづつ位つまみながら、お酒がいくらでも飲めそうな気がします。

クープイリチャー
f0165303_530228.jpg
昆布の炒め煮です。昆布の旨味が全体に行き渡っており、しみじみと美味しい。ちびちびと頂いて、これまた泡盛が進みます。

ラフテー
f0165303_5302396.jpg

f0165303_5303613.jpg
どぎつい感じのテカり具合は見た目のインパクトかなり大です。が、味わいの深さとトロトロ具合(かつモッチリ)が半端なく美味しさがそれを凌駕。

スヌイ(もずく)ジューシー
f0165303_5305542.jpg
〆はやっぱりジューシーです。沖縄のおじやです。たっぷりともずくが入っており、既にかなりのボリュームを食していたのですが「もずく」と一緒にするするとお腹に収まってしまいました。

料理も美味しいですが、泡盛もいろいろ試せて面白かったです。
f0165303_5311670.jpg
また、21時半位だったかな?突然、唄&合いの手のオンステージが始まりました。聴いたこともない民謡?から島唄まで。
楽しい気分で自然と身体と手が動く、素晴らしいステージでした。このお店と客の一体感がこちらのお店の魅力でもあるのでしょうね。
f0165303_5312824.jpg
誘って頂いた友人は沖縄県民なのですが、地元で食べるより美味しいから、是非招待したかった・・・と。
嬉しいですね。
心温まる料理と唄と心遣いでした。

■てぃーあんだ 扇町本店
■大阪府大阪市北区末広町3-22
■050-5571-7031(予約専用)
■17:00~24:00(L.O.23:30)不定休

■りりたLINK
main page(旅行記他)
wine page(飲んだワインの記録)
nanmori page(本ブログ)
nagonyan page(名古屋在住時)
hiroshima page(広島在住時)


[PR]
by ririta8500g | 2015-11-02 05:36 | ごはんの時間~和

龍のしずく

本日の南森ぱとろ~るは、お手軽な価格で但馬牛をいただく「龍のしずく」です。

久々の神戸での飲み会。こちらのお店は2,500円からお肉の食べ放題がありますが、
食べ放題を除くと3,000円から但馬牛(付き)のコースがありますので、それを選択しました。

先ずは、ナムルとキムチの盛り合わせ。もう少しパンチが欲しい味わいです。
さらにサラダが配膳。その後に、但馬牛の3部位盛合わせが到着です。

最初からタレに絡ませられているタイプで、そのせいかちょっとハデな色合いに見えます。
また、部位ごとに札がたっておりなんとなく高級感も・・・。
f0165303_23205964.jpg
さて肝心のお肉の味ですが、赤身肉はイマイチ。しっかりとした食感ですが、噛みこんでも赤身の旨味が伝わってきませんでした。
ロース肉、そしてカルビと脂分が増すにつれ旨味がでましたが、肉質はそれなりでした。
f0165303_23212673.jpg
一人3切れずつで合計9切れで、但馬牛(というかお肉)は終わりです。
f0165303_23213963.jpg
でも、最初のナムル・キムチによりそこそこお腹が膨れてきましたので、それなりに満足感はあります。
f0165303_23215350.jpg
その後、ホルモンの盛り合わせ、玉子スープ(←わりと美味しかった)をへてビビンバ、シャーベットで締めです。
f0165303_23221091.jpg
価格なりといえば価格なりなのですが、お腹が一杯になったのでまぁいいか。
f0165303_23222872.jpg
オーダー後の配膳が若干遅めに感じました。食べ放題ではなかったですが飲み放題(+1,280円)は90分ラストオーダーと少し短めなので気になりました。


■龍のしずく
■神戸市中央区北長狭通1-20-2 甲南アセット笹原ビル 8F
■078-391-3663(問い合わせ専用)
■17:00~翌1:00(LO24:30) 不定休



■りりたLINK
main page(旅行記他)
wine page(飲んだワインの記録)
nanmori page(本ブログ)
nagonyan page(名古屋在住時)
hiroshima page(広島在住時)


