南森(なんもり)周辺での食べ歩き日記


by ririta8500g
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

キャトルラパン

本日の南森ぱとろ~るは、見目の良い食材でガッツリ料理をいただける楽しい空間「キャトルラパン」です。


予約専用WEBにて予約。
予約困難店ではありますが、日付毎にチェックしていると、キャンセルが出たのか?たまたま平日に空きがあり滑りこめました。

前菜盛り
f0165303_20504742.jpg
牛肉たたき、鰹のタタキ・ピリ辛中華ソース、パテ・ド・カンパーニュ・マスタードソース、南瓜のババロア、赤海老のマリネ、鶏の胡麻衣焼き、ムール貝、チーズのムースとグリッシーニ、そして香草たち。
鶏の胡麻衣は香ばしくてGood!パテも美味しくてソースとの相性良し、チーズのムース、そして南瓜のババロアは濃厚な味わいで素材がしっかり主張しています。鰹のタタキはソースに合わない気がしますが。凄いボリュームで、これだけで満足出来そうなくらいです。

焼き鱧とマッシュルームのムース、ショウガのソース
f0165303_2049696.jpg
芳ばしい鱧の香り、表面に掛かっているショウガのソースがとても良いアクセントになっていました。ホクホクのマッシュルームのムースに癒されます。

カマスとオマール、ヴァンブラン
f0165303_2049479.jpg
オマールは頭こそ付いてませんでしたが、身は1匹丸ごと頂きます。プリっプリな食感が素晴らしく美味しい。ここ迄で十分元が取れた気分がします。

仔牛グリエ、フォアグラのポワレ
f0165303_2051776.jpg
フォアグラと仔牛の体積比はほぼ1:1。サービス精神の表れとは思いますが、好み的には少しフォアグラ多すぎす。半分の大きさで良いのでフォアグラのの質を上げて欲しいです。お肉は柔らかく肉の旨味がしっかり閉じ込められており、良かったです。

デセール
f0165303_20513556.jpg
トマトのソルベ、ベイクドチーズケーキ、季節のフルーツ
味わいは普通でしたが、ボリュームはしっかりとあります。

ワイン:オルセットオーロ・モンテプルチアーノ・ダブルッツオ
f0165303_20515350.jpg
普段は赤ワインを飲んでいること、という情報にて今日の料理に合わせた1本を提案して頂いたのが、こちらのワイン。
残念ながら料理との相性はよくありませんでした。
通常は赤を飲んでいる、という先の会話にてで赤ワインからのセレクションとなりましたが、本日の料理に合わせた1本という意味では「白が合いますよ」と言い切って欲しかったです。

と、ワインのセレクトでは不満が残りましたが、料理は価格(5,000円)に対して豪華な食材をふんだんに使っており「コスパ大」「ガッツリ」「気取らない食事を楽しめる」という意味では、大阪屈指のビストロだと思います。
f0165303_20523372.jpg
また、広いカウンターで料理を仕上げていくシェフのパフォーマンスは大変楽しめました。



■キャトルラパン (quatre lapin)
■大阪市北区堂島浜1-2-1 新ダイビル 2F
■06-6343-8663(問い合わせ専用)
■[月~金]12:00~14:00、17:00~24:00
 [土]15:00~、19:30~(2部制)



■りりたLINK
main page(旅行記他)
wine page(飲んだワインの記録)
nanmori page(本ブログ)
nagonyan page(名古屋在住時)
hiroshima page(広島在住時)


[PR]
by ririta8500g | 2015-10-17 20:53 | ごはんの時間~仏