南森(なんもり)周辺での食べ歩き日記


by ririta8500g
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

"見ても美しい"関西二期会「ドン・カルロ」

本日の南森ぱとろ~るは、久しぶりの”あ~とな時間”、関西二期会「ドン・カルロ」です。
久しぶりに「聴いて美しい」だけでなく「見ても美しい」オペラを楽しみました。
f0165303_12343257.jpg


この、シンプルなチラシやパンフレットのデザインがなんとも残念です。
チラシ作成時に、セットや衣装は出来ていないのかもしれませんが、それにしても勿体ない!と思うほど美しい舞台でした。
大勢の華々しい場面、一人でぽつんと舞台に立っている場面、どんなシーンでも一枚の絵どころか、公演ポスターになりうる、とても完成度の高いものでした。
関西二期会の公演にはたまに行くのですが、こんなに本格的にセットや衣装にこだわっているのは初めて見ました。
50周年記念公演だから?それともたまたま私が知らないだけで普段もそうなのかな?

2日間の公演で、ダブルキャスト。私は2日目に行きました。
出演者は100人以上、オーケストラも演奏者数が多く、特に弦の音色がとても美しかったです。
難をいうなら、オケの音で歌声がかき消されてしまうことがあったかなぁと。
ホルンのソロは、その、私の好みとは違いましたが、チェロのソロはよかった!!(単なる弦好き)

エーボリ公女役の西村薫さんのお声は、のびやかで耳に心地よく、ゆったりと聴くのに対し、
エリザベッタ役の平野雅世さんは、さりげないシーンでハッとするような美しい声がときどき飛び出すので、ドキドキ。
テバルド役の田村香絵子さんは、また前のお二人とも違った美しいお声で「え、もう終わり?もっと聴きたい!」と歌い終わった先からじれったく思ってしまいました。
人それぞれ個性があって楽しいです。

関西二期会は、もう50周年なのですね。
お財布に優しい価格でいい音楽を聴かせてくれる、庶民にはとってもありがたい団体だと思います。
今後も末永く活動を続けて頂きたいです。

■創立50周年記念 関西二期会第81回オペラ公演 ヴェルディ作曲「ドン・カルロ」
■兵庫県立芸術文化センター KOBELCO大ホール
■2014/10/26(日) 14:00~17:45
■特S 12,000円/S 10,000円/A 8,000円/B 5,000円/C 3,000円/D 1,000円(全席指定)


■りりたLINK
main page(旅行記他)
wine page(飲んだワインの記録)
nanmori page(本ブログ)
nagonyan page(名古屋在住時)
hiroshima page(広島在住時)


[PR]
by ririta8500g | 2014-10-27 12:33 | あ~とな時間