[PR]
by ririta8500g | 2015-08-19 10:20 | ごはんの時間~和

大井肉店 神戸そごう店

本日の南森ぱとろ~るは、店頭で買うより安いんじゃね?「大井肉店 神戸そごう店」です。

創業明治4年の和牛専門老舗による老舗デパートのイートインコーナー。
平日の13時過ぎ、もう大丈夫かな?と思って訪問すると4名待ち・・・20分弱待ちましたでしょうか、人気店です。
お得なサイコロ網焼き弁当は予想通り完売でしたが、もともと狙いは「大判網焼き弁当」です。

大判網焼き弁当(1,188円)
f0165303_22475339.jpg

ソースはステーキソース、焼肉のタレ、ポン酢、ミックススパイスから選択できますが、肉の旨味を満喫したいのでステーキソースで注文した。
注文後、精肉のトレーから網焼きの上に乗せて、焼いていってくれます。赤身中心の大きな薄切り肉です。網の上でおばちゃんが丁寧に丁寧に焼いてくれます。薄焼きなので5・6分程で、弁当が供されました。
f0165303_2248774.jpg
焼き具合はミディアム+α位。薄めの肉なので余熱の回りも早く、また冷めるのも早いため、ただひたすらにお肉を頂くことになります。
肉質は柔らかく適度に弾力があり、赤身肉の旨味が感じられます。ステーキソースは甘味と旨味がのっていていい感じに赤身中心のお肉に纏わりついており、なかなかに美味しいです。千円でいただける肉質としては上級ではないかと思います。
f0165303_22483577.jpg
好みから言えば、もう少しレアっぽく提供して頂いた方がよかったかな、と思いますが十分に(味わいは)満足できました。
精肉販売コーナーのお肉達はどれもいいお値段しますので、お得感を感じてしまいます。
f0165303_22484625.jpg
ご飯とお味噌汁、ちょっとレタスとお漬物、というシンプルな構成ですが、お肉も含め意外とお腹にきました。もう年なのかしら・・・(涙)




■大井肉店 神戸そごう店
■神戸市中央区小野柄通8-1-8 そごう神戸店 新館B1F
■078-271-1229
■[月~金] 11:00~15:00 17:00~19:00(LO18:50)
[土・日・祝] 11:00~15:30 16:30~19:00(LO18:50) 定休日はそごう神戸店に準ずる



■りりたLINK
main page(旅行記他)
wine page(飲んだワインの記録)
nanmori page(本ブログ)
nagonyan page(名古屋在住時)
hiroshima page(広島在住時)


[PR]
by ririta8500g | 2015-08-16 22:49 | ごはんの時間~和

姫路駅そば

本日の南森ぱとろ~るは、14時から17時のコスパが良いです「姫路駅そば」です。

阪神百貨店地下フードコート改装で、「まねき食品のえきそば」は撤退、残念ながら大阪では頂けなくなりました。
f0165303_20204112.jpg
ということで姫路に行った時位は、姫路城(中に入らなければ無料)・鶏卵饅頭に加え、駅そばには絶対に立ち寄らねばなりません。

天ぷらえきそば(360円)
f0165303_20205516.jpg
だしは各店とおなじ昆布系中心で、ちょっと甘目(で濃い目?)だと思いますが、まずまずバランス&でもインパクトがある、駅そばにしてはとてもいい味わいです。
対して中華麺よりも少し白っぽい麺、中華麺風の味わいはあるのですが、若干食感と共に弱く感じます。もうちょっとプリッとしていた記憶があるのですが、案外ゆで時間にシビアなのでしょうか。
f0165303_2021729.jpg
どんぶり表面の8掛けを占める天ぷら。天ぷらとは名ばかりで、いや天ぷらなんだけど「衣の海原に小エビが1匹」的な感じのビジュアル&食感です。
それがえきそばの天ぷら・・・なので十分満足なのですが、子供の頃の価格そのままでなく360円なのでコスパ的にはちょっと×。

それを考えると、昼食・夕食時間をちょっと外した320円のディスカウント価格、この40円違いでコスパが上がるような気がします。


■えきそば 姫路駅店
■姫路市駅前町188-1 JR姫路駅構内
■079-282-5240
■上りホーム 6:00~23:00、下りホーム 6:00~24:00 無休


■りりたLINK
main page(旅行記他)
wine page(飲んだワインの記録)
nanmori page(本ブログ)
nagonyan page(名古屋在住時)
hiroshima page(広島在住時)


