南森(なんもり)周辺での食べ歩き日記


by ririta8500g
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

エノテカ・グッビオ(広島)

南森ぱとろ~る「ごはんの時間」第三十三弾!
今回は、広島は異色のエノテカ「グッビオ」の紹介です。

海の幸が「華ぶさ」なら、私のジビエ天国はこの「グッビオ」です。
こちらのシェフには大阪に転勤してからも「フレッシュポルチーニ」や「焼尻の仔羊」をお送っていただいてましたので、代金を支払いに(笑)行って来ました。
そして、こちらで知り合った友人のKさん&ダーリンと一緒に、音楽をサカナに楽しいひと時を過ごしました。

・パプリカのロースト
こちらのレギュラーメニューです。肉厚のパプリカを低温でじっくりローストし、オリーブオイルと塩胡椒。
・小玉ねぎのロースト
これも2回目かな。余計な味付けはナシに玉ねぎの甘みと塩、胡椒、オリーブオイルだけで仕上げています。

・フレッシュポルチーニたっぷりのリングイネ
f0165303_23343082.jpg

食べる前に、もれなくティッシュ箱2個分くらいの箱いっぱい生ポルチーニのにおいを嗅がせてくれます。いい素材をたっぷりがこちらのモットー。ちなみにこのメニューは原価がかなり高く、もうけにならないそうです~。

・チンタセネーゼの肩ロース
f0165303_23345566.jpg

一人前200gほどのたっぷりの肩ロースのロースト。文句なしに旨いっす。

・雷鳥
f0165303_23355677.jpg

この店のいいところは、内臓も含め(状態がよければ脳ミソも)一羽まるごと調理してくれることです。(嬉々とした解説付きで)希望により羽むしりも手伝えます。ジビエの野趣あふれる味は、なかなか普段味わえませんもんね。
 
・トリュフのオムレツ
f0165303_23361644.jpg

お土産の黒トリュフでオムレツを作ってくれました。ふわふわの柔らかいオムレツではなく、しっかり焼いたオムレツ。
・フルーツ
洋梨とグリーンマンゴー。

ワイン:サグランティーノ・ディ・モンテファルコ25アンニ1999
料理もさることながら、こちらの魅力はイタリアワインの品揃え。お馴染みさん価格なんでしょうが、このワインを9500円で飲ませてくれる所が何処に?モチロン状態も文句なしでした。
Kさん&ダーリンからは、「偉大なるクリュ・ボージョレー」「スクーリオ」「パッシート・オーロ」をご馳走になりました。有難うございました。

この時以外のエノテカ・グッビオの料理はコチラで。
[PR]
by ririta8500g | 2008-12-08 23:58 | ごはんの時間~伊