[PR]
by ririta8500g | 2015-08-13 20:21 | ごはんの時間~和
本日の南森ぱとろ~るは、”ぼっかけ”だけではない麺も素晴らしい「長田本庄軒 三宮センタープラザ店」です。

「ぼっかけ」は牛スジ肉とこんにゃくを甘辛く煮込んだもので、焼きそばにいれれば「ぼっかけそば」、うどんに混ぜれば「ぼっかけうどん」てな具合です。元播州人のりりた♂としては、「にくてん」で慣れ親しんだ味わいです。
f0165303_2223596.jpg
注文は同店で一番価格が安い「ぼっかけ焼きそば(並:500円)」を注文しました。

供された麺は、しっかりした太麺かつもっちもちの食感が素晴らしく、「ぼっかけ」だけではない長田本庄軒としての特色を「やきそば」出せていると思います。
f0165303_2225779.jpg
結構スパイシーな味わいが基本のやきそばですが、鉄板の上の5種類の調味料+生姜(これがまた良い)できっちりと味に変化をつけることが出来るのは嬉しい配慮だと思います。
f0165303_2231127.jpg
夕食とはいえ、昼食からそんなに時間が経って無かったため”並”にしましたが、”大”にしなかったことをちょっと後悔した、美味しい焼きそばでした。
(ぼっかけはもうちょっと入っていて欲しかったかな)
f0165303_2232643.jpg


■長田本庄軒 三宮センタープラザ店
■神戸市中央区三宮町1丁目9-1 三宮センタープラザ東館B1F
■078-391-3314
■11:00~20:00 無休



■りりたLINK
main page(旅行記他)
wine page(飲んだワインの記録)
nanmori page(本ブログ)
nagonyan page(名古屋在住時)
hiroshima page(広島在住時)


[PR]
by ririta8500g | 2015-08-10 22:04 | ごはんの時間~和
本日の南森ぱとろ~るは、千円でサクサクの揚げたて天ぷら「まきの天神橋四丁目店」です。

休日よく前を通りますがお店の前を九十九折の行列店となっているので、「何時か」と思っていました。
平日の夜、たまたま前を通ったら行列が無かったので突入しました!

カウンターの前にはトレイがあり、油切りと天ぷらのつゆ、お水が並べられています。そしてご飯、お味噌汁が供されます。
こちらは都度揚げ方式で、天ぷらがあがる度に油きりに置いていってくれます。

千円以下で食べることが出来る「おすすめ天定食(890円)」も魅力でしたが、折角なのでプチ贅沢に玉子天のついている「ご馳走天定食(1,030円)」に挑戦です。
f0165303_21563834.jpg
最初にかき揚げ。野菜中心で高さがあり、ふわっと仕上げかつ食感もサクサクで美味しいです。
f0165303_21565365.jpg
続く茄子、鶏天もサクサク感ありです。
f0165303_2157685.jpg
そして玉子天、レンゲに乗っけてくれます。テーブルの上には食べ方指南があり、その通りご飯に凹みを作り玉子天を載せ、七味・特製醤油を入れて崩していきます。いやぁいい感じのたまごご飯になります。
f0165303_21571710.jpg
じゃがいも、烏賊、キス(白身魚)、海老。じゃがいも(当日の季節野菜)は普通でしたが、ホクホクのキスはサクサク感の中で解れていく白身魚のふわふわ感がとても良かったです。海老もプリプリですね。
f0165303_21573151.jpg
丁寧に濾している油質はまずまずの価格なり、そしていい感じにサクッと揚がっている天ぷらもこの価格にしては上等ではないかと思います。
接客も丁寧で千円あまりで食せる天ぷらとしては上等だと思いました。



■まきの 天神橋四丁目店
■大阪市北区天神橋4-10-18 河野ビル1F
■06-6352-6602
■11:00~22:00(L.O.21:30) 無休



■りりたLINK
main page(旅行記他)
wine page(飲んだワインの記録)
nanmori page(本ブログ)
nagonyan page(名古屋在住時)
hiroshima page(広島在住時)


[PR]
by ririta8500g | 2015-07-19 02:52 | ごはんの時間~和

本南鉄火

本日の南森ぱとろ~るは、てんこ盛りのマグロは200g!「本南鉄火」です。

マグロの丼は、鉄火、づけ鉄火、ユッケ鉄火、ゴマだれ鉄火、そして山かけ鉄火の5種類。
500円の小盛70g、130gの中盛は具たっぷり味噌汁付きで750円、200gのマグロてんこ盛りは890円です。
ここは思い切って、本まぐろの入った本南鉄火丼1200円を注文しました!
f0165303_22244597.jpg
出てきたトレイには、大きな丼にまぐろがたっぷり。これまた大きなお椀のお味噌汁(にゅうめん入り)、とろろ、漬物、なんとアイスコーヒーまで付いています。
f0165303_22232981.jpg
丼の手前には、キハダマグロ、そして色の濃い本マグロ、奥には胡麻がかかったすり身がみえます。てんこ盛り=200gだけあって、ご飯を頂くにはすこしマグロをどける必要があります!思わずニンマリ・・・。
f0165303_22252250.jpg
さて肝心のお味の方は、キハダ、本マグロともまずまずマグロらしい味わいで食感も悪くありません。
f0165303_22253366.jpg
ご飯そのものは「そこそこ」なんですが、かるく酢飯。米酢ではなくむしろリンゴ酢のようにどちらかと言うと軽やかな酸味でマグロによい風味を付加しており、意外に合っています。
f0165303_22254769.jpg
また、奥の胡麻&すり身はごま油がいい感じに香っていて、いい変化になっていました。

流石にてんこ盛りというだけあって、たっぷりとマグロを堪能できました。

帰りがけ、お店の写真を撮ろうとしましたが、入口にPOPが貼ってあります。
雨の日は通常のマグロてんこ盛りが890円→750円!しまった!折角の雨だったのに・・・。
ま、いっか。


■本南鉄火
■大阪市北区中之島4-2-28 甲南アセット中之島ビル1F
■06-6449-1888
■11:00~14:00(月~金のみ)17:00~24:00(LO 11:00まで)不定休



■りりたLINK
main page(旅行記他)
wine page(飲んだワインの記録)
nanmori page(本ブログ)
nagonyan page(名古屋在住時)
hiroshima page(広島在住時)


[PR]
by ririta8500g | 2015-07-15 22:26 | ごはんの時間~和

藤吉郎

本日の南森ぱとろ~るは、お魚のフルラインナップ!藤吉郎定食はお得です「藤吉郎」です。


お魚の気分だったので、藤吉郎さんへ。
お昼は、藤吉郎定食、すし定食、刺身定食、ちらし定食からの選択となります。

藤吉郎定食(1,080円)
f0165303_0184573.jpg
巻き寿司に天ぷら、お刺身(マグロ、鯛)、煮魚、茶碗蒸し、小鉢、お味噌汁、そしてデザートが付いています。
f0165303_0191237.jpg
天ぷらは海老、白身魚、海苔、南瓜、オクラ。巻きずしは太巻き×2、胡瓜巻き×2、まぐろ×1です。
f0165303_0192796.jpg
煮魚、若干強めの味付けですが、大変美味しいです。天ぷら、すし、刺身、煮魚とこんなにお魚のフルラインナップでいいの?位のボリュームです。

すし定食(1,290円)
f0165303_0194857.jpg
ランチの定食では刺身定食と並んで一番高価です。お寿司は、蛸、ハマチ、サーモン、烏賊、マグロ、マグロ巻き×2、新香巻き×2です。お寿司好きにはお腹いっぱい食べることが出来てとても良いのですが、ネタ的にはちょっと良い回転寿司レベル(と思う)ので、コスパ的には藤吉郎定食に一歩譲ると思います。こちらもデザート付きになります。
f0165303_020279.jpg
ベースはお寿司やさんの様で、ネタケースには色々な寿司ネタが並んでいます。
焼酎も佐藤の黒とかもあったので、よるちびちびやりながら魚をつまむのもいいかな、と思いました。



■藤吉郎
■兵庫県高砂市伊保東2-482-1
■079-448-1138
■11:30~13:30(L.O) 17:00~20:30(L.O) 水曜休日



■りりたLINK
main page(旅行記他)
wine page(飲んだワインの記録)
nanmori page(本ブログ)
nagonyan page(名古屋在住時)
hiroshima page(広島在住時)


[PR]
by ririta8500g | 2015-07-02 00:20 | ごはんの時間~和

本町製麺所

本日の南森ぱとろ~るは、麺も出汁も両方美味しい「本町製麺所」です。


13時20分位に到着、ラッキーなことに席が空いていました。
本日の定食「山菜となす天うどん+温卵ご飯(680円)」にも惹かれましたが、お肉ものが食べたくて、丼セット「温玉ちく天うどん+鶏天小丼(870円)」を選択しました。

温玉ちく天うどん
f0165303_16514381.jpg
まずちくわを一口、とてもサクサクしています。
そしてうどん、なんですが持ち上げてみると重みを感じます。りりたには「大阪人はふにゃっとしたうどんが好き」という偏見があるのですが、それとは正反対な、しっかりとエッジの立った力強いうどんです。
f0165303_1652247.jpg
出汁(しる)は、少し甘味があって、そして深みのあるダシが効いていて、あとで喉が渇いてもいいなら、ちゃんと飲めます。
f0165303_16521768.jpg
そんな出汁に添えられている温卵・大根おろしと共に麺にからめるとコクとさっぱりさが付加されて、あぁ大盛りが欲しかったなぁ。

鶏天小丼
f0165303_16524561.jpg
小丼セットは「鶏天小丼」,「小海老天小丼」,「温玉鰹小丼」からの選択です。
f0165303_1653733.jpg
こちらもサクッサクです。丼が「小」とはいえ、その上にてんこ盛り状態でボリュームもしっかり。ご飯部にも甘目の出汁がしっかり掛かっていて美味しいのですが、丼のご飯はもう少しぷりっと炊き上げたものの方が合うかな、とも思いました。

f0165303_16532159.jpg
本場讃岐を彷彿させるしっかりとした麺。
とても流行っているということで、大阪人は「ふにゃ」でも「しっかり」でも、「美味しければOK!」なわけですね。(当たり前か)



■本町製麺所 本店
■大阪市中央区北久宝寺町2-6-13
■06-6252-6177
■平日11:30~16:00(100玉限定)、18:00~21:00(限定?食)
 土日祝11:30~15:00



■りりたLINK
main page(旅行記他)
wine page(飲んだワインの記録)
nanmori page(本ブログ)
nagonyan page(名古屋在住時)
hiroshima page(広島在住時)


[PR]
by ririta8500g | 2015-06-13 16:53 | ごはんの時間~和

さぬき麺業 南本町店

本日の南森ぱとろ~るは、昼どきは行列、でも回転は速いです「さぬき麺業 南本町店」です。

最初にうどんの種類と並・大盛りを伝えて、メインの部分をつくって頂く、そしてあとはトッピングをセルフで加えていくパタンです。
f0165303_22563526.jpg
行列の最終工程で料金を払うのですが、本場に比べると値段は高めです。でも、大盛りにすると結構ボリューミーですし、土地柄を考えると納得範囲内だと思います。
f0165303_2257235.jpg
そして、お水・お茶をセルフでトレーに乗せて空いている席につきます。天かすはフリーで入れ放題です。多少、油まわり気味かもしれませんが、そこは愛嬌です。
f0165303_22571698.jpg
麺は讃岐うどんらしい「しっかり」「エッジ立ち」というよりも「むちっとしなやか」系です。
f0165303_22572915.jpg
昼休み時は行列必至ですのでフル稼働の状態で茹でており、(待たせるよりも)どうしても茹で置きになるため仕方がないと思います、このような大箱な店は。
f0165303_22574348.jpg
天ぷらは種類が多くですが、130円のかき揚げはふわっとしてて、ボリューミー。お勧めです。
多少の行列はあろうとも、さっさと流れてサクッと食せるので、時間に追われる昼休みには重宝します。


■さぬき麺業 南本町店
■大阪市中央区南本町2-1-14
■06-6267-2325
■【月~金】 10:00~21:00【土曜、祝日】 10:00~15:00 日曜休日



■りりたLINK
main page(旅行記他)
wine page(飲んだワインの記録)
nanmori page(本ブログ)
nagonyan page(名古屋在住時)
hiroshima page(広島在住時)


[PR]
by ririta8500g | 2015-06-11 22:59 | ごはんの時間~和